shadow
タキウチ クミ

瀧内公美

メディアMEDIA

MOVIE

「彼女の人生は間違いじゃない」
第22回釜山国際映画祭 招待作品(2017)
2017/07/15(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開
監督:廣木隆一
配給:ギャガ
※主演・金沢みゆき役
公式サイト

「ブルーハーツが聴こえる 人にやさしく」
2017/04/08(土)全国公開
監督:下山天
配給:日活/ティ・ジョイ
公式サイト


「闇金ウシジマくん Part3」
2016/09/22(木・祝)全国公開
※美緒 役
監督:山口雅俊
配給:東宝映像事業部=SDP
公式サイト

音楽×映画コラボ映画祭「MOOSIC LAB 2016」参加作品
「夜、逃げる」
2016年8月下旬より東京・K’s cinemaほかにて順次公開
※主演 高木萌乃 役
脚本・監督:山田佳奈
音楽:yonige

「日本で一番悪い奴ら」
2016/06/25(土)全国公開
※廣田敏子 役
監督:白石和彌
配給:東映・日活
公式サイト

「ソレダケ / that's it」
2015/05/27(水)シネマート新宿より全国順次ロードショー
※咲夜 役
監督:石井岳龍
公式サイト

「グレイトフルデッド」
ファンタスティック・フェスト(米)招待作品(2013)
第21回レインダンス映画祭(英)招待作品(2013)
アンリアル映画祭(米)招待作品(2013)
第10回香港アジア映画祭 招待作品(2013)
ゆうばり国際映画祭特別招待枠作品(2014)
2014/11/01(土)より新宿ミラノほか全国順次ロードショー
※主演 冴島ナミ 役
監督:内田英治
配給:アークエンタテインメント
公式サイト

TV

「#セルおつ」 
ABC朝日放送
2017/05/13(土)25:59~26:29
※第3話
※カーリー役

「ラブホの上野さん」
フジテレビ
2017/01/25(水)第2話


オトナの土ドラ「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」
フジテレビ
2017年10月~12月
※橘絵里加 役
公式サイト

CM

「日本HP」
2017/10/15~

大日本除虫菊株式会社「金鳥・蚊取り線香」
2016/04/01~
公式サイト

WEB

三重県PR動画
感動系移住MOVIE「ミエタカラ」
公式サイト

ニュースNEWS

MOVIE

瀧内公美 主演映画「彼女の人生は間違いじゃない」初日舞台挨拶!

瀧内公美主演映画「彼女の人生は間違いじゃない」の初日舞台挨拶が、7/15(土)ヒューマントラストシネマ渋谷にて行われ、監督・共演者らと共に瀧内が登壇した。

同作でメガホンをとるのは、『さよなら歌舞伎町』、『ヴァイブレータ』など、自分の居場所を探し求める大人たちの衝突や愛を、時に鋭く時に温かく描いてきた廣木隆一監督。どうしても描きたかったという自身の処女小説の映画化であり、文芸作品の映像化に定評がある廣木監督の真骨頂ともいえる新作映画だ。
物語の舞台は、震災から5 年後の、廣木監督の出身地福島。週末、渋谷でデリヘルのアルバイトを終えたみゆきは、平日の生活に戻るため高速バスに乗る。父と二人で暮らす、福島の仮設住宅に帰るために。渋谷と福島、ふたつの都市を行き来する日々に彼女が求めたものとは─?

上映前舞台挨拶にて瀧内は、自身が演じるみゆきについて「前に進む力があるというか、自分の居場所とか失ったものを補うくらいの力があるというか、彼女の強さのおかげで私は立つことができました。すごく素敵な女性だなと思っています。」とコメント。

演じる上で苦労したことを聞かれると、「自分の経験したことない事ばかりですし、実際に震災は起きたことなので自分なりの思いもありますし、廣木監督が描いたことを表現しなきゃいけないことは難しかったです。廣木監督はじめここにいる皆さんとスタッフの皆さんが助けてくださって、何とか(演じ)終わったなという感じでした。」と振り返った。

廣木監督の印象については、「廣木監督のことをみんな恐いと言うんですけど、自分の生きてきた全てが出るというか、ちゃんとそれが出るまで待ってくれる優しさもありますし、脚本自体もそうですけど温かさを感じます。そんな監督に出会ったことが今まで無かったので、今までの否定ではないですけど、新しい場所を見せてもらったなと思っています。」と語った。

タイトルにちなんで自身の「○○は間違いじゃない」をフリップに書いて発表する一幕も。「この仕事を選んだことは間違いじゃない」と書いた瀧内は、「真面目ですみません(笑)。この仕事をやっていなければ出会えなかった方も沢山いますし、お世話になった人たちに作品を通して自分の成長を見せることができるってこの仕事ならではだと思っています。」
と笑顔で話した。

最後は、「ここにいるキャストと廣木監督とみんなで福島に行って、思いを込めて作りました。どういう風に皆さんに届くか分からないですし、否定されることもあるが、この映画は全てを肯定してくれる映画です。ぜひ最後まで楽しんでいってください。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

瀧内公美主演映画「彼女の人生は間違いじゃない」は、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

MOVIE

瀧内公美 主演映画「彼女の人生は間違いじゃない」完成披露試写会!

瀧内公美主演映画「彼女の人生は間違いじゃない」完成披露試写会が、6/12(月)ヒューマントラストシネマ渋谷にて行われ、監督・共演者とともに瀧内が登壇した。

同作は、『さよなら歌舞伎町』、『ヴァイブレータ』など、自分の居場所を探し求める大人たちの衝突や愛を、時に鋭く時に温かく描いてきた廣木隆一監督による、自身の処女小説の映画化。

物語の舞台は、震災から5年後の、廣木監督の出身地福島。週末になると高速バスで福島から渋谷へ、デリヘルのアルバイトをしにいく主人公みゆき(瀧内)。ふたつの都市を行き来する日々に、みゆきが求めたものとは──? 
戻る場所もなく進む未来も見えない者たちは、もがきぶつかり合いながらも光を探し続ける。それは、今この時代を生きる私たちに共通する想いかもしれない。すべてのひとに幸あれと願わずにいられない、心に爪痕を残す至極の物語がここに誕生した。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した瀧内は、「はじめまして、瀧内公美です。今日晴れた日に、この作品を観ていただけることがとてもうれしいです。短い時間ですが、よろしくお願いします。」と挨拶。

今回の役はオーディションによって選ばれたといい、「オーディションで抜擢されて感じたことは、すごく難しい作品に挑むということでした。その頃、自分の力を何も信じていなかった時期に、廣木監督と出会って選んでもらえたので、とにかく監督に委ねて、演じ抜こうという気持ちがありました。」と当時を振り返った。

廣木組の現場については、「すごく厳しくて怖いと聞いていたんですけど、まなざしや言うこともすごく優しくて、監督といると自分のいらないものが全部取られていくんです。ありのままでいいよということを言葉としては言わないんですけど、その場に居ればいいよという雰囲気が、私にとってはすごく大きかったです。こういう場所に立つと、自分の見せ方や居方を考えてしまったり、思ったことが言えなかったりするんですけど、今は力が抜けて自分で居られます。それが廣木監督に学んだことだし、もらったことです。だから今日もすごく安心していられます。」と話した。

さらに役作りについて聞かれ、「実際にデリヘルをやられている方への取材や、福島に行って仮設住宅を訪れて感じたこと、そこでお話をさせていただいて自分が感じた思い、なんでそういうことを言うのかということを自分なりに考えました。廣木監督が最初本読みのときに私に言ったことが、一冊のノートに自分の考えたことや思いを書いてくださいということで、それは今でも私の宝物になっています。初日から悔しい思いもあったんですけど、そういう思いもずっと汲み取ってくださって、その場所に行ったら怖いとか、怯えそうになる気持ちもあるんですけど、スッと居させてくれるというか、周りに徐々にそういう空気にしていってもらいました。だから自分では何もしていないなという感じで、正直映画を観たときもそんなに自分には期待していなかったんですけど…。廣木組ってこういう組なんだなと思いました。」と語った。

主人公・みゆきが二つの顔を持った役柄であることにちなみ、『普段〇〇だと思われているけど、実は〇〇の顔がある』というテーマには、「写真だけを見ると、怖くて無口そうという印象があるみたいなんですけど、実際いろいろな人にお会いすると、すごくおしゃべりですね、明るいですね、と言われますね。」と明かし、笑顔を見せていた。

映画「彼女の人生は間違いじゃない」は、7/15(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

インタビューINTERVIEW

プロフィールPROFILE

MOVIE

2012年

05月

「エクソシストを探せ」
2012年

12月

スカパー!初オリジナルショートフィルム「消しゴム屋 3D」
◆ワールドフェスト・ヒューストン2013(アメリカ)グランドレミアワード(ショートフィルム)
◆アテネサイエンスフィクション&ファンタジー国際短編映画祭2013(ギリシャ)短編部門観客賞/ベストアイディア賞
◆アジア太平洋広告祭2013(タイ)New Director Lotus短編映画アワード
◆インデペンデントフィルムメイカーズショーケース2013(アメリカ)最優秀短編映画賞
2013年

06月

「さよなら渓谷」

07月

「牙狼外伝 桃幻の笛」

10月

Short Movie Crash「Crash #3!清水健太× DE DE MOUSE 『ノアの箱車』」
2014年

11月

「グレイトフルデッド」 ※主演
◆ファンタスティック・フェスト(米)招待作品2013年
◆第21回レインダンス映画祭(英)招待作品2013年
◆アンリアル映画祭(米)招待作品2013年
◆第10回香港アジア映画祭 招待作品2013年
◆ゆうばり国際映画祭特別招待枠作品2014年

12月

「横たわる彼女」
 
実写版「誘拐犯」/第1話「センス:ブレイク:スローリー」
2015年

04月

「BAR神風~誤魔化しドライブ~」

05月

「ソレダケ / that's it」
2016年

06月

「日本で一番悪い奴ら」

08月

「夜、逃げる」 ※主演

09月

「闇金ウシジマくん Part3」
2017年

04月

「ブルーハーツが聴こえる 人にやさしく」

07月

「彼女の人生は間違いじゃない」 ※主演

TV

2012年

06月

「超再現!ミステリー」笠井潔著「魔」(日本テレビ)

07月

「トッカン-特別国税徴収官」(日本テレビ) ※第1話

08月

「総合診療医ドクターG」ずっと熱が下がらない篇(NHK)
2013年

03月

「相棒11」(テレビ朝日) ※第19話

05月

「遺留捜査3」(テレビ朝日) ※第3話
2015年

06月

「美女と男子」(NHK) ※第9話~

08月

「ブスと野獣」(フジテレビ) ※第4話
2016年

02月

「ワカコ酒 season2」(BSジャパン) ※第8話

08月

「ゆるい」(TOKYO MX/サンテレビ) ※第5話

10月

「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」(フジテレビ)
(~12月)
2017年

01月

「ラブホの上野さん」(フジテレビ) ※第2話

05月

「#セルおつ」(ABC朝日放送) ※第3話

STAGE

2011年

12月

「女の平和」
2012年

04月

万本桜企画「青葉大学新聞部物語」

09月

「阿呆の鼻毛で蜻蛉をつなぐ」
2013年

06月

東京演者兄弟会 旗揚げ公演「オアシス~僕らのいるべき場所~」

DVD

2015年

05月

映画「BAR神風~誤魔化しドライブ」
(2015.05.27)

07月

映画「グレイトフルデッド」
(2015.07.03)
2016年

01月

映画「ソレダケ / that's it」
(2016.01.20)
2017年

03月

映画「闇金ウシジマくん Part3」
(2017.03.24)

CM

 
大日本除虫菊株式会社「金鳥・蚊取り線香」

PV

2012年

04月

ソナーポケット「月火水木金土日。~君に贈る歌~」
(2012.04.25)
2013年

04月

ナオト・インティライミ「恋する季節」
(2013.04.17)

12月

ハジ→「White Winter Love。」
(2013.12.04)
2014年

11月

THE ORAL CIGARETTES「嫌い」
(2014.11.12)

WEB

2012年

12月

「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」
#5-1「彼の好みを、ひとつも受け容れていない。」
 
三重県PR動画 感動系移住MOVIE「ミエタカラ」

OTHER

2013年

07月

映像作品「20世紀の事故」
※冨永昌敬監督、土田環ユニット映像作品

pagetop

page top