shadow
ツキカワ ショウ

月川翔

ニュースNEWS

MOVIE

月川翔 監督作品・映画『響 -HIBIKI-』初日舞台挨拶!

月川翔監督作品・映画『響 -HIBIKI-』初日舞台挨拶が9/14(金)TOHOシネマズ 日比谷にて行われ、月川が登壇した。

同作は、2014年より「ビッグコミックスペリオール」(小学館)にて連載開始と同時に人気が爆発し、「マンガ大賞2017」の大賞を受賞した柳本光晴さんによる大人気漫画「響~小説家になる方法~」の映画化。主人公は、低迷する文学界に突如として現れた一人の天才女子高生小説家・鮎喰(あくい)響(ひびき)。処女作で直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙を達成してしまうほどの才能に加え、何があっても自分の信念を曲げない姿勢で周りの常識や建前に囚われた人間たちに対して、彼らの価値観をも変えてしまうほど大きな影響を与えていく人間ドラマを描く。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した月川は、「撮影前はクランクインが出来ないかもしれないヒリヒリとした時間を過ごしていましたが、今日無事に公開初日を迎えられてとても嬉しく思っています。今日は最後までよろしくお願いします。」と挨拶。

公開を迎えての心境について、「早速感想をネットで検索して拝見していて、熱烈に支持して下さる方がいたり、逆に完全に拒絶反応を示している方もいて…。でも、ちゃんと楽しんでくれた方がいたのが良かったなと思っています。」とコメントした。

イベント中にはタイトルにかけて『最近、心“響”いたエピソード』を発表する一幕も。
『小栗旬の言葉』と書いた月川は、「僕が監督として所属している事務所の先輩で三木孝浩監督という方がいらっしゃって、よく青春を映画を撮られているのですが、僕の作風からよくポスト三木孝浩監督と言われることがあるんです。僕は全然嫌じゃないのですが、それを読んだ小栗旬が『翔やんはオンリーワンだろ!』って言ってくれたことが響きました。たまに家でその言葉を奥さんに小栗旬のモノマネで言ってもらったりして、自分を鼓舞しています(笑)。『響 -HIBIKI-』を観て下さった三木監督も『月川君のカラーを感じました。今までの月川作品で1番好きな映画です。』と連絡をくれて、小栗さんの言うオンリーワンになれたかなということで、これにしました。」と話した。

最後は、「この映画を作って良かったなと心底思っています。たくさんの方に届くことを願っています。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、締めくくった。

監督作品・映画『響 -HIBIKI-』は、全国東宝系にて公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【STORY】
スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。
そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』。
15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。
文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみとの出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。
しかし、響は、普通じゃない。彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。
世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。
響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。
一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。
  • はてなブックマーク

MOVIE

月川翔 監督作品・映画『響 -HIBIKI-』完成披露試写会!

月川翔監督作品・映画『響 -HIBIKI-』の完成披露試写会が8/28(火)TOHOシネマズ六本木にて行われ、月川が登壇した。

同作は、2014年より「ビッグコミックスペリオール」(小学館)にて連載開始と同時に人気が爆発し、「マンガ大賞2017」の大賞を受賞した柳本光晴さんによる大人気漫画「響~小説家になる方法~」の映画化。
圧倒的な才能を持ち、自分の感覚に正直に生きる15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響を軸に、周囲の人々の心の葛藤を描いた人間ドラマが交錯する。

スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。
そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』。
15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。
文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみとの出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。
しかし、響は、普通じゃない。彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。
世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。
響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。
一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。

上映前に行われた舞台挨拶にて月川は、「つい2週間ほど前に完成したばかりで、まだご覧いただいた方が極端に少ない作品ですので、観ていただいた方がどんな感想を抱くのかすごく楽しみにしています。今日は最後までよろしくお願いします。」とコメント。

主人公・鮎喰響を演じた平手友梨奈さんとクランクイン前に演技リハーサルを行ったとのことで、「お芝居を上手にしましょうということは一切なく、鮎喰響というキャラクターをとにかく掘り下げていきました。時には脚本にはないけれど原作にはあるから、やっぱりあったほうがいいのではないかという意見交換もでき、一緒に作っていけたと思います。」と当時を振り返った。

さらに、同作のキャッチフレーズが“この天才、ヤバい。”であることから、平手さんの“ここは凄い、ヤバい”と思ったところを聞かれ、「鮎喰響が本当に存在しているかのように、平手友梨奈として生きてきた彼女が、撮影期間中は鮎喰響として生きていた。演技をしてやろうという欲が一切なく、ただ本当に響というキャラクターとして存在していました。例えば僕が現場で迷ってしっくり来なかったことがあっても、返ってくるものが“確かに響だったらそうするな”と思う連続だったので、とても救われました。」と絶賛した。

そして最後に、「この作品にはとても思い入れがあります。「響」という作品と「平手友梨奈」という人に出会って、物作りに対する姿勢を正されたような気がします。誰に頼まれるでもなく映画を撮っていた頃を呼び覚まされて作ったような感覚があり、達成感を感じました。皆さんがどんな感想を持っていただけるのか、批判でも良いですし、なんでも受けますのでぜひ発信していただけると嬉しいです。楽しんでいってください。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「響 -HIBIKI-」は、9/14(金)公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

インタビューINTERVIEW

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
東京芸術大学大学院映像研究科 修了。在学中、黒沢清・北野武教授のもと「心」など4作品を監督。
ウォン・カーウァイ、ソフィア・コッポラらが審査員を務めた「LOUIS VUITTON Journeys Awards 2009」にて審査員グランプリ、また映画「グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~」では「Short Shorts Film Festival & Asia 2012」ミュージックShort部門シネマティックアワード・優秀賞を受賞。
映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」や、ドラマ「ダメな私に恋してください」、またキットカットのCM、ももいろクローバーZ、Every Little Thing、RADWIMPSなどのミュージックビデオ、ショートフィルムなど幅広いフィールドで活躍している。

<コメント>
「ストーリー性のある映像作品が得意です。15秒のCMから長編までの実績があります。事前によく相談し、オーダー以上のクオリティをいつも模索します。判断力と運の良さが取り柄です」

WORKS

 
【MOVIE】
◆「響-HIBIKI-」(2018年9月14日公開/平手友梨奈 アヤカ•ウィルソン 柳楽優弥 小栗旬 北川景子)
◆「センセイ君主」(2018年公開/竹内涼真 浜辺美波)
◆「となりの怪物くん」(2018年公開/菅田将暉 土屋太鳳)
◆「君の膵臓をたべたい」(2017年公開/浜辺美波 北村匠海)
◆「君と100回目の恋」(2017年/miwa 坂口健太郎)
◆「黒崎くんの言いなりになんてならない」(2016年/中島健人 小松菜奈 千葉雄大)
◆「この世で俺/僕だけ」(2015年/マキタスポーツ 池松壮亮 佐野史郎)
◆「ビタースウィート~オトナの交差点~」(2014年/本仮屋ユイカ ミッキーカーチス)
◆「ゴーストバンド」(2013年/マキタスポーツ 広瀬すず 片岡礼子)
◆「グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~」(2012年/松坂桃李 波瑠)
◆「携帯彼氏+(プラス)」(2012年)
◆「携帯彼女+(プラス)」(2012年)
◆「Cheerfu11y」(2011年)
◆「きっかけはYOU!」(2011年)

【SHORT MOVIE】
◆BEAMS「The perfect gift shop BEAMS」(2014年/ローラ)
◆UULA「3年ぶりに会った元カレの件」(2013年/田中圭 佐藤めぐみ)
◆Heather「Heather LOVE Short Movies」(2012年/大政絢 千葉雄大 本郷奏多 山﨑賢人)
◆ワコール「Salute」(2012年)
◆docomo「恋するアプリ」(2012年)
◆モバドラ「4×4」(2010年/忽那汐里 林遣都 染谷将太)
◆ルイヴィトン「The time walker with IDYLLE」(2010年/竹内結子)
◆ルイヴィトン「The time walker」(2009年/Louis Vuitton Journeys Awards審査員グランプリ受賞)

【TV DRAMA】
◆TBS「ダメな私に恋してください」5、7話(2016年/深田恭子 DEAN FUJIOKA)
◆MBS・TBS「るみちゃんの事象」(2015年/トミタ栞 真野恵里菜)Official site>>
◆TX「太鼓持ちの達人」4話~7話(2015年)
◆TX「みんな!エスパーだよ!」8、9話(2013年/染谷将太 夏帆 真野恵里菜)
◆BSジャパン「佐藤家の朝食、鈴木家の夕食」(2013年/山﨑賢人 小林涼子)
◆TX「D×TOWN ボクらが恋愛できない理由」(2012年/山田裕貴)

【CM】
◆Samantha Vega×映画『ひるなかの流星』
◆ネスレ「キットカット オトナの甘さ」
◆丸美屋「こだわり食感 ヒーローショー篇」
◆四国電力「大きな輪」(玉木宏)
◆ニューギン「戦国武将列伝 伊達政宗」

【MUSIC VIDEO】
◆TWICE「I Want You Back」「センセイ君主」×TWICEオリジナルMV
◆ももいろクローバーZ「泣いてもいいんだよ」父の日ver.
◆Every Little Thing「START」
◆RADWIMPS「携帯電話」
◆HKT48「泥のメトロノーム」
◆SKE48「愛のルール」
◆SPEED「指環」
◆TEE「電話で抱きしめて」
◆K「Brand New Day」
◆Rihwa「シュークリーム」
◆シクラメン「どんなに どんなに」
◆シクラメン「101」
◆奥華子「冬花火」
◆真野恵里菜「Next My Self」
◆吉川友「きっかけはYOU!」
◆KIDS「38.5℃」
◆FLOW「旅立ちグラフィティ」
◆Good Coming「君想う唄」
◆メロライド「ココニアル」
◆hinaco「101年後」
◆シナリオアート「フユウ」

【OTHER】
◆浜松全天周シアター「AGGRESSOR」
◆NHK Eテレ「Eテレ0655」おはようソング「電車で化粧はやめなはれ」(ブラックマヨネーズ・椿鬼奴・いとうあさこ)

pagetop

page top