shadow
サクラシメジ

さくらしめじ

ニュースNEWS

LIVE

満員のファンの声援と、突然のゲストロボット出現にビックリ感無量!!さくらしめじ結成3年目、3歳のバースデーはライブハウスでのワンマンライブ!

2014年6月14日。田中雅功と髙田彪我が出会い、フォークデュオを結成した。当時はまだユニット名はなく、「ガク&ヒョウガ」としてのスタートだった。あれから3年。2017年の同じ日=さくらしめじ3歳のバースデーに、彼らは下北沢GARDENのステージに立った。

 この日を待ちわびていたのは、もちろん彼らだけではない。会場にはきのこりあん(さくらしめじのファンの総称)が所狭しと埋め尽くすなか、「みなさん、こんにちはー! さくらしめじです!!」と元気よくステージに飛び出したさくらしめじは1曲目に「せきがえのかみさま」を選んだ。手拍子に後押しされ、雅功と彪我が何度もニッコリ顔を見合わせる軽快なポップソングだが、同じクラスにいる想いを寄せる女の子への片思いがちょっぴり切なくて歯がゆくて、瑞々しいラブソング。この曲を2ndシングルとしてリリースしたときはちょうど2年前。ふたりは中学2年生だった。

 新曲を交えてライブは弾き語りを中心に進みながら、「かぜいろのめろでぃー」や「いーでぃーえむ」など、オケと一緒に演奏する場面も。気持ちをゆったり温めてくれるピースフルなナンバーも、気分爽快なアップナンバーも、さくらしめじらしさが満載! ちょっとしたMCのしゃべり始めや、曲タイトルコール、曲終わりの「ありがとうございます!」のピタリとハモる声は、結成間もない頃から少しも変わっていない。ただ、演奏中、自分のパートに集中しながらも互いの音と声にしっかり寄り添い、微妙な揺れを感じとってアプローチされるバランスのいいギターワークとコーラスは、3年間演奏し続けてきた成長の証だ。

 今でこそ家族のように互いを知り尽くしているふたりは、3年前に結成記念イベントで初めて披露した思い出のカバー曲「明日への扉」(I WiSH)の弾き語りなどで、その抜群のコンビネーションを演奏に滲ませる。ここで、うっとり聴き入ったり、手拍子で応戦するオーディエンスに大発表が。8月23日に、さくらしめじとして5枚目のニュー・シングル「あやまリズム」のリリースをアナウンスし、このステージでイチ早く生演奏……ところが!! なんと完全サプライズでTBSテレビのアニメ『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド機動救急警察』の救急ロボ、ソニックがステージに登場したのだ! しかも7月より当アニメのエンディングテーマに「あやまリズム」が大抜擢というから、ふたりはさらなる喜びで開いた口が塞がらないほど驚いている。この後、もちろんソニックも加わり「あやまリズム」のパフォーマンスで観客を大いに盛り上げた。

 結成から3年間という月日のなかで、嬉しいときも悔しいときも、不安なことも楽しいことも、いつだってちょうど半分ずつ、共有しながら一緒に歩いてきた。近しい存在なだけに、そんなふたりにも、なかなか面と向かっては言いにくい言葉もあったかもしれない。それが「ごめん」と「ありがとう」。

「ひとりでも多くの人を笑顔にできるように頑張ります!」(田中雅功)
「夢である、さいたまスーパーアリーナ・ワンマンライブに向かって1歩ずつ進んでいきます!」(髙田彪我)

 彼らがどんなときも夢を追い続けていられるのは、互いへの尊敬と感謝を持ち続けて、そして信頼が厚いから。きっとふたりで話したいことは、まだまだたくさんあるのかもしれない。でも今日は多くを語らず、ただ最後に「さんきゅう」という、さくらしめじになって初めてのオリジナル曲を歌っただけで、雅功と彪我の胸の内に少し触れられた気がする。さくらしめじはまだ3歳。彼らが心の中で描く未来の地図は、この先も果てなく希望に満ちているはずだ。


〜今後の予定〜
●8月23日 5thシングル「あやまリズム」リリース。
TBSテレビ『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド機動救急警察』7月エンディングテーマ(毎週土曜あさ7時放送)

●日本各地のライブハウスを約1年かけて巡る「菌育in the 家(はうす)」が7月8日(土)HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3よりスタート


▼さくらしめじオフィシャルサイト
http://sakurashimeji.com/
  • はてなブックマーク

LIVE

春爛漫!高校生になったさくらしめじ初のワンマンライブは見どころいっぱいの華やかステージ!

 この春、晴れて高校生になったばかりのフォークデュオ、さくらしめじが待望のワンマンライブ『春しめじのeat shun』を4月23日(日)に東京ドームシティーホールで開催した。3月にリリースした1stミニアルバム『さくら〆じ』発売のかなり前からアナウンスされていたこの日を、今か今かと田中雅功と髙田彪我が心待ちにしていたライブだ。

 ブルーとホワイトの爽やかな衣装でさくらとしめじは登場。1曲目は「ふうせんはなび」。出だしからスピード感と勢いが要となる難しい1曲だが、ダイナミックなフルバンドに支えられた2人は、新しい未来に堂々と踏み込んだ喜びを讃えるように、晴れやかな表情をしていた。

「みなさん、こんばんは! 僕が高校生になった15歳の雅功で〜す」(田中雅功)
「同じく、高校生になった髙田彪我で〜す。よろしくお願いします!」(髙田彪我)

 一歩ずつ、そして着実に大人へと歩む2人からのエールソング「かぜいろのめろでぃー」、少しの希望を抱きながらも卒業式前夜の切ない心境を綴った「ゆめがさめたら」という、春ソングを2曲続けたあとに、なんと! 2人して新しい相棒ができたことを紹介。雅功はギブソンJ-45(愛称:おこげさん)、彪我はタカミネ700シリーズ(愛称:タカダぱふぱふ)というニュー・ギターだ。新入りの愛機と共に「ギターも新しくなったことだし、僕たちももう1歩前に進もうと思い、1人ずつ曲を作ってきました!」と、彪我は2人のおっちょこちょいエピソードを綴った「ポンコツデリシャスロード」、雅功は勉強しなければいけない時に限って他に熱中してしまう学生あるある「勉強をしたいのに?」という、それぞれ個性あふれるナンバーを弾き語りで初披露! 彼らがソロでステージに立つのは初めてのことで、会場を埋めつくすきのこりあん(ファンの総称)たちも大感激。引き続き、2人だけの弾き語りで「はじまるきせつ」など3曲のオリジナル曲を演奏。そこにバンドメンバーを呼び戻すと、さらにさくらしめじとしての新曲を披露して観客を喜ばせた。1stミニアルバムの製作から数ヵ月で、ここまで意欲的にレベルアップを図っていたとは!

 その勢いはみるみる増幅していき、ライブ後半もバンドと一緒にダンサブルでファンクな「いーでぃーえむ」、卵のおもちゃを配り歩いたり、メンバー全員でニワトリのかぶり物で盛り上げた「てぃーけーじー」、そして、さらに新曲2曲などを加えて、ライブのボルテージは最高潮に。東京ドームシティーホールを春とは思えないような熱気に包みこんでしまう気勢が今のさくらしめじにはある。本編ラストの「ひだりむね」で会場いっぱいに舞った無数の花びらは、そんな2人を祝福し、希望あふれる未来に送り出しているように見えた。

「楽しかった〜!! こんな一瞬をこれからもどんどん積み重ねて、大きなまつたけになります! 高校生のさくらしめじもよろしくお願いします」(田中雅功)
「高校生になって一発目に、こんなライブができて本当に良かったです。みなさんの左胸に想いを届けられるよう、これからも頑張ります!」(髙田彪我)

 6月14日には結成記念イベント『しめたん-さくらしめじが生まれた日-』、夏からは月1回のペースで全国のライブハウスを回る『菌育in the 家(ハウス)』、9月3日にはワンマンライブ『菌育in the 家 スペシャル!』を行うことをファンへサプライズアナウンス。『春しめじのeat shun』が終わってしまうのは名残惜しいけれど、この後もトピックスをたくさん抱え、充実感に満ちた表情のさくらしめじは、温かいアンコールに迎えられ、この日の最後に「みちくさこうしんきょく」を真心込めて歌い上げた。“晴れわたる空もぬかるんだ道も いつでも どこでも すべてを楽しむんだ”。速すぎず、遅すぎず、高校生になった彼らは、さくらしめじらしいテンポで一瞬一瞬を噛みしめながらこれからも共に歩んでいく。果てなく広がる未来は、さぁここからだ。


【ライブ情報】
くらしめじの結成日イベント開催!!
【しめたん -さくらしめじが生まれた日-】

2017年6月14日(水) 下北沢GARDEN (東京都)
開場18:00 / 開演18:30

[公演に関するお問合せ]
SOGO TOKYO
03-3405-9999 (月-土 12:00~13:00/16:00~19:00

■席種・料金
オールスタンディング 3,900円(税込)
※3歳以上チケット必要
※別途ドリンク代500円必要
※整理番号付


1年をかけて月に1回、日本各地のライブハウスでライブを行っていく
「菌育 in the 家(はうす)」の開催も決定!!


【菌育 in the 家(はうす)】
2017年7月8日(土)
HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3 (埼玉県)
開場17:00 / 開演17:30
[公演に関するお問い合わせ]
SOGO TOKYO 03-3405-9999(月-土 12:00~13:00/16:00~19:00)

2017年8月6日(日)
CLUB RIVERST (新潟県)
開場16:30 / 開演17:00
[公演に関するお問い合わせ]
CLUB RIVERST 025-250-0430
2017年9月10日(日)
仙台darwin (宮城県)
開場16:30 / 開演17:00
[公演に関するお問い合わせ]
ニュース・プロモーション 022-266-7555(平日11:00~18:00)

2017年10月9日(月・祝)
高松DIME (香川県)
開場16:30 / 開演17:00
[公演に関するお問い合わせ]
DUKE 高松 087-822-2520

2017年11月25日(土)
HIROSHIMA BACK BEAT (広島県)
開場17:00 / 開演17:30
[公演に関するお問い合わせ]
キャンディープロモーション 082-249-8334(平日 11:00~18:30)

■席種・料金
全自由 4,040円(税込)
※3歳以上チケット必要
※別途ドリンク代500円必要
※整理番号付


【菌育 in the 家(はうす)スペシャル!】
2017年9月3日(日)
渋谷 CLUB QUATTRO(東京都)
開場16:45 / 開演17:30
[公演に関するお問い合わせ]
SOGO TOKYO 03-3405-9999(月-土 12:00~13:00/16:00~19:00)

■席種・料金
全自由 5,500円(税込)
※3歳以上チケット必要
※別途ドリンク代500円必要
※整理番号付
  • はてなブックマーク

ディスコグラフィーDISCOGRAPHY

※ディスコグラフィーは準備中です。

pagetop

page top