shadow
ミキタカヒロ

三木孝浩

ニュースNEWS

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2019」開催決定!

スターダストに所属する映画監督らによるイベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2019」を、9月22日(日)渋谷ユーロライブにて開催することが決定した。

2017年からスタートし3年連続となる今年は、所属監督の作品上映はもちろん、昨年に続き若手監督発掘のために一般から短編作品を募集するショートフィルムコンペティションを継続して行う。


■上映作品
三木孝浩は、2018年に公開された映画『坂道のアポロン』。原作は人気漫画家・小玉ユキによる同名コミックで、知念侑李、中川大志、小松菜奈と、人気・実力を兼ね備えたフレッシュなキャストが揃い、オール九州ロケで雄大な自然を背景に温かくも切ない青春模様が描かれている。ジャズに魅了された高校生3人の友情と恋、運命を変える出会いを描いた感動必至の青春映画である。
また、月川翔が監督した映画『響 -HIBIKI-』の上映も決定。「マンガ大賞2017」大賞を受賞した柳本光晴の原作を待望の映画化。主人公・響を演じたのは映画初出演にして初主演の欅坂46・平手友梨奈。その他、北川景子、小栗旬、高嶋政伸、柳楽優弥といった俳優陣が出演している。主人公である15歳の天才女子高生小説家の圧倒的な才能が、周囲の人々に計り知れない影響を与え彼らの価値観を変えていく。心の葛藤を描いた人間ドラマが交錯する衝撃作である。
さらに、『坂道のアポロン』に出演している中川大志、『響 -HIBIKI-』で主演を務めた平手友梨奈は第42回日本アカデミー賞では新人賞を受賞。そんな2人の演技も必見だ。
そして、上映後には、毎年恒例監督×豪華ゲストによるティーチインも実施予定。
豪華ゲストは完全シークレットで、当日ご来場のお客様のみ知ることができるサプライズとなっている。ティーチインでは、準備の期間から、公開に至るまでの様々な思いやエピソードを振り返る。お客様からの質問にも答え、ここでしか聞けない裏話が飛び出すこと間違いなし!他上映作品の発表もお楽しみに!

■ショートフィルムコンペティション開催
30分以内の短編作品を募集し、審査員の厳正なる審査により上位4作品を決定。上位4作品は<STARDUST DIRECTORS film fes. 2019賞>としてイベント内でスクリーンにて上映される。
さらにその中から、当日の審査員・ご来場のお客様の評点でグランプリ作品を選出し、グランプリに選ばれた若手監督には<STARDUST賞>として、スターダストグループ全面バックアップのもと<ショートフィルム>と<ミュージックビデオ>の2作品を監督するチャンスが与えられる。

【イベント概要】
開催日時:2019年9月22日(日)
場所:ユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階)
上映作品: 『坂道のアポロン』、『響 -HIBIKI-』、他
ショートフィルムコンペティション応募受付期間:2019年4月1日(月)~6月14日(金)
詳しくは「STARDUST DIRECTORS film fes. 2019」オフィシャルサイトへ
http://www.stardust-directors.jp/sdff2019

(敬称略)
  • はてなブックマーク

MOVIE

三木孝浩 監督作品・映画『フォルトゥナの瞳』大ヒット御礼舞台挨拶!

三木孝浩監督作品・映画『フォルトゥナの瞳』の大ヒット御礼舞台挨拶が3/7(木)TOHOシネマズ 日比谷にて行われ、神木隆之介さんと共に三木が登壇した。

“フォルトゥナ”とは運命の女神のことで、その瞳を持った者には、「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な力が宿る。同作は、そんな不思議な能力を身に着けてしまった青年【木山慎一郎】を主人公とした物語。幼少期の飛行機事故で、家族を失い一人生き残ってしまった【木山】。友人も作らず孤独に仕事のみに生きてきた彼は、ある日「死が近い人が透けて見える能力」を持っていることに気づき、生活が一変してしまう。
“なぜこんな能力を手に入れてしまったのか―?”自らの不思議な力に葛藤する折、彼が出会ったのは【桐生葵】という女性。明るく、自分に対し夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていき、初めて彼の孤独だった人生に彩りが生まれる。【葵】も【木山】の真っ直ぐな人柄に惹かれていき、やがて2人は互いに必要な存在となっていく。しかし、幸せの絶頂の中、彼女の体が透け始めてしまう。

2/15(金)より全国301スクリーンにて公開を迎えた同作は、鑑賞後の満足度が驚異の93.3%(劇場アンケート)を記録し、連日『今まで見てきた映画の中で一番泣いた』『あんなに大切だと思える人と出会いたい』など、若い世代を中心に、切なすぎるストーリーが心に刺さる人が続出。

そんな大ヒットを受けて行われた上映後の舞台挨拶にて三木は、「公開初日や完成披露試写会でも舞台挨拶をやらせていただく機会がありますが、こうして沢山の方に観に来ていただいた後に感謝の気持ちを込めて舞台挨拶が出来るという事が本当に嬉しいです。今日はありがとうございます。」とコメント。

主人公・木山慎一郎を演じる神木隆之介さんとまた一緒に作品を作るとしたらどんな役柄をやってもらいたいかという問いに、「神木君は特殊な能力を持っている男子をよく演じているイメージなので、素のキュートな神木隆之介に近い役柄を撮ってみたいです。神木君の役に対する向き合い方や周りに対する気配りだったりとか、誰からも愛されるというのを役として見てみたいと思います。」と語った。

その後、事前に会場の観客から寄せられた質問に答える企画を実施。"最近一番緊張した事は?”という質問に、「お客さんが最初にご覧になる完成披露試写会は、何作品やっても毎回緊張します。」と答えた。

そして最後に、「長く愛される作品になってほしいという思いで映画を作っていますが、僕達は作って宣伝を行うところまでしか出来ないので、観客の皆さんにこの映画を育てていただいて、長く観続けていただく事がこの作品にとって幸せな事だと思います。何度観ても様々な見方が出来て楽しめる作品になっていますので、これからも末永く『フォルトゥナの瞳』を愛してください。」とメッセージを送った。

監督作品・映画『フォルトゥナの瞳』は、大ヒット上映中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
1974年8月29日生まれ。徳島県出身。映画監督。
早稲田大学第一文学部卒。

大学在学中、自主映画『青空』で早稲田インディーズフィルムフェスティバル/グランプリを受賞。
卒業後、多数のミュージックビデオを監督し、MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2005/最優秀ビデオ賞、SPACE SHOWER Music Video Awards 2005/BEST POP VIDEOなどを受賞。以降、ショートムービー、ドラマ、CM等、活動を広げる。
JUJU feat. Spontania『素直になれたら』のプロモーションの一環として制作した世界初のペアモバイルムービーでカンヌ国際広告祭2009/メディア部門金賞などを受賞。
2010年、映画『ソラニン』で長編監督デビュー。
長編2作目となる映画『僕等がいた』(2012)が、邦画初の前・後篇2部作連続公開。
その他の長編作品として『陽だまりの彼女』(2013)、『ホットロード』(2014)、『アオハライド』(2014)、『くちびるに歌を』(2015)、『青空エール』(2016)、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016)、『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(2017)、『坂道のアポロン』(2018)などがあり、最新作『フォルトゥナの瞳』(2019年2月15日(金)公開)が公開待機中。

【Movie】
◆『フォルトゥナの瞳』(2019年2月15日(金)公開)
◆『坂道のアポロン』(2018)
◆『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(2017)
◆『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016)
◆『青空エール』(2016)
◆『くちびるに歌を』(2015)
◆『アオハライド』(2014)
◆『ホットロード』(2014)
◆『陽だまりの彼女』(2013)
◆『僕等がいた』後篇 (2012)
◆『僕等がいた』前篇 (2012)
◆『管制塔』(2011)
◆『ソラニン』(2010)

【TVCM・広告ムービー】
◆資生堂ベネフィーク「リセットタイムのスキンケア」
◆資生堂マシェリ×Nissy「永遠という名の花」
◆パナホーム
◆MIZUNO RUNNING
◆資生堂マキアージュ Short Movie
◆資生堂 マキアージュ
◆株式会社ワオ・コーポレーション 個別指導Axis
◆大塚ベバレジ微炭酸ビタミン飲料 MATCH

【Drama】
◆WOWOW 連続ドラマW「闇の伴走者~編集長の条件」(全5話)
◆WOWOW 連続ドラマW「闇の伴走者」(全5話)
◆TBS ドラマNEO『イロドリヒムラ』 第4話「海辺の犬」
◆MBS・TBS「ドラゴン青年団」
◆WOWOW ミッドナイトドラマ/ 藤子・F・不二雄のパラレル・スペース「あいつのタイムマシン」

【Short Movie】
◆back number「それでもなおできることのすべてを君に」
◆「空色物語」全4編(「虹とシマウマ」「ニケとかたつむり」「アリと恋文」「王様と羊」)
◆LISMO! オリジナルドラマシリーズHappy! School Days! 「Hello Goodbye」
◆JUJU feat. Spontania「素直になれたら」モバイルムービー
◆福原美穂「優しい赤」
◆pieces of love vol.2「It’s so quiet.」

【Music Video】
◆いきものがかり「花は桜 君は美し」「プラネタリウム」「YELL」「キミがいる」「風が吹いている」「笑顔」
◆FUNKY MONKEY BABYS「Lovin’ Life」「もう君がいない」「ヒーロー」「あとひとつ」「サヨナラじゃない」
◆YUI「LIFE」「Rolling star」「CHE.R.RY」「LOVE&TRUTH」「fight」
◆ORANGE RANGE「ロコローション」「花」「*~アスタリスク~」「SAYONARA」
◆木村カエラ「happiness!!」「L.drunk」「You bet!!」
◆ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソラニン」「マジックディスク」
◆mihimaruGT「かけがえのない詩」「Future Language」
◆UVERworld「Colors of the Heart」「君の好きなうた」「SHAMROCK」「恋いしくて」
◆K「over...」「抱きしめたい」「Only Human」「ファースト・クリスマス」
◆遊助「ひまわり」
◆supercell「さよならメモリーズ」
◆平井堅「アイシテル」
◆柴咲コウ「ホントだよ」
◆清水翔太「君が好き」
◆Galileo Galilei「管制塔(acoustic)」
◆Aimer「Re:pray」「花の唄」「I beg you」
◆back number「手紙」
◆Nissy「花cherie」
他、250作品以上を制作。

【Live DVD】
◆Every Little Thing
◆ORANGE RANGE
◆FUNKY MONKEY BABYS


【Others】
◆月刊タウン情報トクシマ「三木孝浩の歩き方~あの頃、僕らは映画と出会った~」コラム連載(2016年12月号~2017年11月号)

【Award】
◆早稲田インディーズフィルムフェスティバル/グランプリ(映画『青空』)
◆SPACE SHOWER Music Video Awards 2005/BEST POP VIDEO(ORANGE RANGE「ロコローション」)
◆MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2005/最優秀ビデオ賞(ORANGE RANGE「花」)
◆カンヌ国際広告祭2009 メディア部門金賞/サイバー部門銅賞(JUJU feat. Spontania「素直になれたら」モバイルムービー)
◆広告電通賞2009/クロスメディア・モバイル他部門最優秀賞(JUJU feat. Spontania「素直になれたら」モバイルムービー)

pagetop

page top