shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

清原翔 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」舞台挨拶!

清原翔出演ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」舞台挨拶が、1/6(月)に行われ、清原が登壇した。

同作は、日本のTVドラマとして初めて腫瘍内科を舞台にし、圧倒的にリアルながん治療の現状を取り扱う医療ドラマ。年間およそ100万人(厚生労働省発表2016年間の新たな診断例数:995,132人)の人々が新たに診断され、2人に1人が生涯のうちにかかると言われている“がん”。誰もがなり得るこの“国民病”に立ち向かうべく、最強のタッグを組んだ内科医・恩田心と外科医・梶山薫、2人の女医を中心に、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿をあふれるほど情感豊かに描く、メディカル・ヒューマンドラマとなっている。

清原は、結城涼を演じる。研修医期間の最後を腫瘍内科に身を置くことにした2年目の研修医。家族全員が外科医で自らも外科志望。冷静沈着でぶっきらぼうにみえるが、実は不器用で熱い思いを持っているという役どころ。

舞台挨拶に登壇した清原は、「僕は研修医役が2度目なのですが、ここまで本格的に患者さんと接することがなくて、初めてのことも多いので緊張しています。ぶっきらぼうな役で、口数も少ないけれど熱い思いを持っているというのは、僕自身も近いものを感じています。ぜひ皆さんに観ていただいて、楽しんでいただければいいなと思っています。よろしくお願いします。」と挨拶。

自身が演じる役柄について、「本当に口数が少ない人間なので、表情で心情をあらわさないといけない部分が多くて、どこまで出していいものか考えさせられています。心さんは患者さんや研修医にとって頼りになる存在なので、研修医を演じる上では何も不安がなく臨めていて、すごく助けられていますし、人間的にも素晴らしいので、結城にとって学ぶものがたくさんあるんだろうなと思いながら演じています。」と語った。

さらに今年の目標を色紙で発表。「僕は『充実』です。今日が仕事始めで、また撮影が始まっていくので充実していくと思いますし、この1年は充実した年にしたいと思っています。去年を超えたいです。」と笑顔を見せた。

ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」は、フジテレビ系で1/9(木)より毎週木曜22:00~放送!
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top