shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

山本千尋 特撮アクション時代劇「BLACKFOX: Age of the Ninja」舞台挨拶!

山本千尋が主演を務める、特撮アクション時代劇「BLACKFOX: Age of the Ninja」舞台挨拶が12/16(月)新宿バルト9で行われ、監督・共演者とともに山本が登壇した。

同作は、「ウルトラマン」「仮面ライダー」「スーパー戦隊」「パワーレンジャー」を手掛けてきた坂本浩一監督に よる新世代の特撮アクション時代劇。
日本に侍、そして忍者がいた時代―。人里離れて暮らす忍者一族に生まれ育った石動律花(山本)は、山中に迷い込んだ不思 議な能力を持つ少女・宮と出会う。何者かに追われる宮の身を案じる律花に反し、宮は石動家当主・石動兵衛に 父の仇討ちを申し出る。その矢先、根来衆の襲来を受け、危機に直面する律花だったが――

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した山本は、「本日はお集りいただき、ありがとうございます。平日にもかかわらず、こんなにたくさんの方にお越しいただき、本当に嬉しい限りです。絶対に楽しい時間にしますので、最後までお付き合いよろしくお願いします。」と挨拶。

物語の終盤、剣術の達人・重次と決闘を繰り広げるシーンを振り返り、「そのシーンは、坂本監督が特に厳しかったので、なかなかOKがもらえず、苦戦したのを覚えています。でも映像を見たとき、監督がやっとOKを出してくれたカットだったんだと、自分の中でじんわりこみ上げてくるものがありました。」と明かした。

先日は台湾での上映イベントも開催され、山本もゲストとして参加した。「本当に楽しかったです。台湾は初めてだったのですが、皆さん日本語を勉強していらっしゃって、逆に私たちのほうが勉強不足で申し訳ないなと思いながら、もし2があったら、成長した姿で台湾に帰りたいと思いました。」と笑顔を見せた。

最後に、「10月に配信がスタートしてから長く作品を愛していただき、未熟な主演だったと思うのですが、皆さんのお力を借りて、こうして舞台に立たせていただくことが出来ました。応援してくださる皆さんはもちろん、スタッフの皆さんも、イベントが終わる度に涙を流してくださったりだとか、それだけ愛を注いでくださるチームの皆さんに囲まれています。私自身、絶対に2をしたいと思っておりますし、私に出来るお返しは、成長した姿をお見せすることだと思っています。絶対にパワーアップしてこのメンバーで帰ってきますので、またお会い出来たら嬉しいです。今日は皆さんにパワーをいただきました。本当にありがとうございました。」とメッセージを送った。

特撮アクション時代劇「BLACKFOX: Age of the Ninja」は、Amazonプライム・ビデオほか動画配信サービスにて、配信中!
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top