shadow
ナカジマリョウ

中島良

ニュースNEWS

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes.2019」全上映作品が決定&チケット先行申込受付本日スタート!

スターダストに所属する映画監督らによるイベン「STARDUST DIRECTORS film fes.2019」9月22日(日)渋谷ユーロライブにて開催にあたり、全上映作品タイトルとチケット先行申込情報が発表となった。

上映作品は、懐かしい作品や、ここでしか見られない作品など監督の個性溢れる作品がラインナップされているほか、イベントでは、監督によるティーチインも実施予定。お客さんからの質疑応答を設ける予定となっており、直接監督に質問OK!気になっていたシーンやセリフ、撮影当時の懐かしい話や、今だから話せる裏話が聞けるかも!?
また、第三回となる今年も、若手監督発掘のために広く一般から短編作品を募集するショートフィルムコンペティションを開催。グランプリ受賞者には<STARDUST賞>として、スターダストグループ全面バックアップのもと<ショートフィルム>と<ミュージックビデオ>の2作品を監督するチャンスが与えられることも決定しており、イベント当日まで目が離せない。

詳細は「STARDUST DIRECTORS film fes. 2019」オフィシャルサイトでご確認いただき、ぜひご来場ください!

<上映作品>
○三木孝浩:映画『坂道のアポロン』
○月川翔:映画『響 -HIBIKI-』
○落合賢:『SWAN SONG』
○Yuki Saito:『あのときのFlavor...』
○中島良:『RISE UP』
<STARDUST DIRECTORS film fes. 2018 グランプリ作品>
<STARDUST DIRECTORS film fes. 2019賞>受賞5作品

<チケット先行申込情報>
受付期間:2019年7月26日(金)18:00~8月4日(日)23:59
詳細はこちら:http://www.stardust-directors.jp/sdff2019

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2019」オフィシャルサイト
http://www.stardust-directors.jp/sdff2019
  • はてなブックマーク

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2019」開催決定!

スターダストに所属する映画監督らによるイベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2019」を、9月22日(日)渋谷ユーロライブにて開催することが決定した。

2017年からスタートし3年連続となる今年は、所属監督の作品上映はもちろん、昨年に続き若手監督発掘のために一般から短編作品を募集するショートフィルムコンペティションを継続して行う。


■上映作品
三木孝浩は、2018年に公開された映画『坂道のアポロン』。原作は人気漫画家・小玉ユキによる同名コミックで、知念侑李、中川大志、小松菜奈と、人気・実力を兼ね備えたフレッシュなキャストが揃い、オール九州ロケで雄大な自然を背景に温かくも切ない青春模様が描かれている。ジャズに魅了された高校生3人の友情と恋、運命を変える出会いを描いた感動必至の青春映画である。
また、月川翔が監督した映画『響 -HIBIKI-』の上映も決定。「マンガ大賞2017」大賞を受賞した柳本光晴の原作を待望の映画化。主人公・響を演じたのは映画初出演にして初主演の欅坂46・平手友梨奈。その他、北川景子、小栗旬、高嶋政伸、柳楽優弥といった俳優陣が出演している。主人公である15歳の天才女子高生小説家の圧倒的な才能が、周囲の人々に計り知れない影響を与え彼らの価値観を変えていく。心の葛藤を描いた人間ドラマが交錯する衝撃作である。
さらに、『坂道のアポロン』に出演している中川大志、『響 -HIBIKI-』で主演を務めた平手友梨奈は第42回日本アカデミー賞では新人賞を受賞。そんな2人の演技も必見だ。
そして、上映後には、毎年恒例監督×豪華ゲストによるティーチインも実施予定。
豪華ゲストは完全シークレットで、当日ご来場のお客様のみ知ることができるサプライズとなっている。ティーチインでは、準備の期間から、公開に至るまでの様々な思いやエピソードを振り返る。お客様からの質問にも答え、ここでしか聞けない裏話が飛び出すこと間違いなし!他上映作品の発表もお楽しみに!

■ショートフィルムコンペティション開催
30分以内の短編作品を募集し、審査員の厳正なる審査により上位4作品を決定。上位4作品は<STARDUST DIRECTORS film fes. 2019賞>としてイベント内でスクリーンにて上映される。
さらにその中から、当日の審査員・ご来場のお客様の評点でグランプリ作品を選出し、グランプリに選ばれた若手監督には<STARDUST賞>として、スターダストグループ全面バックアップのもと<ショートフィルム>と<ミュージックビデオ>の2作品を監督するチャンスが与えられる。

【イベント概要】
開催日時:2019年9月22日(日)
場所:ユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階)
上映作品: 『坂道のアポロン』、『響 -HIBIKI-』、他
ショートフィルムコンペティション応募受付期間:2019年4月1日(月)~6月14日(金)
詳しくは「STARDUST DIRECTORS film fes. 2019」オフィシャルサイトへ
http://www.stardust-directors.jp/sdff2019

(敬称略)
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
1983年生まれ。山梨県出身。映画監督。

2007年、長編自主映画『俺たちの世界』が第29回ぴあフィルムフェスティバルにて審査員特別賞を含む3賞を受賞し、バンクーバー国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭など海外の映画祭多数に招待され、2008年ニューヨーク・アジア映画祭で最優秀新人賞を受賞。
2009年『RISE UP』にて商業映画デビュー。
オリジナル脚本(入江信吾との共著)「静かなひと」が2009年サンダンス・NHK国際映像作家賞のファイナリストに選出される。
主な監督作品として、『RISE UP』(2009)、『スイッチを押すとき』(2011)、『俺たちの明日』(2013)、『サムライ・ロック』(2015)、『なつやすみの巨匠』(2015)などがあり、最新作映画『兄友』(2018年5月26日公開)が公開待機中。

【Movie】
◆『兄友』(2018年5月26日公開)
◆『なつやすみの巨匠』(2015)
◆『サムライ・ロック』(2015)
◆『俺たちの明日』(2013)
◆『ウミスズめし』(2012)
◆『SHINSEN5』(2012)
◆『スイッチを押すとき』(2011)
◆『RISE UP』(2009)
◆『俺たちの世界』(2007)

【Drama】
◆日本台湾合作ドラマ「忘れる前に想い出してほしい」(2017)
◆BSジャパン「人形佐七捕物帳」(2016)※内2話分担当
◆フジテレビCS「OLカナのおじさん観察日記」(2013)※全5話担当
◆BS12「カウンターのふたり」(2012)※内5話分担当
◆BS朝日「青空の卵」(2012)※全9話担当
◆BS朝日「Fallen Angel」(2012)※全9話担当
【Web】
◆「恋活マンBKACK」(2016)※内8話分担当

【TVCM・広告ムービー】
◆福岡県移住促進CM「福岡こどもカメラ」(2017)

【Music Video】
◆Honey L Days「涙のように好きと言えたら」(2013)
◆hinaco「帰り道ダイアリー」(2011)

【DVD】
◆「アジアの微笑み」(2010)
◆「僕たちの地球ロード in オーストラリア」(2010)
◆飛鳥凛「and friend」(2010)

【Others】
◆NHKテレビドラマ「火花」宣伝番組(2017)
◆MBSテレビドラマ「最高のオヤコ」宣伝番組(2016)

【Award】
◆第22回京都国際子ども映画祭/グランプリ(映画「なつやすみの巨匠」)
◆氷見絆国際映画祭2013/優秀作品賞(映画「ウミスズめし」)
◆衛星放送協会オリジナル番組賞2013(BS12「カウンターのふたり」)
◆ATP賞テレビグランプリ2012/ドラマ部門奨励賞(BS12「カウンターのふたり」)
◆フランスkinotayo映画祭/入選(映画「スイッチを押すとき」)
◆第43回ヒューストン国際映画祭/長編映画部門GOLD REMI(映画「RISE UP」)
◆第7回ニューヨーク・アジア映画祭/最優秀新人作品賞(映画「俺たちの世界」)
◆第29回ぴあフィルムフェスティバル/審査員特別賞(映画「俺たちの世界」)

pagetop

page top