shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

瀧本美織 ドラマ「金魚姫」出演決定!

瀧本美織が、来年3/29(日)NHK BSプレミアムにて放送のドラマ「金魚姫」に出演することが発表された。

同作は、直木賞作家・荻原浩さんの傑作小説を原作に、生と死の間で引かれ合う2人の日々を優しく切ないラブストーリーを描く。人生どん詰まりの青年・潤(志尊淳)が金魚の化身である謎の美女リュウ(瀧本)と出会い、生きる意味を再び見いだす物語だ。
演出は、映画「EUREKA」「共喰い」などで知られる青山真治監督が務める。

出演にあたって瀧本は、「原作にすごく引き込まれました。こんなにも魅力的な作品に参加させていただけること、青山監督、志尊さんと初めてご一緒させていただくこと、とても幸せです。リュウは強い想いを抱いて生まれ変わり続けている女性です。イメージを最大限に膨らませながら、皆さんとの空気感をめいっぱい感じて撮影に臨みたいと思っています。手作りで作っていただいたリュウの衣装が素敵で、身に纏うと「強くあれ」と言われているような、そんな気持ちになりました。ぜひ見ていただけたら嬉しいです。」とコメントを寄せた。

ドラマ「金魚姫」は、NHK BSプレミアムにて2020/3/29(日)21:00~22:29放送!
※BS4Kでは2020年放送予定
ぜひご期待ください。


【あらすじ】
仕事も恋もうまくいかない主人公・潤(志尊)が、ある日、祭りの金魚すくいで手に入れた1匹の琉金(りゅうきん)。実は、金魚に身をやつした美女で、突然人間の姿に変わり、潤の目の前に現れる。リュウ(瀧本)と呼ばれることになった彼女は、伝説の黒らんちゅうを探し求めていて、潤に協力を求める。奇妙な同居生活を通して距離を縮めていく2人。そこに、潤の元カノ・亜結(唐田えりか)や、母・真由美(仙道敦子)の再婚相手で義父の長坂(國村)の思惑が絡み合い、彼らの運命は 思わぬ方向に進んでいく…。


(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top