shadow
サイトウリョウゾウ

斎藤糧三

メディアMEDIA

INFORMATION

■最新情報は「SDM」公式HPをご覧ください。

SDMオフィシャルサイト
SDMオフィシャルサイト

SCHEDULE

【テレビ】
ゲンキの時間
教訓のススメ
金スマ
侃々諤々
アカルイミライ

【雑誌】
RAY
日経ヘルス
GQ
壮快
MYAGE
クロワッサン
マガジンハウスムック
東京カレンダー
GQ
女性セブン
女性セブン
フライデー
GINZA

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
医師

クリントン元大統領も取り入れた!
次世代型医療「機能性医学」の第一人者

1999年日本医科大学医学部卒業。日本産婦人科学会認定医取得後、アンチエイジング医に。
東京のアンチエイジングクリニックを複数プロデュースする。
遅延型フードアレルギー検査をいち早く導入し、腸内環境の再生によってアレルギーなどの慢性疾患を根治に導く次世代型医療、機能性医学を日本に紹介し、また日本人として初めて認定医になる。
花粉症の重症化にビタミンD欠乏が関与していることを日本で初めに見いだした事でも知られる。抗加齢研究は順天堂大学院白澤卓二教授、臨床医学は乳房再建のパイオニア南雲吉則先生に師事する。2013年に白澤教授と「食で日本を健康にします!」をモットーに日本ファンクショナルダイエット協会を設立し、機能性医学とケトジェニックダイエットの正しい啓蒙と普及に尽力している。近年は、低アレルギーで脂肪酸のバランスが良いタンパク質源としての牧草飼育牛の普及啓蒙、ココナッツオイル健康法の普及啓蒙で、雑誌テレビの露出が多い。
得意分野は、栄養療法、アレルギーの根本治療はもとより、ケトジェニックダイエット指導、アンチエイジング点滴、副腎疲労症候群の背景となるストレスのマネジメント、更年期症候群の治療、水素を用いた治療、幹細胞を使った再生治療、アスリートの栄養管理、など多岐にわたる。
「日本中の誰もが機能性医学の恩恵をうけられるように、究極のカップヌードルを作る。」が口癖。趣味はモータスポーツで、2013年第81回モンテカルロラリーにスバルインプレッサで完走し賞金2500ユーロを獲得。大の肉好き。


「慢性病を根本から治す「機能性医学」の考え方」




「糖質制限+肉食でケトン体回路を回し健康的に痩せる!ケトジェニックダイエット」




「スーパーフード事典 BEST50」

pagetop

page top