shadow
ツキカワ ショウ

月川翔

ニュースNEWS

MOVIE

月川翔 監督作品・映画『君の膵臓をたべたい』完成披露舞台挨拶!

月川翔監督作品、映画『君の膵臓をたべたい』の完成披露舞台挨拶が7/6(木)TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、キャストと共に月川が登壇した。

同作は、2016年本屋大賞第2位、2016年年間ベストセラーランキング単行本フィクション部門 1位、Yahoo!検索大賞2016小説部門賞を受賞、、累計発行部数180万部を突破(2017年7月時点)した同名ベストセラー小説の映画化。
「キミスイ」の愛称で若い世代を中心に人気で、膵臓の病を抱えた高校生・山内桜良と彼女の同級生【僕】を軸に、原作にはない12年後の<現在>と、桜良と一緒に過ごした学生時代の<過去>という、2つの時間軸を交差させながら、大切な人の死、過ごした時間、伝えたかった想いなど、時を経て届く言葉を超えた想いが綴られる。

高校生のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。
彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく―。
膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。
だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。
桜良の死から12年。
結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた―。
そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人―。

上映前舞台挨拶に登壇した月川は、「今日は貴重な時間を割いてお越しいただき、ありがとうございます。映画本編の素敵なキャストたちの生の姿をご堪能いただければと思います。宜しくお願いします。」と挨拶。

劇中で北村演じる【僕】と北川演じる恭子が桜良からの手紙を読むシーンがあるが、独特な撮影方法をとったそうで、「勝負になるシーンだと思っていたので、北村君にはあまり構えてそのシーンを迎えないように、極力その話を避けて現場を進めていました。内容も事前に見せずに本番で目にするように。北川さんも段取りまでは白紙の手紙を持っていただき、桜良の声も本番だけ聴かせますと。崩れ落ちてもカメラがきちんと追いますから、一回に懸けたいと相談して撮影をしました。北川さんは一発で素晴らしいお芝居をされて、モニターを見ながら泣いてしまい、カットがかけられませんでした。カットがかからないので北川さんがお芝居を続けてくれて、アドリブを一言足してくださったのですが、大友花恋ちゃんが演じていた12年前の恭子だったら確かにこういうセリフを言うだろうなという一言だったので、さらに胸をうたれました。」と振り返った。

監督作品・映画『君の膵臓をたべたい』は7/28(金)公開。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

MOVIE

月川翔 監督作品・映画『君と100回目の恋』大ヒット舞台挨拶!

月川翔監督作品・映画『君と100回目の恋』の大ヒット舞台挨拶が、2/12(日)TOHOシネマズ新宿にて行われ、キャストとともに月川が登壇した。

同作は、大学生の日向葵海(miwaさん)を事故から救うため、幼なじみの長谷川陸(坂口健太郎さん)がすべてをかけて何度もタイムリープする物語。監督・月川翔、脚本・大島里美さんが、海辺の街を舞台に、眩いばかりの青春の恋が織りなす光と、その光がうき彫りにする運命という名の影に立ち向かっていく二人を、繊細かつ鮮やかに紡ぎだす。

上映後舞台挨拶に登壇した月川は、映画大ヒットの報告を受け、「本当にこの1週間はエゴサーチばかりしていました(笑)。嬉しいです。何回もご覧になってくださった方もいて、大変感激しております。嬉しい感想をいっぱい拝見しております。今日は最後の舞台挨拶ですが、生で坂口健太郎とmiwaさんを堪能して帰っていただければと思います。」と語った。

監督作品・映画『君と100回目の恋』は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
彼女の運命を変えるため“100回人生”をささげようとした彼と、彼の“1回の未来”を守るため自分の運命を決めた彼女―。
7月31日、誕生日の夜。ライブがうまくいかず落ち込む葵海は事故にあってしまう。しかし、気が付くと葵海は教室にいた。日付は事故の1週間前―。動揺する葵海に、お互いに好きな想いをなかなか伝えられずにいるバンド仲間であり幼なじみの陸が言う。「秘密を教える。俺、時間を戻せる。」葵海の運命を変えるため、陸は時間を遡れるレコードを使い、何度も時を戻していたのだ。「運命を変えられた。葵海はもう死なない。絶対に」想いが通じ合った二人は、恋人として日々をやり直すため1年前に戻る。そして、あの事故の日に失敗したライブをやり直すため、特別なラブソングの製作にとりかかる二人。「お前がどれだけ先走って転びそうになっても、俺がもっと先にいて、お前のこと守るから。」しかし、周囲が羨むカップルとして幸せな日々を送る葵海と陸だったが、陸のタイムリープには葵海への一途な想いとともに重大な秘密が隠されていた―。「葵海のいない未来なんて、俺には意味がない」陸が自分の未来をかけて自分を愛していることを知る葵海に、再び7月31日がやってくる―。
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
東京芸術大学大学院映像研究科 修了。在学中、黒沢清・北野武教授のもと「心」など4作品を監督。
ウォン・カーウァイ、ソフィア・コッポラらが審査員を務めた「LOUIS VUITTON Journeys Awards 2009」にて審査員グランプリ、また映画「グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~」では「Short Shorts Film Festival & Asia 2012」ミュージックShort部門シネマティックアワード・優秀賞を受賞。
映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」や、ドラマ「ダメな私に恋してください」、またキットカットのCM、ももいろクローバーZ、Every Little Thing、RADWIMPSなどのミュージックビデオ、ショートフィルムなど幅広いフィールドで活躍している。

<コメント>
「ストーリー性のある映像作品が得意です。15秒のCMから長編までの実績があります。事前によく相談し、オーダー以上のクオリティをいつも模索します。判断力と運の良さが取り柄です」

WORKS

 
【MOVIE】
◆「君の膵臓をたべたい」(2017年7月28日公開/浜辺美波・北村匠海)
◆「君と100回目の恋」(2017年/miwa・坂口健太郎)
◆「黒崎くんの言いなりになんてならない」(2016年/中島健人・小松菜奈・千葉雄大)
◆「この世で俺/僕だけ」(2015年/マキタスポーツ・池松壮亮・佐野史郎)
◆「ビタースウィート~オトナの交差点~」(2014年/本仮屋ユイカ・ミッキーカーチス)
◆「ゴーストバンド」(2013年/マキタスポーツ・広瀬すず・片岡礼子)
◆「グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~」(2012年/松坂桃李・波瑠)
◆「携帯彼氏+(プラス)」(2012年)
◆「携帯彼女+(プラス)」(2012年)
◆「Cheerfu11y」(2011年)
◆「きっかけはYOU!」(2011年)

【SHORT MOVIE】
◆BEAMS「The perfect gift shop BEAMS」(2014年/ローラ)
◆UULA「3年ぶりに会った元カレの件」(2013年/田中圭・佐藤めぐみ)
◆Heather「Heather LOVE Short Movies」(2012年/大政絢・千葉雄大・本郷奏多・山﨑賢人)
◆ワコール「Salute」(2012年)
◆docomo「恋するアプリ」(2012年)
◆モバドラ「4×4」(2010年/忽那汐里・林遣都・染谷将太)
◆ルイヴィトン「The time walker with IDYLLE」(2010年/竹内結子)
◆ルイヴィトン「The time walker」(2009年/Louis Vuitton Journeys Awards審査員グランプリ受賞)

【TV DRAMA】
◆TBS「ダメな私に恋してください」5、7話(2016年/深田恭子・DEAN FUJIOKA)
◆MBS・TBS「るみちゃんの事象」(2015年/トミタ栞・真野恵里菜)Official site>>
◆TX「太鼓持ちの達人」4話~7話(2015年)
◆TX「みんな!エスパーだよ!」8、9話(2013年/染谷将太・夏帆・真野恵里菜)
◆BSジャパン「佐藤家の朝食、鈴木家の夕食」(2013年/山﨑賢人・小林涼子)
◆TX「D×TOWN ボクらが恋愛できない理由」(2012年/山田裕貴)

【CM】
◆Samantha Vega×映画『ひるなかの流星』
◆ネスレ「キットカット オトナの甘さ」
◆丸美屋「こだわり食感 ヒーローショー篇」
◆四国電力「大きな輪」(玉木宏)
◆ニューギン「戦国武将列伝 伊達政宗」

【MUSIC VIDEO】
◆ももいろクローバーZ「泣いてもいいんだよ」父の日ver.
◆Every Little Thing「START」
◆RADWIMPS「携帯電話」
◆HKT48「泥のメトロノーム」
◆SKE48「愛のルール」
◆SPEED「指環」
◆TEE「電話で抱きしめて」
◆K「Brand New Day」
◆Rihwa「シュークリーム」
◆シクラメン「どんなに どんなに」
◆シクラメン「101」
◆奥華子「冬花火」
◆真野恵里菜「Next My Self」
◆吉川友「きっかけはYOU!」
◆KIDS「38.5℃」
◆FLOW「旅立ちグラフィティ」
◆Good Coming「君想う唄」
◆メロライド「ココニアル」
◆hinaco「101年後」
◆シナリオアート「フユウ」

【OTHER】
◆浜松全天周シアター「AGGRESSOR」
◆NHK Eテレ「Eテレ0655」おはようソング「電車で化粧はやめなはれ」(ブラックマヨネーズ・椿鬼奴・いとうあさこ)

pagetop

page top