shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

フォンチー ベトナム映画「サイゴン・クチュール」公開初日トークショーに出席!

フォンチーが12/21(土)新宿K's cinemaで行われた、ベトナム映画「サイゴン・クチュール」公開初日トークショーに出席した。

同作は、1969年のサイゴンで、代々続くアオザイ仕立屋で母に対し反抗を繰り返す娘・ニュイがある日21世紀にタイムスリップ。変わり果てた自分と店の姿に自分の《人生》を変えるべく奔走するファッション・ファンタジー。
これまでのベトナム映画のイメージを一新した同作は、国内で大ヒットを記録し、映画に出てくる新しいアオザイが若者の間でも大流行するなど、ファッション界にまで影響を与えた。

1969年のサイゴン。9代続いたアオザイ仕立て屋の娘ニュイは、ミス・サイゴンに選ばれるほど美しくスタイルもファッション・センスも抜群。しかし60年代の新しいファッションに夢中で、アオザイを仕立てる母と対立していた。
ところがある日突然、現代にタイムスリップしたニュイは、変わり果てた自分と店の姿に対面してしまう。なんと母が急逝した後、店が傾き倒産、生家も取り上げ寸前の状態だった。
そこでニュイは自分の《人生》を変えるべく、現代のファッション業界に潜り込んで奔走する内に、次第にアオザイの魅力と母の本当の想いに気づいていく…。ニュイは果たして成りたかった《本当の人生》を取り戻すことが出来るのか?

ベトナムの民族服であるアオザイを着用して登壇したフォンチーは、「神奈川県生まれ、神奈川県育ち、両親がベトナム人のフォンチーです。よろしくお願いします。」と挨拶。

同作の感想を聞かれ、「アオザイが描かれている作品ではあるのですが、親子愛もかなり描かれていて、私も娘・ニュイのように親に反抗していた時期もあって通ってきた道なので共感できました。あと、いくつ歳を重ねても親でいてくれている愛情の深みを感じました。また、アオザイをここまでピックアップしていただける作品はないので、この作品でアオザイの魅力が伝わったら嬉しいです。」と話した。

50年後の自分に会い、変わっていく物語であることから、先日誕生日を迎えたフォンチーへ“若い頃と比べて変わった部分は?”という質問があがり、「たくさんありますが、家庭を顧みるようになりました。昔は全部親任せにしていた部分があった。大事なことや大変なことを知りもしなかったのですが、大人になってから手伝わなきゃと思ってきちんと見るようになってから、こんな大変な状況だったんだと知ることがありました。親は心配をかけて私が仕事に集中できない状況を作らないように黙っていたことも。親にこんなにも迷惑をかけていたんだとか、親任せにし過ぎていた部分がかなりあったので、最近は自分で全部解決できるようにしています。親孝行ってこれから一生かけてもしきれないと思うので、少しでも恩返しできたらと思って目を向けようと思いました。」と語った。

さらに、もし50年後の未来の自分に会ったら?という質問には、「孫が10人くらいいて(笑)、元気なお婆ちゃんになってたらいいなと思います。年齢を重ねると体調を崩すことがより多くありますし、体調を戻すのに時間がかかったりするじゃないですか。大人になるにつれ、健康がどれだけ大事か実感するようになったので、とにかく1日でも長く健康でいられたらと思います。」と微笑んだ。

この日着用したアオザイは同作のコスチューム・デザインを手がけたデザイナー、テュイ・グエンさんによるもの。フォンチーは、「アオザイはもちろん何着も持っているのですが、赤の単色に一輪のバラがデザインされているようなシンプルなもので、全体に柄が散りばめられているものは持っていなかったのですごく新鮮でした。アオザイの良いところはパンツの色を変えるだけで全体のイメージが変わるところだと思います。今日は赤のパンツにしましたが、青にしたらちょっと大人っぽくなったり、紫にしたらモード系になったり、無限大にオシャレができる民族衣装だと思います。」と話した。

その後、フォンチーからみたベトナムの良さは?と聞かれ、「3時間くらいいただけますか?(笑)。」とジョークを交えつつ、「最近日本でベトナムに関するイベントを、ベトナムでは日本に関するイベントをやっているのがとても嬉しいです。芸能界での目標の1つは、ベトナムと日本の架け橋になること。10代の頃に写真集の撮影でベトナムに行ったことがあって、貧しい子どもたちがたくさんいました。それがすごく衝撃的で、この子たちのために何かできないかと思い、芸能界に入って頑張って有名になって、架け橋のような存在になって支援できるような活動をしたいと思っています。その思いで「ベトナムフェスティバル」に出演させていただいたりベトナム人役でドラマに出たり。最近ではそういった活動も増えてきたので、ちょっとずつでもベトナムを知っていただけているのかなと思います。もっとベトナムを好きになっていただきたいですし、そういった現実もあるということを知っていただき、日本とベトナムで協力し合って支援できるような存在になれたら。まだ歩みの途中ですが、必ず叶えたいです。」と熱く語った。

イベント終盤では、フォンチーにサプライズで誕生祝いの花束が贈られた。フォンチーは、「ありがとうございます。私事ですみません。着実に進むことが一番大事なんだと最近思うようになって、30代を迎えるにあたり、ゆっくりと一歩ずつ歩んんでいけたらと思っています。今日初めて知っていただいた方も応援していただけると嬉しいです。これからもお仕事を頑張ります。」と話し、イベントを締めくくった。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top