shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

濱田岳 「第32回東京国際映画祭」レッドカーペットに登場!

濱田岳主演映画「喜劇 愛妻物語」が、「第32回東京国際映画祭」コンペティション部門(※)に選出され、10/28(月)六本木ヒルズアリーナにて行われたオープニングイベントのレッドカーペットに濱田が登場した。

「東京国際映画祭」(以下TIFF)は、日本で唯一の国際映画製作連盟公認の国際映画祭。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生し、日本およびアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の映画祭へと成長。いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に、世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供する。

第32回を迎える今年は10/28(月)~11/5(火)まで開催、六本木ヒルズ、EXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場ほか、都内の各劇場および施設・ホールで様々な企画・イベントが行われる。

映画「喜劇 愛妻物語」は、『百円の恋』で数々の映画賞を受賞した足立紳さんが自身初の自伝的小説「喜劇 愛妻物語」を原作に、自身による脚本・監督で映画化を果たした作品。
四国を舞台に、甲斐性なしの売れない脚本家・豪太と、その家族(妻、長女)がシナリオハンティングの旅に出発し、行く先々で巻き起こる珍道中を描いた、笑い泣き必至の人情派夫婦活劇となっている。

レッドカーペットイベントで監督、キャストらと共にインタビューに応じた濱田は、「映画「喜劇 愛妻物語」で、多分日本の中の誰が見ても一瞬で分かるダメな夫・豪太を演じています。」と話すとMCが“完全に足立さんですよね?”と足立監督に向けてコメント。すると足立監督が“いや、俺より酷くなってる。濱田さんが素晴らしく上回っている。海辺のシーンで怒ってやろうかと思った(笑)”と話し、「あぁ、あのシーンは相当ダメでした。」と笑顔で振り返った。

そして、「(豪太が妻に)相当やられていますが、それを劇場で声を出して笑っていただけたら僕ら一同、本当に報われます。ぜひ楽しんでください。」とメッセージを送った。

同作の上映は、10/29(火)18:00よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN7にて、11/1(金)10:00よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN2にて行われる。

映画「喜劇 愛妻物語」は、2020年公開予定。
ぜひご期待ください!

◆「第32回東京国際映画祭」公式サイト
https://2019.tiff-jp.net/ja/

※コンペティション部門
2019年の1月以降に完成した長編を対象に、世界各国から応募があった作品の中から厳選した14本がラインナップ。国際的な映画人で構成された審査委員たちが各賞を選出する。

【「喜劇 愛妻物語」ストーリー】
売れない脚本家・豪太(濱田)と、その妻のチカ(水川あさみさん)。二人は、結婚10年目の絵に描いたような倦怠期の夫婦で、娘のアキ(新津ちせさん)と3人暮らし。豪太は妻のご機嫌をとろうと試みる日々だが、冷め切ったチカは、ろくに稼ぎがない豪太を見下し、いつも暴言を吐いている。
ある日、映画プロデューサーの代々木から、以前豪太が考えていた企画のひとつ、四国に実在する『ものすごい速さでうどんを打つ女子高生』の話を脚本にしてみないか?と依頼が。…とは言え、実現の保証もなければ、取材の渡航費も出ないという話だった。しかし、豪太はこのチャンスを物にすべく、そして、あわよくば旅行を通して妻のご機嫌を取るべく…妻をなんとか説得し、アキと三人で香川県に取材旅行へと向かう。
チカによる徹底的な節約計画の下、取材先のうどん女子高生の家へとたどり着く3人。しかし、そこで発覚したのはすでに『ものすごい速さでうどんを打つ女子高生』をテーマにした映画が、別の者たちの手によって決定しているという事実であった……。旅に出た早々に目的を失ってしまった3人だが、4泊5日の旅は続く。果たして、豪太は妻との仲を取り戻すことができるのか? そして、この家族に幸せは訪れるのであろうか……?!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top