shadow
ナカジマリョウ

中島良

ニュースNEWS

MOVIE

中島良 監督作品・映画『兄友』初日舞台挨拶!

中島良監督作品・映画『兄友』が、5/26(土)公開初日を迎え、品川プリンスT・ジョイにて行われた舞台挨拶に中島が登壇した。

累計部数80万部を超える人気コミックス「兄友」(白泉社刊『花とゆめ』にて連載中)が待望の実写映画化。
イケメンなのに恋愛にオクテな男子高校生・西野壮太(横浜流星)と、恋に興味なしの所帯じみた女子高校生・七瀬まい(松風理咲さん)との壁越しつつ抜けラブ・ストーリーが描かれる。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した中島は、「皆さん、本日はお越しいただきましてありがとうございます。精一杯作った作品なので、たくさんの人に観ていただけてとても光栄です。最後まで楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

本作の見どころについて、「この作品の裏キャラの犬を観てほしいです。福山さんのシーンで犬の米粒を取るというシーンがあるんですけど、そこで犬が良い角度に顔をふわっと曲げて、いろいろな声のパターンを作って最終的に“フガッ”みたいな声をあてています。(キャストの)皆と犬とのコラボレーションに注目してほしいです。」と語った。

さらにこの日は、横浜へのサプライズとして、監督・共演者からメッセージ入り色紙のプレゼントが贈られた。中島は、『世界へ飛び出せ!』という言葉を贈り、「これから世界中にファンが付くと思います。キャストの皆にとってもそうですが、海外の作品にも出てほしいです。今ここにいるお客さんに対しても言いたいのですが、自分の可能性を広げていってほしいなと思います。」とエールを送った。

最後に「公開期間は短い作品ですけれども、このキャスト・スタッフでしか作れない唯一無二の作品になっています。そして映画にもメッセージを込めています。それは恋愛をすることにおいて、上手くするというよりも、不器用でかっこ悪くてもいいから、お互い正直な気持ちで向き合えばいいということです。このメッセージを届けるためには皆さんの応援が必要です。これからもどうぞよろしくお願いします。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

監督作品・映画『兄友』は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
イケメンなのに女子に超奥手な西野壮太(横浜流星)は、ある日、ドSな友人・七瀬雪紘(古川毅)の自宅で妹・まい(松風理咲)と出会いドキドキ!西野は思わず「妹さん…可愛いな」と雪紘に伝えてしまう。ところがこの兄妹の部屋は壁が薄くて、その会話はまいの部屋につつ抜け!!イマドキの恋愛ができない素朴なまいは、兄たちの会話で不思議な気持ちを初体験。そして何とか自分の気持ちを伝える壮太とまいは付き合うことに。。。ところが、恋愛にウブすぎる2人の仲は、なかなか進展しない。これって、本当に付き合ってるの?!妹・秋(小野花梨)がアルバイトをする犬カフェ「Happy Dogs」のオーナー橘萩之介(福山潤)に、恋愛講座を受ける壮太。名前を呼ぶのはどうすればいい?デートの場所は?初めての恋愛にとまどうばかりの壮太だったが、そんなある日、壮太の従弟・加賀樹(松岡広大)も、まいを好きになってしまい、壮太にまさかの宣戦布告で三角関係勃発?!果たして、この二人のウブ・ストーリーの結末は?!
(敬称略)
  • はてなブックマーク

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2018」開催日決定!ショートフィルム応募受付終了間近!

スターダストに所属する映画監督らによるイベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2018」を9月23日(日・祝)渋谷ユーロライブにて開催することが決定した。

第二回となる今年は、所属監督8名(三木孝浩・月川翔・瀬田なつき・落合賢・Yuki Saito・金井純一・猪俣ユキ・中島良)の作品上映と、若手監督発掘のために広く一般から短編作品を募集するショートフィルムコンペティションを行う。

■上映作品
三木孝浩は、映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016/出演:福士蒼汰、小松菜奈)。原作は2014年8月に文庫書き下ろしで刊行され160万部を突破した七月隆文による同名小説。切ない運命を背負った二人のたった30日間の奇跡の恋を描く、涙なしでは見ることのできない純愛映画となっている。
月川翔は、映画『君の膵臓をたべたい』(2017/出演:浜辺美波、北村匠海)。刺激的なタイトルからは想像も出来ない物語と展開に、若い女性層を中心に“泣ける小説”として口コミが広がり、瞬く間にベストセラーになった住野よるによる同名小説の映像化。主演の浜辺美波・北村匠海は第41回日本アカデミー賞新人賞を受賞するなど、今大活躍の二人の瑞々しい演技にも注目の作品。長編上映後には、監督×ゲストによるティーチインも実施。
また、現在放送中のドラマ「声ガール!」のメイン監督を務める瀬田なつき、先日発表したベトナム映画『パパとムスメの7日間』を控える落合賢、異色のドラマ「おっさんずラブ」が話題になっているYuki Saito、ほかにも、金井純一、猪俣ユキ、映画『兄友』の公開が5月26日(土)に控え、新たにSTARDUST DIRECTORSに加わった中島良らの短編作品の上映&ティーチインも。ここでしか聞けない監督あるある話や制作秘話が飛び交う可能性も!

■ショートフィルムコンペティション開催
厳正なる審査を経て絞り込まれた上位5作品を「STARDUST DIRECTORS film fes. 2018」で上映し、第一線で活躍する映画プロデューサーや脚本家を審査員として招き、1名のグランプリ受賞者を選出。
グランプリ受賞者には<STARDUST賞>として、スターダスト全面バックアップのもと、ショートフィルム&ミュージックビデオを監督するチャンスが与えられる。

【イベント概要】
開催日時:2018年9月23日(日・祝)
場所:ユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階)
上映作品:『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』、『君の膵臓をたべたい』他
ショートフィルムコンペティション応募受付期間:2018年4月1日(日)~5月31日(木)
詳しくは「STARDUST DIRECTORS film fes. 2018」オフィシャルサイトへ
http://www.stardust-directors.jp/sdff2018
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
1983年生まれ。山梨県出身。映画監督。

2007年、長編自主映画『俺たちの世界』が第29回ぴあフィルムフェスティバルにて審査員特別賞を含む3賞を受賞し、バンクーバー国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭など海外の映画祭多数に招待され、2008年ニューヨーク・アジア映画祭で最優秀新人賞を受賞。
2009年『RISE UP』にて商業映画デビュー。
オリジナル脚本(入江信吾との共著)「静かなひと」が2009年サンダンス・NHK国際映像作家賞のファイナリストに選出される。
主な監督作品として、『RISE UP』(2009)、『スイッチを押すとき』(2011)、『俺たちの明日』(2013)、『サムライ・ロック』(2015)、『なつやすみの巨匠』(2015)などがあり、最新作映画『兄友』(2018年5月26日公開)が公開待機中。

【Movie】
◆『兄友』(2018年5月26日公開)
◆『なつやすみの巨匠』(2015)
◆『サムライ・ロック』(2015)
◆『俺たちの明日』(2013)
◆『ウミスズめし』(2012)
◆『SHINSEN5』(2012)
◆『スイッチを押すとき』(2011)
◆『RISE UP』(2009)
◆『俺たちの世界』(2007)

【Drama】
◆日本台湾合作ドラマ「忘れる前に想い出してほしい」(2017)
◆BSジャパン「人形佐七捕物帳」(2016)※内2話分担当
◆フジテレビCS「OLカナのおじさん観察日記」(2013)※全5話担当
◆BS12「カウンターのふたり」(2012)※内5話分担当
◆BS朝日「青空の卵」(2012)※全9話担当
◆BS朝日「Fallen Angel」(2012)※全9話担当
【Web】
◆「恋活マンBKACK」(2016)※内8話分担当

【TVCM・広告ムービー】
◆福岡県移住促進CM「福岡こどもカメラ」(2017)

【Music Video】
◆Honey L Days「涙のように好きと言えたら」(2013)
◆hinaco「帰り道ダイアリー」(2011)

【DVD】
◆「アジアの微笑み」(2010)
◆「僕たちの地球ロード in オーストラリア」(2010)
◆飛鳥凛「and friend」(2010)

【Others】
◆NHKテレビドラマ「火花」宣伝番組(2017)
◆MBSテレビドラマ「最高のオヤコ」宣伝番組(2016)

【Award】
◆第22回京都国際子ども映画祭/グランプリ(映画「なつやすみの巨匠」)
◆氷見絆国際映画祭2013/優秀作品賞(映画「ウミスズめし」)
◆衛星放送協会オリジナル番組賞2013(BS12「カウンターのふたり」)
◆ATP賞テレビグランプリ2012/ドラマ部門奨励賞(BS12「カウンターのふたり」)
◆フランスkinotayo映画祭/入選(映画「スイッチを押すとき」)
◆第43回ヒューストン国際映画祭/長編映画部門GOLD REMI(映画「RISE UP」)
◆第7回ニューヨーク・アジア映画祭/最優秀新人作品賞(映画「俺たちの世界」)
◆第29回ぴあフィルムフェスティバル/審査員特別賞(映画「俺たちの世界」)

pagetop

page top