shadow
ツキカワショウ

月川翔

ニュースNEWS

MOVIE

月川翔 監督作品『劇場版 そして、生きる』公開初日舞台挨拶!

月川翔監督作品『劇場版 そして、生きる』が9/27(金)公開初日を迎え、イオンシネマ みなとみらいで行われた舞台挨拶に月川が登壇した。

同作は、人間ドラマの名手・岡田惠和氏が紡ぐ究極のオリジナルヒューマンラブストーリーで、東北と東京を舞台に、過酷な運命を生きた2人の男女・瞳子と清隆、そして彼らと巡り合わせた人々の人生を描いた珠玉の感動作。
8/4(日)よりWOWOWプライムにて放送された『連続ドラマW そして、生きる』(全6話)を2時間の劇場版として再編集し、放送されなかった未公開シーンも盛り込み新たな作品として上映される。

上映後に行われた舞台挨拶にて月川は、「この作品に出会ってくださってありがとうございます。この映画はテレビドラマを再編集したもので、初めてご覧いただく方に向けてまずは編集をと思って作りました。もちろんテレビドラマを観ていただいた方にも、大きいスクリーンとこの劇場空間で俳優たちの息遣いや表情など繊細な表現を感じ取っていただけたらと思っていたので、今日こうして初日を迎えられたことがとても嬉しいです。」と挨拶。

全6話のドラマを2時間の劇場版に再編集するにあたってこだわった点について、「俳優たちのお芝居の間を削ってテンポアップするということはまずやめようと思いました。彼らの人生の断片を切り取って見せれば、これは全部こういうことになったに違いないと想像できるような、そういった豊かな造りにしていきたいと思い、編集をしていきました。撮影している段階からこれはすごいものが撮れているんじゃないかという感覚がありまして、その撮れたものの大半をそぎ落としていく作業だったので苦しかったのですが、結果すごく贅沢で濃密な映画ができたなと思いましたし、自分で言うものでもないですが、自分たちの仕事を褒めたいと思える作品ができました。」と語った。

そして最後に、「最初は公開される劇場も十数館くらいと言われていたのですが、初日に29館まで拡がってきて、いまも拡がりつつありますが、いわゆる大作のようにたくさんの宣伝を打っている作品ではないので本当に皆さんの口コミにかかっている映画です。良いと思ったら広めていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。」とメッセージを送った。

『劇場版 そして、生きる』は、イオンシネマ板橋、ヒューマントラストシネマ渋谷 他 全国公開中。
ぜひ劇場でご覧ください。

【STORY】
3歳のときに交通事故で両親を亡くした生田瞳子(有村架純)は、盛岡で理髪店を営む伯父に引き取られる。天真爛漫に育った瞳子は時に地元のアイドルとして活躍することもあり、いつしか女優を志すようになっていた。そして、19歳になった瞳子は、東京で開催されるオーディションに挑もうとするが、その前日の2011年3月11日、東日本大震災が起きる。その年の秋―、瞳子はカフェで一緒に働いている韓国人のハン(知英)とともに、気仙沼のボランティア活動に参加する。瞳子はそこで学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清水清隆(坂口健太郎)と出会う。穏やかで整然と現場を取り仕切る清隆だったが、瞳子はなぜか彼の微笑みに違和感を覚える。清隆自身もまた過酷な運命を背負っていることを、瞳子は知る由もなかった。そして気仙沼で一緒の時間を過ごした瞳子と清隆は、いつしか互いに特別な感情を抱いていくー。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2019」開催!

スターダストに所属する映画監督らによるイベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2019」が、9/22(日)渋谷ユーロライブにて開催された。

同イベントは、『フォルトゥナの瞳』監督の三木孝浩、『君は月夜に光り輝く』『そして、生きる』監督の月川翔をはじめとする、スターダストに所属する監督の作品上映およびショートフィルムコンペティション作品あわせて計11作品を上映し、サプライズゲストを招いてのティーチインを実施。

開会舞台挨拶では月川が司会進行をつとめ、「今年で3回目を迎えました。1回目はチケットが売れ残ったら自分たちで買い取りましょうかという話をしていたのですが(笑)、今年はすぐに売り切れたということで、本当にありがとうございます。スターダストに所属している監督の作品や、昨年から始まった短編のコンペティションに応募していただいた新人の監督さんの作品など、いろいろな作品に出会っていただけたら嬉しいです。」と挨拶。

第1部にて『坂道のアポロン』を上映した三木は、「音楽ものということで、やはりスクリーンの大音量で観るというのは気持ちがいいですね。中川(大志)くんのキャスティングは、プロデューサーから、ドラムをやったことがあるらしいという話を小耳にはさんで決めさせていただきました。最初、どれくらいできるか見てみましょうという話になって、(中川がドラムを叩いたところ)8ビートができるかなといった感じだったので、そこから練習をしていただきました。曲が決まるのがギリギリだったので、半年くらいは基礎練習をやっていましたね。また、ディーン(フジオカ)さんがジャズバーで歌唱するシーンは、ご本人も音楽をやられているので凄くノリノリでやっていただきました。事前にレコーディングしたものを流しながら撮影したのですが、ご本人が曲の雰囲気を意識しながら歌ってくれていました。」と撮影の裏話を明かした。

今年も、若手監督発掘のために広く一般から短編作品を募集するショートフィルムコンペティションを開催し、上位5作品をスクリーンで上映。審査に参加してくださったお客様と審査員による評点の結果、八重樫風雅監督による『灯台の子』が<STARDUST賞>に決定した。

その後、第2部にて『SWAN SONG』、『あのときのFlavor...』、『RISE UP』を上映。
落合賢は『SWAN SONG』制作の経緯について、「LDHさんと「SHORTSHORTS」さんがタッグを組んで7本の短編を作る『CINEMA FIGHTERS』という企画があり、楽曲をもとに1作品ずつ作っていくという形で僕もこの作品を制作させていただきました。ちょうど二年前くらいに岩ちゃん(岩田剛典さん)と桜庭(ななみ)さんと冬の寒い中長岡へ行って撮影しまして、街並みはCGでいろいろ合成しましたが、実際に雪の街の中で撮っていたので、毎日撮影が大変だったことを覚えています。」と笑顔で回想した。
『あのときのFlavor...』についてYuki Saitoは、「最初はショートショートフィルムフェスティバルで撮った作品が、ネスレさん主催のネスレアミューズ映画祭でグランプリを取らせていただいて、その副賞としてネスレさんのコーヒーを題材としたショートフィルムを撮るというのがスタートでした。作品としては、僕は映画監督を志して8年くらいアメリカで留学をしていたのですが、留学を終えて故郷の成田に降り立ったときの心境みたいなものをそのまま作品にすると恥ずかしいので、自分の思いを、ニューヨークのブロードウェイで女優を目指す役という形で芦名星さんに託して、物語を作っていったという感じです。“ハリウッドで監督やってたんでしょ。すごい”と友達から言われるけど、実際には“住んでいただけだし”みたいな(笑)。その複雑な悶々とした感情があのときは強かったので、そういう思いを詰め込みました。」と作品に込めた思いを語った。
中島良は『RISE UP』について、「石川県の白山市を舞台に映画を撮ってほしいというお話をいただいて、オリジナルでストーリーを書かせていただきました。現地にパラグライダー場がありまして、パラグライダーという要素と、目の見えない方が写真を撮るというストーリーを組み合わせています。実際にパラグライダーを体験しましたが、空酔いになりました(笑)。また、若いキャストは撮影がタイトだったのですが、空き時間に、(仲野)太賀くんが自分の携帯電話で映画を作るんだと言って、林(遣都)くんと山下(リオ)さんを主演にして別のストーリーを休み時間に撮っていましたね。」と当時を振り返った。
また、『RISE UP』の制作に、ティーチインにて司会進行を担当した瀬田なつきが関わっていたことが話題にあがった。瀬田はキャストが自主制作していた映画の存在を知っていたようで、「ホラー系でした。(DVDなどの)特典とかになるのかなと思っていましたが、特に入ってないですよね(笑)。編集した思い出はあります。」と明かしていた。

『響-HIBIKI-』を上映した月川は、「動物園で響が凛夏に“おかえり”と言うシーンは、平手(友梨奈)さんが上を向いた表情が良くて、あれは上を向いてくださいと言ったわけではなく、平手さんから出てきた芝居です。平手さんに全然瞬きもしていないしすごくよかったと話したら、“考えて演技をしていないから、わからない”と言っていてそのあとの演技がやりづらくなってしまったんですよ(笑)。その思い出のシーンですね。」と撮影を振り返り、「今日初めて『響-HIBIKI-』を観たという方がかなりいて、この映画祭をやってよかったなと思いました。この作品に興味を持っていない方とちゃんと出会えたことが嬉しいです。」と観客に向けてメッセージを送った。

そして最後に、閉会舞台挨拶にて三木は、「3回目ということで、お客さんとのコミュニケーションもどこか緊張する感じではなくて、リラックスして関係性を築けていると感じました。こういった大事な場をまた4回目、5回目と続けていきたいですし、そのためには僕らもより良い作品を作り続けていかなければいけないと思っています。この場所があるから、もっと頑張ろうと思える僕らにとって大切なイベントになりつつあると思っていますので、ぜひまた来年も開催できたら嬉しいです。また一緒に映画を楽しんでいただけたらと思います。今日はありがとうございました。」と感謝を述べ、イベントを締めくくった。
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
東京芸術大学大学院映像研究科 修了。在学中、黒沢清・北野武教授のもと『心』など4作品を監督。
ウォン・カーウァイ、ソフィア・コッポラらが審査員を務めた「LOUIS VUITTON Journeys Awards」にて審査員グランプリを受賞。『グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~』では「Short Shorts Film Festival & Asia」ミュージックShort部門シネマティックアワード・優秀賞を受賞。
2017年に公開された映画『君の膵臓をたべたい』は、第41回日本アカデミー賞優秀作品賞・話題賞を受賞した。
映画だけでなくドラマやMV、CMなど活躍の場を広げている。

<コメント>
「ストーリー性のある映像作品が得意です。15秒のCMから長編までの実績があります。事前によく相談し、オーダー以上のクオリティをいつも模索します。判断力と運の良さが取り柄です」

WORKS

 
【MOVIE】
◆「劇場版 そして、生きる」(2019年/有村架純、坂口健太郎)
◆「君は月夜に光り輝く」(2019年/永野芽郁 北村匠海)
◆「響-HIBIKI-」(2018年/平手友梨奈 アヤカ•ウィルソン 柳楽優弥 小栗旬 北川景子)
◆「センセイ君主」(2018年公開/竹内涼真 浜辺美波)
◆「となりの怪物くん」(2018年公開/菅田将暉 土屋太鳳)
◆「君の膵臓をたべたい」(2017年公開/浜辺美波 北村匠海)
◆「君と100回目の恋」(2017年/miwa 坂口健太郎)
◆「黒崎くんの言いなりになんてならない」(2016年/中島健人 小松菜奈 千葉雄大)
◆「この世で俺/僕だけ」(2015年/マキタスポーツ 池松壮亮 佐野史郎)
◆「ビタースウィート~オトナの交差点~」(2014年/本仮屋ユイカ ミッキーカーチス)
◆「ゴーストバンド」(2013年/マキタスポーツ 広瀬すず 片岡礼子)
◆「グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~」(2012年/松坂桃李 波瑠)
◆「携帯彼氏+(プラス)」(2012年)
◆「携帯彼女+(プラス)」(2012年)
◆「Cheerfu11y」(2011年)
◆「きっかけはYOU!」(2011年)

【SHORT MOVIE】
◆BEAMS「The perfect gift shop BEAMS」(2014年/ローラ)
◆UULA「3年ぶりに会った元カレの件」(2013年/田中圭 佐藤めぐみ)
◆Heather「Heather LOVE Short Movies」(2012年/大政絢 千葉雄大 本郷奏多 山﨑賢人)
◆ワコール「Salute」(2012年)
◆docomo「恋するアプリ」(2012年)
◆モバドラ「4×4」(2010年/忽那汐里 林遣都 染谷将太)
◆ルイヴィトン「The time walker with IDYLLE」(2010年/竹内結子)
◆ルイヴィトン「The time walker」(2009年/Louis Vuitton Journeys Awards審査員グランプリ受賞)

【TV DRAMA】
◆WOWOW 「連続ドラマW そして、生きる」(2019年/有村架純 坂口健太郎)
◆TBS「ダメな私に恋してください」5、7話(2016年/深田恭子 DEAN FUJIOKA)
◆MBS・TBS「るみちゃんの事象」(2015年/トミタ栞 真野恵里菜)Official site>>
◆TX「太鼓持ちの達人」4話~7話(2015年)
◆TX「みんな!エスパーだよ!」8、9話(2013年/染谷将太 夏帆 真野恵里菜)
◆BSジャパン「佐藤家の朝食、鈴木家の夕食」(2013年/山﨑賢人 小林涼子)
◆TX「D×TOWN ボクらが恋愛できない理由」(2012年/山田裕貴)

【CM】
◆カンロ「ピュレグミ×君月」タイアップCM
◆Samantha Vega×映画「ひるなかの流星」
◆ネスレ「キットカット オトナの甘さ」
◆丸美屋「こだわり食感 ヒーローショー篇」
◆四国電力「大きな輪」(玉木宏)
◆ニューギン「戦国武将列伝 伊達政宗」

【MUSIC VIDEO】
◆平手友梨奈「角を曲がる」
◆TWICE「I Want You Back」「センセイ君主」×TWICEオリジナルMV
◆ももいろクローバーZ「泣いてもいいんだよ」父の日ver.
◆Every Little Thing「START」
◆RADWIMPS「携帯電話」
◆HKT48「泥のメトロノーム」
◆SKE48「愛のルール」
◆SPEED「指環」
◆TEE「電話で抱きしめて」
◆K「Brand New Day」
◆Rihwa「シュークリーム」
◆シクラメン「どんなに どんなに」
◆シクラメン「101」
◆奥華子「冬花火」
◆真野恵里菜「Next My Self」
◆吉川友「きっかけはYOU!」
◆KIDS「38.5℃」
◆FLOW「旅立ちグラフィティ」
◆Good Coming「君想う唄」
◆メロライド「ココニアル」
◆hinaco「101年後」
◆シナリオアート「フユウ」

【OTHER】
◆浜松全天周シアター「AGGRESSOR」
◆NHK Eテレ「Eテレ0655」おはようソング「電車で化粧はやめなはれ」(ブラックマヨネーズ・椿鬼奴・いとうあさこ)

pagetop

page top