shadow
ミキ タカヒロ

三木孝浩

ニュースNEWS

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」チケット一般販売スタート!

スターダストプロモーションのグループ会社に所属する映画監督7名の映画上映イベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」が、9/23(土)~24(日)の2日間に渡り、ユーロライブ(渋谷)にて開催。この度、新たにティーチインゲストやプレゼント企画が解禁となり一般チケット販売(先着)がスタート致しました!

上映イベントに登場するのは、大ヒット映画『僕等がいた』、『ホットロード』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などを手掛け、最新作『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10/28より公開)の公開をひかえている青春恋愛映画の名手・三木孝浩。今年は映画『君と100回目の恋』、『君の膵臓をたべたい』(大ヒット公開中)の話題作を立て続けに送り出している月川翔。今年4月より公開された最新作『PARKS パークス』が日本全国各地やタイ・台湾でいまもなお順次劇場公開中の瀬田なつき。ロサンゼルスを拠点に世界各国の映画祭を賑わせ、最新作ベトナム映画『サイゴンボディガード』が現地での興行成績で同時期に公開中だった『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』を超えて1位を記録し話題となった落合賢。どうぶつ救護本部「インスタントペット」やサンシャイン水族館「ペンギンナビ」でカンヌ国際広告祭3年連続受賞を達成するなどCM監督としても国内外で高い評価を受けるYuki Saito。ドキュメンタリー作品を得意とし、長編映画デビュー作品『ゆるせない、逢いたい』では、2013年釜山国際映画祭NewCurrents、香港アジア映画祭、モロッコマラケシュ映画祭、フランスウズール国際映画祭でコンペティション部門にノミネートされ、ウズール国際映画祭では観客賞を受賞した金井純一。国内外のファッションブランドを中心とした広告、MV、ドキュメンタリー映像の演出で活動する傍ら、雑誌コラムや映画レビューなども執筆し、現在2018年に制作予定の長編映画『Remain in Light』準備中で今後の活躍に期待が高まる猪俣ユキ。

イベントでは、各監督の長編・短編作品を上映。長編作品上映後には監督×ゲストによるティーチインを行い、来場者の皆様とのコミュニケーションをとりつつ、これまでの映画作品を振り返りながら当時の秘話を語ります。そして、ティーチインゲスト第一弾として、太田莉菜さん(×猪俣ユキ)、新山詩織さん(×Yuki Saito)の出演が決定!他ゲストも決定次第随時発表します。また各ティーチイン時に作品・監督関連のプレゼント企画も用意しております!ぜひ映画&監督&ゲストと過ごす2日間をお楽しみください!

【イベント概要】
■イベントタイトル:STARDUST DIRECTORS film fes. 2017
■開催日時:2017年9月23日(土)~24日(日) 各日開場10:15/開演10:30
■場所:ユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階)
■上映作品:
★day1:映画『陽だまりの彼女』、『太秦ライムライト』、『古都』、『ユモレスク~逆さまの蝶~』/短編『The time walker』、『5windows mountain mouth』、『転校生』、FUNKY MONKEY BABYS「明日へ」MV
★day2:映画『君と100回目の恋』、『PARKS パークス』、『ちょき』/短編『空色物語 ニケとかたつむり』、『井の中の蛙』、『しゃぶしゃぶスピリット』、『Melody』
※長編作品上映後、各監督×ゲストによるティーチイン、サイン会有り(会場にてパッケージをご購入の方へサイン会参加券を配布)。
※タイムスケジュールはオフィシャルサイトにて公開。
■チケット料金:
★day1チケット:4,000円(税込)※day1に上映する作品全てをご覧頂けます。
★day2チケット:3,000円(税込)※day2に上映する作品全てをご覧頂けます。
★三木孝浩チケット/月川翔チケット/瀬田なつきチケット/落合賢チケット/Yuki Saitoチケット/金井純一チケット/猪俣ユキチケット:各1,000円(税込)
■詳しくは「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」オフィシャルサイトへ
http://www.stardust-directors.jp/sdff2017
  • はてなブックマーク

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」開催決定!

スターダストプロモーションのグループ会社に所属する映画監督7名の映画上映イベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」が、9/23(土)~24(日)の2日間に渡り、ユーロライブ(渋谷)にて開催することが決定した。

今回、上映イベントに登場するのは、映画『僕等がいた』、『ホットロード』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などを手掛け、最新作『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10/28より公開)の公開をひかえている青春恋愛映画の名手・三木孝浩。

今年は映画『君と100回目の恋』、『君の膵臓をたべたい』(7/28より公開)の話題作を立て続けに送り出している月川翔。

今年4月より公開された最新作『PARKS パークス』が日本全国各地やタイ・台湾でいまもなお順次劇場公開中の瀬田なつき。

ロサンゼルスを拠点に世界各国の映画祭を賑わせ、最新作ベトナム映画『サイゴンボディガード』が現地での興行成績で同時期に公開中だった『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』を超えて1位を記録し話題となった落合賢。

どうぶつ救護本部「インスタントペット」やサンシャイン水族館「ペンギンナビ」でカンヌ国際広告祭3年連続受賞を達成するなどCM監督としても国内外で高い評価を受けるYuki Saito。

ドキュメンタリー作品を得意とし、長編映画デビュー作品『ゆるせない、逢いたい』では、2013年釜山国際映画祭NewCurrents、香港アジア映画祭、モロッコマラケシュ映画祭、フランスウズール国際映画祭でコンペティション部門にノミネートされ、ウズール国際映画祭では観客賞を受賞した金井純一。

国内外のファッションブランドを中心とした広告、MV、ドキュメンタリー映像の演出で活動する傍ら、雑誌コラムや映画レビューなども執筆し、現在2018年に制作予定の長編映画『Remain in Light』準備中で今後の活躍に期待が高まる猪俣ユキ。

イベントでは、各監督の長編・短編作品を上映。長編作品上映後には監督×ゲストによるティーチインを行い、来場者の皆様とのコミュニケーションをとりつつ、これまでの映画作品を振り返りながら当時の秘話を語る。さらに会場ロビーでは監督らの代表作品のパッケージを販売。会場にてパッケージをご購入された方は、終演後の「サイン会」に参加できるという、めったにない監督とファンの皆様との交流が楽しめる企画も用意されている。

映画上映イベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」。7名の監督が集まるなんてめったにない、新たな映画イベントにご注目ください!

【三木孝浩 コメント】
映画は「出会い」です。
凹んでる時にたまたま観たB級コメディ映画に心救われたり
時間が空いてたから入った映画館で思いがけず人生最高の一本と出会えたり
映画と観客の関係において、タイミングも大事な要素の一つだったりします。
さて、ひょんなことから同じ事務所に集まった7人の映画監督。
好きな映画も作る映画のジャンルも違う僕たちが出会ってしまったことはきっとこれも何かの思し召し。
音楽フェスに好きなアーティスト目当てに行ったら思わぬメッケモノと出会えるように
映画もそんな風にヤミ鍋感覚で楽しむフェスがあってもいいんじゃないかと思います。
あなたにとっての掘り出し物の一本と出会えますように!

【イベント概要】
■イベントタイトル:STARDUST DIRECTORS film fes. 2017
■開催日時:2017年9月23日(土)~24日(日) 各日開場10:15/開演10:30
■場所:ユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階)
■上映作品:
★day1:映画『陽だまりの彼女』、『太秦ライムライト』、『古都』、『ユモレスク~逆さまの蝶~』/短編『The time walker』、『5windows mountain mouth』、『転校生』、FUNKY MONKEY BABYS「明日へ」MV
★day2:映画『君と100回目の恋』、『PARKS パークス』、『ちょき』/短編『空色物語 ニケとかたつむり』、『井の中の蛙』、『しゃぶしゃぶスピリット』、『Melody』
※長編作品上映後、各監督×ゲストによるティーチイン、サイン会有り(会場にてパッケージをご購入の方へサイン会参加券を配布)。
※タイムスケジュールはオフィシャルサイトにて公開。
■チケット料金:
★day1チケット:4,000円(税込)※day1に上映する作品全てをご覧頂けます。
★day2チケット:3,000円(税込)※day2に上映する作品全てをご覧頂けます。
★三木孝浩チケット/月川翔チケット/瀬田なつきチケット/落合賢チケット/Yuki Saitoチケット/金井純一チケット/猪俣ユキチケット:各1,000円(税込)
■チケット申込受付:7月27日(木)18:00~8月3日(木)23:59
■詳しくは「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」オフィシャルサイトへ
http://www.stardust-directors.jp/sdff2017
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
1974年8月29日 徳島県出身。映画監督。
早稲田大学第一文学部卒。

大学在学中、自主映画『青空』で早稲田インディーズフィルムフェスティバル/グランプリを受賞。
卒業後、多数のミュージックビデオを監督し、MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2005/最優秀ビデオ賞、SPACE SHOWER Music Video Awards 2005/BEST POP VIDEOなどを受賞。以降、ショートムービー、ドラマ、CM等、活動を広げる。
JUJU feat. Spontania『素直になれたら』のプロモーションの一環として制作した世界初のペアモバイルムービーでカンヌ国際広告祭 2009/メディア部門金賞などを受賞。
2010年、映画『ソラニン』で長編監督デビュー。長編2作目となる映画『僕等がいた』(2012)が、邦画初の前・後篇2部作連続公開。
その他の長編作品として『陽だまりの彼女』(2013)、『ホットロード』(2014)、『アオハライド』(2014)、『くちびるに歌を』(2015)がある。
自身初のミステリー作品となるWOWOW 連続ドラマW「闇の伴走者」が2015年に放送された。

【Movie】
◆『ソラニン』(2010)
◆『管制塔』(2011)
◆『僕等がいた』前篇 (2012)
◆『僕等がいた』後篇 (2012)
◆『陽だまりの彼女』(2013)
◆『ホットロード』(2014)
◆『アオハライド』(2014)
◆『くちびるに歌を』(2015)
◆『青空エール』(2016)
◆『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016)
◆『先生!』(2017年10月28日公開)
◆『坂道のアポロン』(2018年公開)

【TVCM】
◆大塚ベバレジ微炭酸ビタミン飲料 MATCH
◆株式会社ワオ・コーポレーション 個別指導Axis
◆資生堂 マキアージュ
◆MIZUNO RUNNING
◆パナホーム

【Music Video】
◆いきものがかり「花は桜 君は美し」「プラネタリウム」「YELL」「キミがいる」「風が吹いている」「笑顔」
◆FUNKY MONKEY BABYS「Lovin’ Life」「もう君がいない」「ヒーロー」「あとひとつ」「サヨナラじゃない」
◆YUI「LIFE」「Rolling star」「CHE.R.RY」「LOVE&TRUTH」「fight」
◆ORANGE RANGE「ロコローション」「花」「*~アスタリスク~」「SAYONARA」
◆木村カエラ「happiness!!」「L.drunk」「You bet!!」
◆ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソラニン」「マジックディスク」
◆mihimaruGT「かけがえのない詩」「Future Language」
◆UVERworld「Colors of the Heart」「君の好きなうた」「SHAMROCK」「恋いしくて」
◆K「over...」「抱きしめたい」「Only Human」「ファースト・クリスマス」
◆遊助「ひまわり」
◆supercell「さよならメモリーズ」
◆平井堅「アイシテル」
◆柴咲コウ「ホントだよ」
◆清水翔太「君が好き」
◆Galileo Galilei「管制塔(acoustic)」
◆Aimer「Re:pray」
◆back number「手紙」
◆Nissy「花cherie」
他、約250作品

【Drama】
◆WOWOW ミッドナイトドラマ/ 藤子・F・不二雄のパラレル・スペース「あいつのタイムマシン」
◆MBS・TBS「ドラゴン青年団」
◆TBS ドラマNEO『イロドリヒムラ』 第4話「海辺の犬」
◆WOWOW 連続ドラマW「闇の伴走者」(全5話)

【Short Movie】
◆pieces of love vol.2「It’s so quiet.」
◆福原美穂「優しい赤」
◆JUJU feat. Spontania「素直になれたら」モバイルムービー
◆資生堂マキアージュ Short Movie
◆LISMO! オリジナルドラマシリーズHappy! School Days! 「Hello Goodbye」
◆「空色物語」全4編(「虹とシマウマ」「ニケとかたつむり」「アリと恋文」「王様と羊」)
◆back number「それでもなおできることのすべてを君に」
◆資生堂マシェリ×Nissy「永遠という名の花」(マシェリ篇/花cherie篇/完結篇)

【Live DVD】
◆Every Little Thing
◆ORANGE RANGE
◆FUNKY MONKEY BABYS


【Aword】
◆早稲田インディーズフィルムフェスティバル/グランプリ
◆SPACE SHOWER Music Video Awards 2005/BEST POP VIDEO
◆MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2005/最優秀ビデオ賞
◆カンヌ国際広告祭2009 メディア部門金賞/サイバー部門銅賞
◆広告電通賞2009/クロスメディア・モバイル他部門最優秀賞

pagetop

page top