shadow
ミキ タカヒロ

三木孝浩

ニュースNEWS

MOVIE

三木孝浩 監督作品・映画『坂道のアポロン』完成披露試写会!

三木孝浩監督作品・映画『坂道のアポロン』完成披露試写会が2/5(月)都内で行われ、三木が登壇した。

原作は、2007年11月号から2012年3月まで「月刊flowers」(小学館)にて連載され、第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!2009オンナ編」第1位を獲得した人気漫画家・小玉ユキ氏による名作少女コミック。
主人公の孤独な青年・薫が転校先の高校で、一生ものの友達と恋、そして音楽と運命を変える出会いをし、自ら人生を切り開いていく10年が描かれる。

舞台は長崎県・佐世保市。高校生の西見薫(知念侑李さん)は、父を亡くし親戚の暮らすこの町へと引っ越してきた。優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎(中川大志)と心優しいクラスメイト・迎律子(小松菜奈)と出会う。初めてできた一生ものの親友、千太郎を想う律子に対して焦がれる一生ものの恋。千太郎を通じて知ったジャズの魅力。運命を変える出会いを果たした薫と千太郎はセッションを響かせていく――。

上映前に行われた舞台挨拶にて三木は、「完成披露は一般のお客様に初めて観ていただく瞬間なので監督としてはすごく緊張するのですが、今回初めて自信を持って舞台に立てている気がしていて、それはキャストのみんなに引っ張ってもらった映画だから。現場に入る前からみんなの気持ちが高まって、撮影は本当に楽しく、その空気感も作品に出ていて誰が観ても楽しめる作品になったのではないかと思っているので、いつも以上に早く観てほしいです。僕にとって一生ものの映画になった気がします。ぜひ楽しんでください。よろしくお願いします。」とコメント。

同作の見どころであるセッションシーンについて、「音楽が共通言語となり、世代を超えてコミュニケーションできるってやっぱり素敵だなと思いました。最初のセッションシーンは、知念君演じる薫がセッションの魅力に気づく物語の始まりのシーンでもありますし、(律子の父・迎勉役の)中村梅雀さんの笑顔が本当に素敵なんです。本気で楽しそうな顔をされていて、それが知念君や大志君に伝わって、撮っている側もワクワクしました。」と振り返ると共に、文化祭のセッションシーンの撮影についても触れ、「薫と千太郎は孤独を抱えたふたりなのですが、セッションをしている瞬間だけは幸せそうで、目線を合わせながら演奏をしている姿に泣けてくるというか、撮っている最中もウルッとくるぐらいの感動がありました。それをどうやったら素直に伝えられるか考えましたが、そのままを伝えればいいんだと思わせてくれた撮影でした。」と熱く語った。

イベント終盤では、薫と千太郎が演奏する曲から、アート・ブレイキーの『モーニン』のワンフレーズを知念さんと中川が披露。この日のためのスペシャルアレンジでパフォーマンスし、大きな歓声があがった。
その後、2/16に誕生日を迎える小松に知念さんと中川が『ハッピーバースデー』の曲も演奏。特製ケーキと共にサプライズでお祝いをし、大成功を収めると、「もうちょっと聞きたかった。映画の中でもっともっと素敵な演奏シーンがありますので、ぜひ楽しんでください。」と来場者にメッセージを送った。

監督作品・映画『坂道のアポロン』は、3/10(土)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

TV

三木孝浩 『連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件』放送決定!

三木孝浩が監督を務める「連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件」(WOWOW)の放送が決定した。

2015年春、異色のクライムサスペンスドラマとして評判を呼んだ「闇の伴走者」。その原作小説の続編『編集長の条件-醍醐真司の博覧推理ファイル-』(新潮社刊行予定)が、漫画界の奇才・長崎尚志によって出版されることとなった。そこでWOWOWは「闇の伴走者~編集長の条件」として連続ドラマ化第2弾を放送する。

前作「闇の伴走者」に続いて監督を務める三木は、「前回が僕にとってミステリーに初挑戦した作品だったので、この世界を再び描かせてもらえることを本当に嬉しく思います。」とコメント。

また、続編の内容について、「今回は「再起」の物語です。人生の道半ばで立ち止まってしまった人達が、もがきながらも己のあるべき姿を暗闇の中から手繰り寄せ、一歩前へと踏み出す瞬間を描きたいと思っています。前作同様に漫画を題材にしたミステリーという形を取りながらも全ての大人たちの応援歌になるようなそんなドラマにしたいです。」と話した。

さらに、本作で特に注目してほしい点について、「松下奈緒さん演じる優希と古田新太さん演じる醍醐の素敵凸凹コンビの復活にご期待ください!」と語った。

『連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件』は、WOWOWにて、2018/3/31(土)より毎週土曜22:00~放送!(第1話無料放送)
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
1974年8月29日 徳島県出身。映画監督。
早稲田大学第一文学部卒。

大学在学中、自主映画『青空』で早稲田インディーズフィルムフェスティバル/グランプリを受賞。
卒業後、多数のミュージックビデオを監督し、MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2005/最優秀ビデオ賞、SPACE SHOWER Music Video Awards 2005/BEST POP VIDEOなどを受賞。以降、ショートムービー、ドラマ、CM等、活動を広げる。
JUJU feat. Spontania『素直になれたら』のプロモーションの一環として制作した世界初のペアモバイルムービーでカンヌ国際広告祭 2009/メディア部門金賞などを受賞。
2010年、映画『ソラニン』で長編監督デビュー。長編2作目となる映画『僕等がいた』(2012)が、邦画初の前・後篇2部作連続公開。
その他の長編作品として『陽だまりの彼女』(2013)、『ホットロード』(2014)、『アオハライド』(2014)、『くちびるに歌を』(2015)、『青空エール』(2016)、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016)、『先生! 、、、好きになってもいいですか?』などがあり、『坂道のアポロン』(2018年3月10日公開)が公開待機中。
自身初のミステリー作品「闇の伴走者」の続編となる「闇の伴走者~編集長の条件」の放送が決定した。

【Movie】
◆『ソラニン』(2010)
◆『管制塔』(2011)
◆『僕等がいた』前篇 (2012)
◆『僕等がいた』後篇 (2012)
◆『陽だまりの彼女』(2013)
◆『ホットロード』(2014)
◆『アオハライド』(2014)
◆『くちびるに歌を』(2015)
◆『青空エール』(2016)
◆『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016)
◆『先生!』(2017年10月28日公開)
◆『坂道のアポロン』(2018年3月10日公開)

【TVCM】
◆大塚ベバレジ微炭酸ビタミン飲料 MATCH
◆株式会社ワオ・コーポレーション 個別指導Axis
◆資生堂 マキアージュ
◆MIZUNO RUNNING
◆パナホーム

【Music Video】
◆いきものがかり「花は桜 君は美し」「プラネタリウム」「YELL」「キミがいる」「風が吹いている」「笑顔」
◆FUNKY MONKEY BABYS「Lovin’ Life」「もう君がいない」「ヒーロー」「あとひとつ」「サヨナラじゃない」
◆YUI「LIFE」「Rolling star」「CHE.R.RY」「LOVE&TRUTH」「fight」
◆ORANGE RANGE「ロコローション」「花」「*~アスタリスク~」「SAYONARA」
◆木村カエラ「happiness!!」「L.drunk」「You bet!!」
◆ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソラニン」「マジックディスク」
◆mihimaruGT「かけがえのない詩」「Future Language」
◆UVERworld「Colors of the Heart」「君の好きなうた」「SHAMROCK」「恋いしくて」
◆K「over...」「抱きしめたい」「Only Human」「ファースト・クリスマス」
◆遊助「ひまわり」
◆supercell「さよならメモリーズ」
◆平井堅「アイシテル」
◆柴咲コウ「ホントだよ」
◆清水翔太「君が好き」
◆Galileo Galilei「管制塔(acoustic)」
◆Aimer「Re:pray」「花の唄」
◆back number「手紙」
◆Nissy「花cherie」
他、約250作品

【Drama】
◆WOWOW ミッドナイトドラマ/ 藤子・F・不二雄のパラレル・スペース「あいつのタイムマシン」
◆MBS・TBS「ドラゴン青年団」
◆TBS ドラマNEO『イロドリヒムラ』 第4話「海辺の犬」
◆WOWOW 連続ドラマW「闇の伴走者」(全5話)
◆WOWOW 連続ドラマW「闇の伴走者~編集長の条件」(全5話)(2018年3月31日より毎週土曜22:00~放送)

【Short Movie】
◆pieces of love vol.2「It’s so quiet.」
◆福原美穂「優しい赤」
◆JUJU feat. Spontania「素直になれたら」モバイルムービー
◆資生堂マキアージュ Short Movie
◆LISMO! オリジナルドラマシリーズHappy! School Days! 「Hello Goodbye」
◆「空色物語」全4編(「虹とシマウマ」「ニケとかたつむり」「アリと恋文」「王様と羊」)
◆back number「それでもなおできることのすべてを君に」
◆資生堂マシェリ×Nissy「永遠という名の花」(マシェリ篇/花cherie篇/完結篇)

【Live DVD】
◆Every Little Thing
◆ORANGE RANGE
◆FUNKY MONKEY BABYS


【Aword】
◆早稲田インディーズフィルムフェスティバル/グランプリ
◆SPACE SHOWER Music Video Awards 2005/BEST POP VIDEO
◆MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2005/最優秀ビデオ賞
◆カンヌ国際広告祭2009 メディア部門金賞/サイバー部門銅賞
◆広告電通賞2009/クロスメディア・モバイル他部門最優秀賞

pagetop

page top