shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

夏帆 映画「架空OL日記」完成披露試写会!

夏帆出演映画「架空OL日記」の完成披露試写会が2/4(火)都内で行われ、監督・キャストと共に夏帆が登壇した。

原作は、バカリズムさんが2006年から3年の月日をかけ、銀行勤めのOLのフリをしてネット上にこっそり綴っていたブログを書籍化した、「架空OL日記」。2017年にはバカリズムさん原作・脚本・主演で連続ドラマ化され、銀行を舞台に世の中のOL達が思わず“分かる~!”と唸るOL達の日常生活を描き、放送が始まるやいなや多くの女性の支持を獲得した同作が、遂に2/28(金)劇場公開となる。

憂鬱な月曜日の朝。銀行員OLの“私”の1週間が始まった。眠気に耐えながらもきっちりメイクして家を出る。ストレスフルな満員電車に揺られ、職場の最寄り駅で合流するのは社内で一番仲良しの同期=マキ。私と価値観の近いマキとの会話は、時に激しく不毛ながらも不思議に盛り上がる。会社の更衣室で後輩のサエと入社8年目の小峰、10年目の酒木が加わり、いつものように就業前のおしゃべりに華が咲く…。

夏帆は、ドラマ版に引き続き、“私”の同期で親友の藤川真紀を演じる。

ドラマ版の撮影終了後、映画版で再集結した時のことを、「最初は気恥ずかしさがありました。すぐに打ち解けたのですが、お互い探り合いのような感じはありました。」と振り返った夏帆。

登場人物の中で自身に一番近いキャラクターは?と聞かれ、「この5人で集まると、自然と役と同じような立ち位置になるんです。役作りのためでも意識しているわけでもないのですが、話すこととか発言することも役と同じような感じでした。なので、強いてあげるのであれば、マキちゃんだと思います。」と答えた。

映画「架空OL日記」は2/28(金)公開。
ぜひ劇場でお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top