shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

草川拓弥 ドラマ「同期のサクラ」出演中!

草川拓弥出演、連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ)が12/4(水)第8話を迎える。

同作は、脚本家・遊川和彦氏のオリジナル脚本で、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない主人公・サクラと、彼女を見守る同期入社の仲間たちが駆け抜けた10年間を、1話で1年ずつ描いた作品。

草川はサクラの隣に住む、脇田草真を演じている。

これまでの放送では、2009年から 2015年までの7年間が描かれており、10年間全く変わらないサクラとは対照的に描かれているのが、草川演じるサクラのアパートの隣に住む隣人カップルだ。
髪型も服装もほぼ変わらないサクラとは違い、髪型も服装もどんどん変化していく。第1話ではカップルだった2人も、第2話では妊娠が発覚し、第4話では赤ちゃんの子育てに振り回される二人の姿が。いつも2人は喧嘩をしているが、カップルから夫婦になり、懸命に子育てをする親として、めまぐるしく変化し続ける。
転職を繰り返しながらも、子育てに奮闘する脇田夫婦と2人の子供の良樹は、サクラの運命に深く関わることに―。12/4(水)放送の第8話では、隣人親子でもあるこの3人にご注目頂きたい。

ドラマ「同期のサクラ」は日本テレビで毎週水曜22:00~放送中。
ぜひご覧ください!

【第 8 話あらすじ】
故郷に橋を架ける夢とたった一人の肉親である祖父を一度に失い、強い喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えたサクラは、なんとか仕事を続けていたものの、ある日心が限界を迎え出社できなくなってしまう。
それ以来1年以上休職し続け、誰にも会わなくなってしまったサクラを、百合ゆりたち同期はなんとか元気付けようと奮闘するが、サクラが会社から解雇される日は近づいていた……。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top