shadow
ナカジマリョウ

中島良

ニュースNEWS

MOVIE

中島良 監督作品・映画『アパレル・デザイナー』劇場公開記念シアター&ライブショー!

中島良監督作品・映画『アパレル・デザイナー』の劇場公開記念シアター&ライブショーが1/18(土)山野ホールで行われ、中島が登壇した。

同作は、老舗アパレルの復活に掛けた生き様にフォーカスしながらも、MADE in JAPANに拘るモノ作りのスピリットと、世界のファッション界のモノ作りの真髄に深く切り込み、熱き日本のファッション界の戦いを斬新に描いた物語。
個を活かしてチームで達成するという日本らしいモノ作りのプロセスと、若いクリエイターが競い合いながらも認め合って奏でるファッションというメロディに加え、経営者が抱えるシリアスな経営哲学と、生まれ変わる為に必要な挑戦をする経営スピリットという、今の日本の経営者に必要なエッセンスをさりげなく注いだヒューマンストーリーとなっている。

老舗アパレルのHIRAKATAは、かつては国内屈指のアパレルメーカーだった。だが、世界的に進んだカジュアル化の波やファストファッション、ロードサイド型の時流に乗れず、経営状態は陥落し苦境に追い込まれていた。社長の平形圭佑(西村まさ彦)と弟で専務の平形祐輔(前川泰之)は意見が対立していたが、祐輔は会社を復活させるために、10年前社長とぶつかって退社した元社員の藤村雄二(高嶋政伸)に白羽の矢を立て、彼の協力で新ブランドを立ち上げようとする。破天荒で個性的なデザイナーとして知られた藤村は、町で見かけた若きパタンナーの加世田京子(堀田茜)をスカウトし、HIRAKATAのアシスタントデザイナーの吉野清太(飯島寛騎)ら4人のスタッフとPRESSのエキスパート・片岡(高島礼子)、そして服作りで最も重要なファクターである、ヒール職人・岸本ゆり子(西村美柚)を迎えて新たなファッションを生み出そうとするが・・・

上映前に行われた舞台挨拶にて中島は、「本日はお足元の悪い中ありがとうございます。楽しんでいってください。」と挨拶。

キャスト陣が撮影前に中島から演技レッスンを受けていたという話題があがり、「撮影の前に一か月ほど定期的な演技レッスンをしていたのですが、そのレッスンをもとに各々の良いところを脚本に加えていきました。そうしたことでキャラクターに厚みが加わりました。」と振り返った。

同作については、「今回は実在したデザイナーさんのお話がもとになっていまして、高嶋政伸さんをはじめとした、俳優さんたちの素晴らしい演技によって物語の奥行や面白さが出たと思います。」と語った。

そして最後に、「この映画はアパレル業界と服作りについて描いた作品ですが、日本の経済や文化、働くということについての課題を描いている側面もあります。僕たち日本の経済や文化、人の好いところをこういう風にできたらより良く楽しい世界になるのではないかという理想を込めて、「アパレル・デザイナー」に出てくるチームを描いたつもりです。ぜひこの映画を応援していただけると嬉しいです。」とメッセージを送った。

なお、この日は7'nSによる主題歌などのパフォーマンスと、同作の為に製作された衣装で映画本編では4分程度となっているファッションショーがライブで全て披露された。

監督作品・映画『アパレル・デザイナー』は、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか全国順次公開中!
ぜひ劇場でお楽しみください。

■公式サイト
http://apparel-designer.tokyo/

(敬称略)
  • はてなブックマーク

MOVIE

中島良 監督作品・映画『アパレル・デザイナー』公開記念舞台挨拶!

中島良監督作品・映画『アパレル・デザイナー』が1/10(金)公開初日を迎え、翌11日(土)にユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて行われた舞台挨拶に中島が登壇した。

同作は、老舗アパレルの復活に掛けた生き様にフォーカスしながらも、MADE in JAPANに拘るモノ作りのスピリットと、世界のファッション界のモノ作りの真髄に深く切り込み、熱き日本のファッション界の戦いを斬新に描いた物語。
個を活かしてチームで達成するという日本らしいモノ作りのプロセスと、若いクリエイターが競い合いながらも認め合って奏でるファッションというメロディに加え、経営者が抱えるシリアスな経営哲学と、生まれ変わる為に必要な挑戦をする経営スピリットという、今の日本の経営者に必要なエッセンスをさりげなく注いだヒューマンストーリーとなっている。

老舗アパレルのHIRAKATAは、かつては国内屈指のアパレルメーカーだった。だが、世界的に進んだカジュアル化の波やファストファッション、ロードサイド型の時流に乗れず、経営状態は陥落し苦境に追い込まれていた。社長の平形圭佑(西村まさ彦)と弟で専務の平形祐輔(前川泰之)は意見が対立していたが、祐輔は会社を復活させるために、10年前社長とぶつかって退社した元社員の藤村雄二(高嶋政伸)に白羽の矢を立て、彼の協力で新ブランドを立ち上げようとする。破天荒で個性的なデザイナーとして知られた藤村は、町で見かけた若きパタンナーの加世田京子(堀田茜)をスカウトし、HIRAKATAのアシスタントデザイナーの吉野清太(飯島寛騎)ら4人のスタッフとPRESSのエキスパート・片岡(高島礼子)、そして服作りで最も重要なファクターである、ヒール職人・岸本ゆり子(西村美柚)を迎えて新たなファッションを生み出そうとするが・・・

上映前に行われた舞台挨拶にて中島は、「本日は来てくださってありがとうございます。皆さんにとって新年最初の映画だと嬉しいです。今日は楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

主人公・藤村雄二を演じた高嶋政伸さんについて、「初めてお会いしたときに“読み合わせをやろう”と仰って、その時間が勝負のときだと思いましたし、そのときに映画のひとつの形が見えてきました。」と話した。

読み合わせのときにイメージした映画の全体像は、撮影が終わるまで変わらずに達成できたか?と問われ、「(撮影をしていく中で)また新しい要素を積み重ねていきました。今回の作品は、本当にあったアパレル会社のストーリーを土台とした真実の物語から作られているので、そこも加わって良い作品になったのではないかと思います。」と振り返った。

また、公開を迎えた心境については、「インターネットでもいろいろな感想をいただきまして、やはり観る世代によって様々な見え方がある作品だと感じました。藤村雄二という人間を中心とした服を作るチームの話でもあるので、若い世代の方とベテランの方がそれぞれ抱く感想が日本の会社組織やチームというものに反映しているのだと思います。」と持論を交えて語った。

続いて、2020年の抱負を聞かれ、「この映画の中で、前川泰之さんが演じている副社長が主張していることが僕のやりたいことや抱負だと思っています。これから変化の時代が来るということで頑張っていきたいです。」と答えた。

最後に、「本日はありがとうございました。映画が公開してすごく嬉しいのですが、一抹の寂しい思いも抱いています。映画というのはセミみたいなもので、長い準備期間があって、生まれてきてから短い間で鳴いて命を終えるメディアだと思っています。 この映画の土台となっているアパレル会社で働かれていたデザイナーさんの実話があって、その方はもう亡くなられているのですが、その方の思いを引き継いだ上で今回の映画があります。そこに素晴らしい俳優の皆さんがキャラクターに命を吹き込んでくださって、そういった思いが結実した作品です。いまはネットなどでも映画を観られますので、いつでも観ることができると思われるかもしれませんが、映画は映画館でしか感じられないものがあり、一期一会の出会いだと思いますので、それを感じながら観ていただけると嬉しいです。皆さん、映画「アパレル・デザイナー」をどうぞよろしくお願いします。」とメッセージを送った。

監督作品・映画『アパレル・デザイナー』は、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか全国順次公開中!
ぜひ劇場でお楽しみください。

■公式サイト
http://apparel-designer.tokyo/

(敬称略)
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
1983年生まれ。山梨県出身。映画監督。

2007年、長編自主映画『俺たちの世界』が第29回ぴあフィルムフェスティバルにて審査員特別賞を含む3賞を受賞し、バンクーバー国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭など海外の映画祭多数に招待され、2008年ニューヨーク・アジア映画祭で最優秀新人賞を受賞。
2009年『RISE UP』にて商業映画デビュー。
オリジナル脚本(入江信吾との共著)「静かなひと」が2009年サンダンス・NHK国際映像作家賞のファイナリストに選出される。
主な監督作品として、『RISE UP』(2009)、『スイッチを押すとき』(2011)、『俺たちの明日』(2013)、『サムライ・ロック』(2015)、『なつやすみの巨匠』(2015)、『兄友』(2018)などがあり、最新作映画『アパレル・デザイナー』(2020年1月10日(金)公開)が公開待機中。

【Movie】
◆『アパレル・デザイナー』(2020年1月10日(金)公開)
◆『兄友』(2018)
◆『なつやすみの巨匠』(2015)
◆『サムライ・ロック』(2015)
◆『俺たちの明日』(2013)
◆『ウミスズめし』(2012)
◆『SHINSEN5』(2012)
◆『スイッチを押すとき』(2011)
◆『RISE UP』(2009)
◆『俺たちの世界』(2007)

【Drama】
◆日本台湾合作ドラマ「忘れる前に想い出してほしい」(2017)
◆BSジャパン「人形佐七捕物帳」(2016)※内2話分担当
◆フジテレビCS「OLカナのおじさん観察日記」(2013)※全5話担当
◆BS12「カウンターのふたり」(2012)※内5話分担当
◆BS朝日「青空の卵」(2012)※全9話担当
◆BS朝日「Fallen Angel」(2012)※全9話担当

【Web】
◆「恋活マンBKACK」(2016)※内8話分担当

【TVCM・広告ムービー】
◆福岡県移住促進CM「福岡こどもカメラ」(2017)

【Music Video】
◆竹内唯人「CINDERELLA」(2019)
◆TEE「片方の未来」(2019)
◆スタメンKiDS「スタメンパイレーツ」(2018)
◆Honey L Days「涙のように好きと言えたら」(2013)
◆hinaco「帰り道ダイアリー」(2011)

【DVD】
◆「アジアの微笑み」(2010)
◆「僕たちの地球ロード in オーストラリア」(2010)
◆飛鳥凛「and friend」(2010)

【Award】
◆第22回京都国際子ども映画祭/グランプリ(映画「なつやすみの巨匠」)
◆氷見絆国際映画祭2013/優秀作品賞(映画「ウミスズめし」)
◆衛星放送協会オリジナル番組賞2013(BS12「カウンターのふたり」)
◆ATP賞テレビグランプリ2012/ドラマ部門奨励賞(BS12「カウンターのふたり」)
◆フランスkinotayo映画祭/入選(映画「スイッチを押すとき」)
◆第43回ヒューストン国際映画祭/長編映画部門GOLD REMI(映画「RISE UP」)
◆第7回ニューヨーク・アジア映画祭/最優秀新人作品賞(映画「俺たちの世界」)
◆第29回ぴあフィルムフェスティバル/審査員特別賞(映画「俺たちの世界」)

pagetop

page top