shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

小山百代 「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」プロジェクト発表会にMC出演!

小山百代が1/21(火)TBSで行われた「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」プロジェクト発表会に出演、三森すずこさんと共にMCを務めた。

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」は、「ミュージカル」と「アニメ」が相互にリンクし合い、展開していく新感覚ライブエンターテインメント。
ミュージカルから始まり、ミュージカルの主要キャストがそのままアニメ版の声優を担当、ミュージカル、コミカライズ、テレビアニメ、ゲームアプリなど 幅広く展開している。

小山が演じるのは聖翔音楽学園に通う主人公・愛城華恋。
幼い日に見たレヴュー『スタァライト』に心を奪われ、舞台の道を走り出した舞台少女で、いつでも元気、声も大きめ、でも早朝レッスンは超苦手。幼い日に『運命』を交換したひかりと共に、謎のレヴューに参加する、という役どころ。

発表会冒頭にて小山は、「今日はものすごい情報量なので、私自身も緊張しています。皆さん早く聞きたいと思ってくださっていると思います。最後まで楽しんでください。」とコメント。

まずは、再生産総集編の「少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド」と新作劇場版「劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト」の公開決定が発表された。
監督を務める古川知宏さん、構成・脚本の樋口達人さん、アニメプロデューサーの武次茜が登場し、鋭意製作中という2作品の見どころや、アニメーターさんが描いたイメージボードを特別公開。小山は、「皆さんもワクワクされていると思いますが、私もそれ以上にワクワクしてきました。」と話した。

その後、新作舞台を発表するパートでは七木奏音、ネルケプランニング代表取締役社長・野上祥子さんがゲスト出演。七木演じる柳小春らが通う青嵐総合芸術院のスピンオフ公演が2020年12月に決定したことがアナウンスされると、「私も青嵐みんなを舞台の上で観られると思うと嬉しいです。」と笑顔。

さらに、2020年7月に舞浜アンフィシアターにて行われる「少女☆歌劇 レヴュースタァライト-The LIVE-」の新作公演の決定が発表された。前作の公演を振り返り、「ステージが広くて走り回った印象です。殺陣だけではなくて、ダンスに1つにとっても後ろから前までダッシュでフォーメーションを作ったり。昨年の12月にBlu-rayが発売されましたが、それを観ていただけると思うと嬉しいです。」と話すと共に、「2020年は2作品上演されますので、どちらも楽しみにしていてください。」とメッセージをおくった。

また、2/19(水)リリースとなる、メインキャスト9名によるユニット・スタァライト九九組の7thシングル『Star Parade』の話題では、「中村彼方さんが横浜アリーナでの公演を観て書いてくださいました。そしてジャケットは、神楽ひかりちゃんが描かれているのですが、周りに9色の光が散らばっています。ぜひ見て聞いていただきたいです。」とPR。

そして最後に、「こうやってたくさんの情報を発表することができて、私自身とても楽しみになりましたし、おそらく皆さんの想像以上にお届けできて嬉しかったです。また、アニメチーム、舞台チームのスタッフさんが来てくださって熱い思いを間近で聞くことができて、私たちキャストもやる気でメラメラと燃えています。2020年も頑張りますのでよろしくお願いします。今後もご注目ください。本日は本当にありがとうございました。」と話し、発表会を締めくくった。

この日は他にも、イベント、アプリゲーム、コラボグッズなど、スタァライトプロジェクトの最新情報を発表。その模様はYouTubeでライブ配信され、Twitterでトレンド入りするなど大きな盛り上がりをみせた。

最新情報は公式サイトでチェック!
https://revuestarlight.com/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top