shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

常盤貴子 映画「海辺の映画館-キネマの玉手箱」ミュージカルシーンの本編映像が解禁!

常盤貴子出演映画「海辺の映画館-キネマの玉手箱」のミュージカルシーンの本編映像が解禁となった。

同作は、尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が閉館を迎え、日本の戦争映画特集を観ていた若者3人が、スクリーンの世界にタイムリープし、戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島を辿り、そこで出会った史実で戦争の犠牲になった移動劇団「桜隊」の悲劇の運命を変えるために奔走する物語。

常盤は、物語の軸となる移動劇団「桜隊」の看板女優・橘百合子を演じる。

大林宣彦監督の44作目にして20年ぶりの尾道最新作となる同作から、常盤らがタップダンスに挑戦したミュージカルシーンのクリップが解禁。
無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと様々な映画表現で展開していくのが見どころのひとつとなっており、今回解禁された映像はミュージカルシーンの一部で、常盤らが鮮やかなドレスで華麗なタップダンスを披露し、“映画は夢、夢は映画”“嘘からでた誠”など、大林監督の想いが込められたメッセージを軽やかに歌っている。

常盤は、「次回作のためにタップダンスの練習をと、どんな映画かも分からないのに、ただひたすらに練習を続けた俳優部。撮影時期が延びたと言われ、テンヤワンヤ。私も、⼀度は諦めたものの、⼆転三転四転五転。出られる!と決まった時の喜びは忘れられません。「大林組」全スタッフ、キャストと共に、今できる限りのパフォーマンスと、想像力で、「大林宣彦」という大好きな監督の現代アートの一部を担えたことは私の誇りです。」とコメントを寄せた。

映画「海辺の映画館-キネマの玉手箱」は、4/10(金)公開。
ぜひご期待ください!

  • はてなブックマーク

pagetop

page top