shadow

prev

next

ニュースNEWS

OTHER

山本千尋 実写ムービーゲーム「Death Come True」プレス発表会!

山本千尋が出演する実写ムービーゲーム「Death Come True」のプレス発表会が、2/6(木)新宿バルト9で行われた。

同作は、日本初となる映画とゲームを融合させた「インタラクティブコンテンツ」で、具体的には、プレイヤーの選択によってストーリーが展開し、それに伴い、複数のエンディングが存在するという新感覚作品となっている。

舞台は、とあるホテル。主人公、カラキマコト(本郷奏多)は連続殺人事件の犯人として指名手配されている。しかし男には一切の記憶がない。そんな状況の中、男には死ぬと「タイムリープ」して過去に戻る不思議な能力がある。犯人として、追われながら、男は誰を信じて、誰を疑う?そして、自分自身の本当の正体とは?選択と死を繰り返しながら、男は真実を目指す。

山本は、ホテルにたまたま泊まっていたエキセントリックな女性・クルシマネネを演じる。
殺人マニアで、連続殺人犯であるカラキの大ファンを自称しているという役どころだ。

プレス発表会に登壇した山本は、「台本を読んだ時も撮影中も、一体どういう作品になるのだろうと疑問を抱きながら撮影していたのですが、予告編を観て私も早くゲームをやりたいなと思いました。色々な選択があるので、たくさんの面白さがあると思います。新しいジャンルに自分も挑戦させていただいて課題を与えていただいた現場だったなと思います。」とコメント。

自身の役については、「殺人マニアでカラキマコトさんの大ファンというだけで変わっている役なのですが、台本を開いた時に1度ページを閉じてしまいたくなるぐらいエキセントリックでした。衣装合わせの時にあの格好になって更にどうしようかなと思ったのが、正直な最初の感想です(笑)。ですが、こんなにエキセントリックな役は初めてだったので、新しい自分を見つけられた気がしました。」と振り返り、笑いを誘った。

最後に、「(他キャスト・スタッフの)皆様に比べると撮影日数に参加した時間は短かったですが、豪華なキャストの皆様と面白い台本の中で演じさせていただいて、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。今実写映画や2.5次元舞台の人気がありますが、この作品が新しいジャンルで次に絶対来ると思っていますので、今後とも応援していただけると嬉しいです。今日は本当にありがとうございました。」とメッセージを送った。

実写ムービーゲーム「Death Come True」は、2020年6月リリース予定。(価格:1,900円対応デバイス:iOS/Android/Switch/PS4/PC 予定)
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top