shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

清原翔 映画「サヨナラまでの30分」完成披露試写会!

清原翔出演映画「サヨナラまでの30分」の完成披露試写会が12/2(月)有楽町朝日ホールで行われ、監督、キャストと共に北村が登壇した。

同作は、『君と100回目の恋』(17)、「凪のお暇」(19)の大島里美が脚本を担当し、『東京喰種トーキョーグール』(17)の萩原健太郎が監督を務めた完全オリジナル映画。1年前に死んでしまったバンドボーカルのアキと、人と関わるのが苦手な大学生・窪田颯太を主人公とした青春音楽ラブストーリーを描く。

メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL(エコール)」。
1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太が現れ、メンバーのヤマケン、重田、森そしてカナに再結成を迫る。
——実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!
偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わり、1つの体を共有していく。
人づきあいが苦手な颯太と、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。
ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていくが、「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。
カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。
一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていく—。

清原は、「ECHOLL」のベース担当・森涼介を演じている。個性豊かなメンバーをその優しさで包むという役どころ。

上映前に行われた舞台挨拶にて清原は、「森涼介を演じました清原翔です。ようやく皆さんに観ていただけるということで緊張しています。よろしくお願いします。」と挨拶。

劇中バンド「ECHOLL」のバンドメンバーとしてベースに初挑戦しているが、「初心者の二人(※清原と「ECHOLL」のドラム担当・重田幸輝を演じる上杉柊平さん)がリズム隊を担ってしまったので、やはり最初は大変でした。バンド練習のときに、ベースとドラムを合わせるために、目線を合わせるのを意識しながら撮影しました。」と振り返った。

また、物語にちなみ、『もしも、30分だけ誰かに入れ替われるとしたら、誰になり、何をしたいか?』というテーマでトークを展開。清原は、1年前に死んでしまった「ECHOLL」のボーカル・アキ役の新田真剣佑さんを選び、「さっき胸を触らせてもらったのですが、凄くムキムキで。とにかく自分が上げられないくらいのバーベルをパーン!と上げて、そのあと渋谷を歩きます(笑)。」と話し、笑いを誘った。

映画「サヨナラまでの30分」は、2020/1/24(金)全国ロードショー!
ぜひご期待ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top