shadow
マエヤマダケンイチ・ヒャダイン

前山田健一/ヒャダイン

メディアMEDIA

PROFILE

■ヒャダイン/前山田健一

音楽クリエイター

1980年大阪府生まれ。

3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。

京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。

一方、本名での作家活動でも提供曲が2作連続でオリコンチャート1位を獲得。2010年にヒャダイン=前山田健一である事を公表し、作家と アーティストをクロスオーバーした活動を開始。

ヒット曲を量産し続け、アイドル、JPOPからアニソン、ゲーム音楽など幅広い楽曲提供を行う。

また、2011年4月にシングル「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」で歌手としてメジャーデビューを果たした。

タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演中。

ニュースNEWS

EVENT

ヒャダイン 「Nintendo Switch 体験会 2017」にゲスト出演!

ヒャダインが、1月15日(日)東京ビッグサイトにて開催された「Nintendo Switch 体験会 2017」にゲスト出演した。

「Nintendo Switch」は、任天堂株式会社より3月3日(金)発売の家庭用据え置き型ゲーム機。
テレビに接続して遊べる【TVモード】はもちろん、背面のスタンドを立てて本体のディスプレイで楽しむことができる【テーブルモード】、6.2インチのディスプレイで、自由な場所、自由な姿勢でゲームを楽しめる【携帯モード】と、プレイスタイルに合わせて3つのモードを自由に選ぶことができる新作ハードウェア。
1月14日(土)~15日(日)開催された「Nintendo Switch 体験会 2017」では、同商品のプレゼンテーションと新作ソフトのラインナップ発表、一般参加者らによる体験会が行なわれた。

イベントステージでは、朝10:30~『ゲームミュージックライブ by 任天堂スペシャルロックバンド』がスタートし、ロックアレンジされた任天堂ゲームミュージックの生演奏で盛り上がった。午前中にも関わらず、会場満員のギャラリーで埋め尽くされると、ヒャダインは「それだけ(Nintendo Switchが)注目されているってことですよね。本当に会場の熱気が凄い!!そして、生演奏はイカしてましたね~。イカした曲ばっかりでしたね。もう自分のプロモデラーRG(※ゲーム「Splatoon」の武器)を早く持ってきたくなりましたね~(笑)」と興奮気味に語った。

ヒャダインがサポートMCを務めたステージでは、2017年春発売予定の新作ソフト『ARMS』を紹介。初心者にも分かりやすい直感的な操作でありながら、ダッシュ、ジャンプ、投げ、必殺のラッシュ攻撃など、多彩なテクニックや駆け引きを味わえ、のびるウデ「アーム」を使った、新しい格闘スポーツの誕生。
ヒャダインは「ゲームの予告動画を見ただけでもドキドキワクワクするんですが、今までの格闘ゲームの概念を変えてしまうかもしれないこの『ARMS』。僕もとても興奮しています!」と話し、その後はタレント・椿姫彩菜さんも交えて、実際のゲーム体験会で盛り上がった。

また、90年代に大ブームを巻き起こした『ストリートファイターII』がNintendo Switchで多くの要素を追加してよみがえる!『ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ』(発売日未定)も発表。実際に体験したヒャダインは、「昔懐かしい人間からしても良いし、新しくリマスターされている部分もとても素敵ですね!」とコメント。

グランドフィナーレでは、同イベントを通し、「新しいハードに触れることが出来て本当に光栄だったんですが、何よりも“イカちゃん2”(※『Splatoon2』)がどこでも出来るって聞いて、たぶん僕はもうお仕事しなくなります。ごめんなさい(笑)。曲は頑張って作ります。でもイカちゃんが楽しみで!ありがとうございました!!」と喜びを滲ませながら、イベントの幕をおろした。

「Nintendo Switch」は、3月3日(金)発売。29,980円+税。(※1月21日(土)予約開始)

▼任天堂オフィシャルサイト
https://www.nintendo.co.jp/
  • はてなブックマーク

EVENT

ヒャダイン 第2回「LINE:ディズニーツムツム」No.1プレイヤー決定戦にゲスト出演!

ヒャダインが11/5(日)ラフォーレミュージアム原宿で行われた第2回「LINE:ディズニーツムツム」No.1プレイヤー決定戦にゲスト出演した。

ディズニーキャラクターを使ったディズニーストアのぬいぐるみ「TSUM TSUM」シリーズをテーマにしたカジュアルパズルゲーム「LINE:ディズニーツムツム」。
9/12〜18の間にオンライン予選会が行われ、上位16人がラフォーレミュージアム原宿に集結し、No.1プレイヤーをかけて戦った。

普段、自身もツムツムユーザーであるヒャダインは、佐藤かよさん、舟山久美子さん、MCの流れ星と共に、決勝大会の様子を見守った。
高レベルな戦いにゲストからも客席からも大きな歓声が起こった。

第2回「LINE:ディズニーツムツム」No.1プレイヤーには決勝戦で3244996点を獲得したをたくやさんが決定した。

ヒャダインは「僕もツムツム大好きで毎日やっているんですけど、こんなに高速でしかも正確に3200万点ただき出すっていうのは本当に見事だと思います。今回、いろんなツムも見れたので、改めて思いました」と感想を語った。

模様はLINE LIVEでも生中継され、100万人を超える視聴数と番組配信中に視聴者から送られたハートガ700万を超え、視聴者にもゲームで使えるハートが16個、期間限定でプレゼントされた。
  • はてなブックマーク

ディスコグラフィーDISCOGRAPHY

WORKS

東方神起/『Share the world』(作曲)

倖田來未&misono/『It's all love!!』(作曲)

ももいろクローバー/
  『行くぜっ!怪盗少女』(作詞・作曲・編曲)
  『ココ☆ナツ』(作詞・作曲・編曲)
  『Z伝説~終わりなき革命~』(作詞・作曲・編曲)
  『ももクロのニッポン万歳!』(作詞・作曲・編曲)
  『ワニとシャンプー』(作詞・作曲・編曲)
  『ミライボウル』(共作曲)

AKB48/『となりのバナナ』(作曲)

渡り廊下走り隊7/『初恋よ、こんにちわ』(作曲)

大島麻衣/
  『メンドクサイ愛情』(作曲・編曲)
  『愛ってナンダホー』(作曲・編曲)

ノースリーブス/『君しか』(作曲)

私立恵比寿中学/
  『オーマイゴースト~私が悪霊になっても~』(作詞・作曲・編曲)
  『ザ・ティッシュ~終わらない青春~』(作詞・作曲・編曲)

麻生夏子/
  『Perfect-area Complete!』(作曲・編曲)
  『Movement of Magic』(作曲・編曲)

K/『526000min.~Seasons of Love~』(作詞・作曲)

Milky way/『タンタンターン!』(作詞・作曲・編曲)

月島きらり starring 久住小春/『はぴ☆はぴサンデー!』(作詞・作曲・編曲)

アニメ『らき☆すた』『みつどもえ』『侵略!イカ娘』キャラソン多数、、、

pagetop

page top