shadow
ツキカワ ショウ

月川翔

ニュースNEWS

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」チケット一般販売スタート!

スターダストプロモーションのグループ会社に所属する映画監督7名の映画上映イベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」が、9/23(土)~24(日)の2日間に渡り、ユーロライブ(渋谷)にて開催。この度、新たにティーチインゲストやプレゼント企画が解禁となり一般チケット販売(先着)がスタート致しました!

上映イベントに登場するのは、大ヒット映画『僕等がいた』、『ホットロード』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などを手掛け、最新作『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10/28より公開)の公開をひかえている青春恋愛映画の名手・三木孝浩。今年は映画『君と100回目の恋』、『君の膵臓をたべたい』(大ヒット公開中)の話題作を立て続けに送り出している月川翔。今年4月より公開された最新作『PARKS パークス』が日本全国各地やタイ・台湾でいまもなお順次劇場公開中の瀬田なつき。ロサンゼルスを拠点に世界各国の映画祭を賑わせ、最新作ベトナム映画『サイゴンボディガード』が現地での興行成績で同時期に公開中だった『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』を超えて1位を記録し話題となった落合賢。どうぶつ救護本部「インスタントペット」やサンシャイン水族館「ペンギンナビ」でカンヌ国際広告祭3年連続受賞を達成するなどCM監督としても国内外で高い評価を受けるYuki Saito。ドキュメンタリー作品を得意とし、長編映画デビュー作品『ゆるせない、逢いたい』では、2013年釜山国際映画祭NewCurrents、香港アジア映画祭、モロッコマラケシュ映画祭、フランスウズール国際映画祭でコンペティション部門にノミネートされ、ウズール国際映画祭では観客賞を受賞した金井純一。国内外のファッションブランドを中心とした広告、MV、ドキュメンタリー映像の演出で活動する傍ら、雑誌コラムや映画レビューなども執筆し、現在2018年に制作予定の長編映画『Remain in Light』準備中で今後の活躍に期待が高まる猪俣ユキ。

イベントでは、各監督の長編・短編作品を上映。長編作品上映後には監督×ゲストによるティーチインを行い、来場者の皆様とのコミュニケーションをとりつつ、これまでの映画作品を振り返りながら当時の秘話を語ります。そして、ティーチインゲスト第一弾として、太田莉菜さん(×猪俣ユキ)、新山詩織さん(×Yuki Saito)の出演が決定!他ゲストも決定次第随時発表します。また各ティーチイン時に作品・監督関連のプレゼント企画も用意しております!ぜひ映画&監督&ゲストと過ごす2日間をお楽しみください!

【イベント概要】
■イベントタイトル:STARDUST DIRECTORS film fes. 2017
■開催日時:2017年9月23日(土)~24日(日) 各日開場10:15/開演10:30
■場所:ユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階)
■上映作品:
★day1:映画『陽だまりの彼女』、『太秦ライムライト』、『古都』、『ユモレスク~逆さまの蝶~』/短編『The time walker』、『5windows mountain mouth』、『転校生』、FUNKY MONKEY BABYS「明日へ」MV
★day2:映画『君と100回目の恋』、『PARKS パークス』、『ちょき』/短編『空色物語 ニケとかたつむり』、『井の中の蛙』、『しゃぶしゃぶスピリット』、『Melody』
※長編作品上映後、各監督×ゲストによるティーチイン、サイン会有り(会場にてパッケージをご購入の方へサイン会参加券を配布)。
※タイムスケジュールはオフィシャルサイトにて公開。
■チケット料金:
★day1チケット:4,000円(税込)※day1に上映する作品全てをご覧頂けます。
★day2チケット:3,000円(税込)※day2に上映する作品全てをご覧頂けます。
★三木孝浩チケット/月川翔チケット/瀬田なつきチケット/落合賢チケット/Yuki Saitoチケット/金井純一チケット/猪俣ユキチケット:各1,000円(税込)
■詳しくは「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」オフィシャルサイトへ
http://www.stardust-directors.jp/sdff2017
  • はてなブックマーク

MOVIE

月川翔 監督作品・映画『君の膵臓をたべたい』大ヒット御礼舞台挨拶&スペシャルイベント!

月川翔監督作品、映画『君の膵臓をたべたい』の大ヒット御礼舞台挨拶&スペシャルイベントが8/6(日)ららぽーと豊洲で行われ、月川が登壇した。

同作は、2016年本屋大賞第2位、2016年年間ベストセラーランキング単行本フィクション部門 1位、Yahoo!検索大賞2016小説部門賞を受賞、、累計発行部数180万部を突破(2017年7月時点)した同名ベストセラー小説の映画化。
「キミスイ」の愛称で若い世代を中心に人気で、膵臓の病を抱えた高校生・山内桜良と彼女の同級生【僕】を軸に、原作にはない12年後の<現在>と、桜良と一緒に過ごした学生時代の<過去>という、2つの時間軸を交差させながら、大切な人の死、過ごした時間、伝えたかった想いなど、時を経て届く言葉を超えた想いが綴られる。

高校生のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。
彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく―。
膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。
だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。
桜良の死から12年。
結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた―。
そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人―。

舞台挨拶にて月川は、「この夏、たくさんの話題作がある中で、この作品に足を運んでくださってとても嬉しく思っています。ぜひ今日も楽しんでいってください。」と挨拶。

周囲の反応を聞かれ、「毎日、目が充血するほどエゴサーチをしていると(笑)、良い感想をいっぱいいただいて安心して劇場に観に行きました。若い方からご年配の方まで、すすり泣きしてくださっているのを体感して、本当に嬉しく思いました。」と答えた。

その後、この夏、同作のキャンペーンで全国を駆け巡っていた浜辺さんと北村に“夏にしたいことは?”という質問が出され、映画のタイトルにかけ『○○と○○したい』という形で答えた2人。月川は2人の質問を見守っていたが、MCから“月川監督にも夏の思い出を聞きたいです”と言われ、「まだ夏らしいことはしていないですが、昨日、主題歌を歌っていただいたMr.Childrenさんのライブに匠海君と行かせていただきました。生で(主題歌の)『himawari』を聴いてとても感動しましたし、改めて『himawari』を作っていただいたことに感激しました。」と話した。

舞台挨拶後、会場を屋外に移し、スペシャルイベントが行われた。浜辺さんと北村、そして来場者にはシークレットで同作に出演した大友花恋さん、矢本悠馬さん、桜田通さん、そして森下大地さんも登壇。月川はこのことを知っていたが、浜辺さんと北村にはサプライズだったので、「どうやったら成立するのかなって。待機していたら声が聞こえてきてしまいそうなのに、車で待機だったとは。」と驚きの様子だった。

イベントの最後は、同作の主題歌『himawari』に合わせて花火が打ち上げられ、盛大に大ヒットを祝った。

映画『君の膵臓をたべたい』は現在、大ヒット公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

インタビューINTERVIEW

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
東京芸術大学大学院映像研究科 修了。在学中、黒沢清・北野武教授のもと「心」など4作品を監督。
ウォン・カーウァイ、ソフィア・コッポラらが審査員を務めた「LOUIS VUITTON Journeys Awards 2009」にて審査員グランプリ、また映画「グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~」では「Short Shorts Film Festival & Asia 2012」ミュージックShort部門シネマティックアワード・優秀賞を受賞。
映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」や、ドラマ「ダメな私に恋してください」、またキットカットのCM、ももいろクローバーZ、Every Little Thing、RADWIMPSなどのミュージックビデオ、ショートフィルムなど幅広いフィールドで活躍している。

<コメント>
「ストーリー性のある映像作品が得意です。15秒のCMから長編までの実績があります。事前によく相談し、オーダー以上のクオリティをいつも模索します。判断力と運の良さが取り柄です」

WORKS

 
【MOVIE】
◆「君の膵臓をたべたい」(2017年7月28日公開/浜辺美波・北村匠海)
◆「君と100回目の恋」(2017年/miwa・坂口健太郎)
◆「黒崎くんの言いなりになんてならない」(2016年/中島健人・小松菜奈・千葉雄大)
◆「この世で俺/僕だけ」(2015年/マキタスポーツ・池松壮亮・佐野史郎)
◆「ビタースウィート~オトナの交差点~」(2014年/本仮屋ユイカ・ミッキーカーチス)
◆「ゴーストバンド」(2013年/マキタスポーツ・広瀬すず・片岡礼子)
◆「グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~」(2012年/松坂桃李・波瑠)
◆「携帯彼氏+(プラス)」(2012年)
◆「携帯彼女+(プラス)」(2012年)
◆「Cheerfu11y」(2011年)
◆「きっかけはYOU!」(2011年)

【SHORT MOVIE】
◆BEAMS「The perfect gift shop BEAMS」(2014年/ローラ)
◆UULA「3年ぶりに会った元カレの件」(2013年/田中圭・佐藤めぐみ)
◆Heather「Heather LOVE Short Movies」(2012年/大政絢・千葉雄大・本郷奏多・山﨑賢人)
◆ワコール「Salute」(2012年)
◆docomo「恋するアプリ」(2012年)
◆モバドラ「4×4」(2010年/忽那汐里・林遣都・染谷将太)
◆ルイヴィトン「The time walker with IDYLLE」(2010年/竹内結子)
◆ルイヴィトン「The time walker」(2009年/Louis Vuitton Journeys Awards審査員グランプリ受賞)

【TV DRAMA】
◆TBS「ダメな私に恋してください」5、7話(2016年/深田恭子・DEAN FUJIOKA)
◆MBS・TBS「るみちゃんの事象」(2015年/トミタ栞・真野恵里菜)Official site>>
◆TX「太鼓持ちの達人」4話~7話(2015年)
◆TX「みんな!エスパーだよ!」8、9話(2013年/染谷将太・夏帆・真野恵里菜)
◆BSジャパン「佐藤家の朝食、鈴木家の夕食」(2013年/山﨑賢人・小林涼子)
◆TX「D×TOWN ボクらが恋愛できない理由」(2012年/山田裕貴)

【CM】
◆Samantha Vega×映画『ひるなかの流星』
◆ネスレ「キットカット オトナの甘さ」
◆丸美屋「こだわり食感 ヒーローショー篇」
◆四国電力「大きな輪」(玉木宏)
◆ニューギン「戦国武将列伝 伊達政宗」

【MUSIC VIDEO】
◆ももいろクローバーZ「泣いてもいいんだよ」父の日ver.
◆Every Little Thing「START」
◆RADWIMPS「携帯電話」
◆HKT48「泥のメトロノーム」
◆SKE48「愛のルール」
◆SPEED「指環」
◆TEE「電話で抱きしめて」
◆K「Brand New Day」
◆Rihwa「シュークリーム」
◆シクラメン「どんなに どんなに」
◆シクラメン「101」
◆奥華子「冬花火」
◆真野恵里菜「Next My Self」
◆吉川友「きっかけはYOU!」
◆KIDS「38.5℃」
◆FLOW「旅立ちグラフィティ」
◆Good Coming「君想う唄」
◆メロライド「ココニアル」
◆hinaco「101年後」
◆シナリオアート「フユウ」

【OTHER】
◆浜松全天周シアター「AGGRESSOR」
◆NHK Eテレ「Eテレ0655」おはようソング「電車で化粧はやめなはれ」(ブラックマヨネーズ・椿鬼奴・いとうあさこ)

pagetop

page top