shadow
ウエヤマシュウイチロウ

植山周一郎

メディアMEDIA

SCHEDULE

著作
『サンドイッチ・ハイスクール』学習研究社 (1966)
『女王陛下が微笑むまで―英国ソニーのマーケティング最前線』グロビュー社 (1984/05)
『謀略(ザ・コンスピラシー)―盗まれたビデオディスク』勁文社 (1985/05)
『パリティの時代―ヒット商品の秘密』集英社 (1985/11)
『ソニー海外ビジネス最前線』講談社文庫 (1986/04)
『海外ビジネス実戦学』講談社 (1987/06)
『経済大国日本の懲りないビンボー人たち』TBSブリタニカ (1987/12)
『会社を頼るな自分を頼れ―逞しく爽快なT型人間になる法』ダイヤモンド社 (1987/02)
『H型人間輝く―まず自分がいて、それから社会だ!』ビジネス・アスキー (1990/06)
『パストラル』角川文庫 (1991/08)
『サラリーマン金太郎勝利学』集英社インターナショナル (2002/12)
『世界の一流から学んだ仕事の品格 ~次のステージに行くために必要なこと』クロスメディア・パブリッシング (2014/3/12)
『世界とつきあう心得 海外旅行からビジネスまで』CCCメディアハウス (2014/3/13)
『ビジネスで世界を相手にする人の英語 ネイティブの使うこなれたフレーズと相手・状況に応じた使い分け表現』(共著、クロスメディア・ランゲージ) (2015/10/14)

訳書
マーク・マコーマック『マコーマックのマンビジネス―ハーバードでは教えてくれない経営177則』集英社 (深田祐介と共訳、1985/02)
ジェイムズ・アベグレン,ジョージ,Jr. ストーク『カイシャ―次代を創るダイナミズム』講談社 (1986/06)
ジェローム・トッチリー『交渉の達人 トランプ―若きアメリカ不動産王の構想と決断』ダイヤモンド社 (1988/07)
マーク・マコーマック『弁護士社会アメリカの内幕―サクセス・ネゴシエイターはいかにして生まれるか』ダイヤモンド社 (1989/09)
マーク・マコーマック『マンビジネス―むしろ日本的センスが成功を呼んだアメリカ最前線ビジネスの内幕』集英社文庫(深田祐介と共訳、1989/12)
ジェイムズ・アベグレン,ジョージ,Jr. ストーク『カイシャ』講談社文庫 (1990/08)
ジョン・オドンネル『経営者失格―トランプ帝国はなぜ崩壊したのか』飛鳥新社 (1992/06)
クリストファー・ウッド『バブル・エコノミー 日本経済・衰退か再生か』共同通信社 (1992/09)
マーク・マコーマック『エグゼクティブ海外出張マニュアル』 幻冬舎 (1994/12)
リチャード・ブランソン『ヴァージン―僕は世界を変えていく』 阪急コミュニケーションズ (増補版2003/4/1)
ジャック・キャンフィールド『絶対に成功を呼ぶ25の法則 THE SUCCESS PRINCIPLES』 小学館 (2006/3/31)
リチャード・ブランソン『ヴァージン流-世界を変える非常識な仕事術 』エクスナレッジ (2009/5/27)
ジョン・オドンネル『D・トランプ 破廉恥な履歴書』飛鳥新社(2016/4/9)

テレビ
テレビ東京番組「ハローVIP」(企画・出演交渉・司会・字幕翻訳)
日経CNBC「VIP on Stage!」(企画・司会)、「VIPグリーンサロン」(企画・司会)
スカパー!「リーダーズ」(企画・司会)
テレビ東京特別番組「英国流クォリティオブライフ探訪」(企画・出演交渉・字幕翻訳司会)
テレビ東京特別番組「サッチャー元首相インタビューと香港返還」(企画・出演交渉・字幕翻訳・司会)

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
世界の著名人50人以上に英語、フランス語などで直接インタビューを行う。
日本人として唯一、ドラナルド・トランプ氏にもテレビインタビューを行っている。

略歴
一橋大学在学中に1年休学し西ドイツで出版社に勤務。
大学卒業後、1969年ソニーへ入社。英国ソニー販売部長、ソニー本社宣伝部次長等を歴任しウォークマンの世界的ブランディングに貢献。

その後1981年に35歳で独立して株式会社植山事務所を設立。
国際経営コンサルティング、著作、翻訳、公演、テレビコマーシャルの企画・制作と多くのテレビ番組の企画・司会などを手掛ける。
テレビ番組「ハローVIP」の司会者として世界の著名人50人に英語、フランス語などで直接インタビューを行う。

日本人として唯一、ドナルド・トランプ氏をテレビインタビューを行っている。

また、イギリス・ヴァージン・グループ顧問、第23代イギリス首相マーガレット・サッチャー日本代表などを歴任。

2013年から一橋大学非常勤講師としてグローバルビジネス論を英語で講義を行っている。

2013年4月17日に唯一日本の民間人として、サッチャー元首相の葬儀に夫妻で英国政府から招待される。

現在、藤井電工株式会社、読売IS、優成監査法人などの顧問として、グローバル人材研修と海外進出・提携などを手掛けている。

----------

メディアへご出演のご依頼は此方へご連絡下さい。
電話番号 03-5459-1439
mail nawa@s-d-m.jp

pagetop

page top