shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

草川拓弥 映画「どすこい!すけひら」公開記念舞台挨拶!

草川拓弥出演映画「どすこい!すけひら」が11/1(金)公開初日を迎え、翌2日(土)にシネ・リーブル池袋で行われた舞台挨拶に草川が登壇した。

同作は、たむら純子さんが漫画、清智英さんが原案を担当した同名漫画の映画化。元どすこいの鈍感女子をめぐる、“人は見かけがすべてじゃない”と気づかせてくれる、ジェットコースター・三角関係ラブコメディで、映画「あのコの、トリコ。」などの宮脇亮監督がメガホンをとる。

大好きなチョコレートに囲まれて暮らすため、イタリアに移住したぽっちゃり体型の主人公・綾音。ひょんなことから事故に巻き込まれ、昏睡状態から目覚めると…誰もがうらやむナイスバディに大変身!帰国後は、エステティシャンとして働き、実家の農家の搾乳で磨き上げた指使いで、お客様のハートを鷲掴みにしていた綾音。昔、どすこいだったこともあり、恋愛には無関心で、大好きなチョコレートと、趣味のゲームに没頭する日々を送っていた。そんなある日、サロンの超VIP で人気アイドルの湊拓巳から食事に誘われる。楽しいデートをして、拓巳に淡い恋心を抱くが拓巳に恋人がいることが発覚し、「元どすこいの私なんかを、拓巳が本気で好きになってくれるわけない」と心を閉ざしてしまう…。綾音は、過去の自分を乗り越え、本気の恋をすることができるのか!?

草川は、主人公・助平綾音が淡い恋心を抱く、人気アイドル・湊拓巳を演じている。

上映後に行われた舞台挨拶にて草川は、「今日はたくさんの方に来ていただいて、誠にありがとうございます。皆さんのお力もあり、昨日公開することができました。これから先も、もっと愛されるような作品になってほしいと心から願っています。」と挨拶。

同作では三角関係のラブコメディが展開されるが、綾音役の知英さん、綾音の高校時代の先輩・馬淵隼人役の金子大地さんとの撮影を振り返り、「近すぎず、遠すぎない絶妙な距離感で芝居をしていて、現場で話していたという感じです(笑)。知英さんとは一緒のシーンが多かったのですが、金子さんとはたくさん同じシーンがあったわけではなかったので、僕が人見知りということもあり、その限りある時間の中でどう声をかけようかなと思ったりしました。」と振り返った。

イベント終盤、草川が監督、キャストに向けて感謝の気持ちを伝えることになり、「去年の夏に撮影をしたときに、再び映画に出られるという喜びと同時に、超特急がこの映画の主題歌を担当することになって、自分が出演している作品で主題歌が決まるというのがひとつの夢だったので、それを叶えることができてすごく嬉しかったです。こんなに素敵な機会はないと思い、とても光栄でした。この映画は撮影を終えてから一年が経ちますが、主演の知英さんをはじめ金子さん、((綾音のルームメイト、フレッド・ミラー役の)りゅうちぇるさん、そして宮脇亮監督のお力があっての作品だと思いますし、今日ここに来ていない素晴らしいキャストの皆さん、最高のスタッフさん、全ての「どすこい!すけひら」のチームがあってこの映画が作られたのだなと改めて実感することができました。本当に僕にとって思い入れのある作品のひとつになったと思っています。そして何より、今日ここに来てくださっている皆さんのお力があって、やっと映画というものが成り立つのだなと心から思いましたし、改めて感謝の気持ちを伝えたいです。ありがとうございます。」と語った。

さらに、「前置きがすごく長くなってしまってしまったのですが、今日は助っ人を呼んできました。どうぞ!」という草川の掛け声で、サプライズゲストとして超特急のリョウガとユーキが登場し、草川も一緒に「僕たちが超特急です!」と挨拶。草川はリョウガとユーキと共に、監督キャストへ花束をプレゼントした。

映画「どすこい!すけひら」は、シネ・リーブル池袋、全国のイオンシネマほか全国公開中!
ぜひ劇場でお楽しみください。

■超特急が担当する主題歌『Don’t Stop 恋』11/20(水)発売!
※シングル『Revival Love』に収録
詳細はこちら>>
  • はてなブックマーク

pagetop

page top