shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北村匠海 「アンダードッグ」出演決定!

北村匠海が、劇場公開・AbemaTVにて2020年冬配信予定の「アンダードッグ」に出演することが発表された。

同作は、東映ビデオとAbemaTVが開局以来初めて手掛ける本格映画作品。
“アンダードッグ”とは、ボクシング界では〝咬ませ犬〟を意味する言葉で、スターダムに駆け上がっていく選手たちの陰で〝咬ませ犬〟として踏み台にされながらも這い上がろうともがく崖っぷちのプロボクサー・末永晃らの熱い人間ドラマが描かれる。
メガホンをとるのは、2019年最も話題を呼んだドラマ「全裸監督」(Netflix)の総監督を務め、『百円の恋』では日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにし、米アカデミー賞では外国語映画部門の日本代表にも選出された武正晴監督。さらに、『百円の恋』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した足立紳がオリジナル脚本を手掛ける。

主人公・末永晃(森山未來)、児童養護施設で育った経歴を持つ成長著しい若手ボクサー・大村龍太(北村)、そして鳴かず飛ばずの芸人ボクサー・宮木瞬(勝地涼)といった三者三様の生き様を抱えた男たちが、互いのプライドを賭けて拳を交える物語。出演にあたり北村は、「出演が決まった時は確実に自分への挑戦状だと思い、そのリングに上がらない訳がないと気持ちが熱くなりました。龍太は何かを背負い、抱えているけど誰かの為に強い拳を前に突き出せる男。共にぶつかり共に立ち上がり共に成長出来たらいいなと思います。武監督のもと素晴らしいキャストの皆様と同じ時間を過ごせることがとても楽しみです。」とコメントを寄せた。

「アンダードッグ」は、劇場公開&AbemaTVにて2020年冬配信予定。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top