shadow
ユウキ サイトウ

Yuki Saito

ニュースNEWS

MOVIE

Yuki Saito 映画「古都」初日舞台挨拶!

Yuki Saito脚本・監督作品、映画「古都」の初日舞台挨拶が12/3(土)に新宿ピカデリーで行われ、松雪泰子はじめキャスト、主題歌を歌う新山詩織さんと共に登壇した。

同作は、“日本の美と精神”を表現することに生涯をかけ、日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した川端康成の傑作『古都』の現代版として、原作では描かれなかった大人になった主人公たちの物語を映像化。

舞台挨拶で、「新しい「古都」を撮りましたYuki Saitoです。過去に中村登監督、市川崑監督という偉大な大先輩が撮った映画ではあるのですが、『温故知新』の気持ちで自分なりに新しい視点で新しい「古都」を撮ったつもりです。今日、初日のみなさんに見ていただけることを光栄に思います。ありがとうございます。」と挨拶。

あえて現代版としてこだわった点について、「なぜ現代版かというと、先ほど言った『温故知新』というものありますが、川端先生が失われていく景色・京都を残しておこうという思いで書かれてから55年が経って、その間に受け継いできた人、守ってきた人にもきっと物語があるなと思ったのと、今の時代はクリック1つで世界中と繋がれるので、日本人も個々の時代になってきたと思っています。同時に家族の形が変わってきて、近所や地域の方との繋がりも希薄になってきているというところで、「古都」という小説の中には失うべきでない日本人の心というものが凝縮して詰まっている。世界の情勢も逆行して荒々しくなってきている中、お茶や、禅を通して自分自身を見つめ直すことが世界中が注目している日本が誇れる文化なのかなと思います。そういう伝統文化や精神がギュっと詰まったものを一度日本の外に出てきた自分がアウトサイダーとして現代版にすることで、次の世代にバトンタッチできる映画になったらと思い、そういうイメージで作りました。」と語った。

そして最後に、「制作するにあたり、昔の良い映画をたくさん観ました。今の映画は情報がたくさんあって、笑うところは笑うし、泣くところは泣くし、わりと受け身になる映画が多いかなと思うのですが、昔の映画は心情や情景、バックショットであったりというところで考えさせられるし、見て考えたものは一生消えないんだなと思って、そういう映画の形も復活させたいなと思いながら撮りました。こういう映画は口コミでジワジワ広がっていくかと思いますので、観たみなさんが良い、悪いどちらでもいいので、感じたものを伝えていただきたいです。楽しんで観てください。」とメッセージを送った。

映画「古都」は大ヒット公開中!
現代版「古都」をぜひ劇場でお楽しみください。
  • はてなブックマーク

MOVIE

Yuki Saito 映画「古都」京都プレミアイベント!

Yuki Saito脚本・監督作品、映画「古都」の京都プレミアイベントが11/16(水)ウェスティン都ホテル葵殿で行われ、Yuki Saitoが登壇した。

同作は、“日本の美と精神”を表現することに生涯をかけ、日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した川端康成の傑作『古都』の現代版として、原作では描かれなかった大人になった主人公たちの物語を映像化。

舞台は京都とパリ。京都室町に先祖代々続く佐田呉服店。店を継いだ日から20年、佐田千重子(松雪泰子)は、室町に生まれた宿命を娘の舞(橋本愛さん)に背負わせていいものか葛藤していた。大学生の舞は、就職すべきか、店を継ぐべきなのか迷っていた。一方、北山杉の里で林業を営む千重子の生き別れた双子の妹・中田苗子(松雪/二役)は、深刻な経営悪化に陥っていた。苗子の娘の結衣(成海璃子さん)は絵画を勉強するためパリに留学していたが、何を描きたいのかを見失い悩める日々を送っていた。それを感じとった苗子は結衣に会う為にパリ行きを決意する。舞も書道の先生がパリで開く個展へ同行する為にパリに向かう。母から娘へ受け継がれる伝統。京都の伝統に生きる家族の人生が今、交差しようとしていた―。

川端康成が執筆のために宿泊していたウェスティン都ホテルでのプレミアイベントには、同作のテーマでもある“ほんまもん”にこだわり、裏千家今日庵から本作でも使用されている貴重なお茶道具、本作に支援し本編にも出演している華道家元池坊次期家元池坊専好氏によるお華、書画家・小林芙蓉氏による本作の題字、五代・田畑喜八氏によるお着物、さらに松栄堂によるお香、お香道具、さらに京都の杉で制作された台座にはTEIJINによるシンクエコという最新技術で制作された浴衣が飾られた。厳かで真摯な空気が漂う中、横澤和也氏の石笛演奏が響き小林芙蓉氏が書のパフォーマンスで「縁」を書きあげた他、同作のエンディング曲となっている中島みゆきさんの名曲「糸」を新山詩織さんが伸びやかに歌い上げ会場の注目を集めた。

同作の脚本・監督を務めたYuki Saitoは、「京都にある伝統文化、美しさを映画にできたら…とずっと思っていました。川端康成財団の理事を務める川端香男里さんからは「古都」を自由に映像化していい、ただし川端康成の「美の精神」だけは、今の京都をしっかり描いて、受け継ぐようにといわれたので、作品に宿る魂みたいなものを描くために全てほんまもんにこだわりました。」と緊張感漂う面持ちながら力強く語った。

映画「古都」は11/26(土)京都にて先行公開後、12/3(土)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
高校卒業後に渡米し、本場ハリウッドで8年間映画を学ぶ。2006年に帰国後は、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ『バベル』など名匠のもとでハリウッドと日本の架け橋となる。2015年、短編映画『ゴッサム ジャンブル パフェ』でショートショートフィルムフェスティバル&アジア史上初となる4度目の「観客賞」を受賞後、世界各国20以上の映画祭で上映。また、農林水産省とコラボし日本食文化をテーマに制作された短編映画『しゃぶしゃぶスピリット』は、世界各国40以上の映画祭で上映され、アメリカのThe Indie FEST Film Awardsにて優秀賞を受賞するなど、活躍を世界に広げている。
 2012年には、被災地のペット達の救援活動をドキュメントした『インスタントペットハウス』がカンヌ国際広告祭「Direct部門」でシルバーとブロンズ、「Design部門」でもブロンズを受賞し、2013年、サンシャイン水族館『ペンギンナビ』がカンヌ国際広告祭「Mobile部門」でシルバーとブロンズを受賞。翌2014年にも同作が「Design部門」でゴールドを受賞し、3年連続のカンヌ受賞を達成するなど、CM監督としても国内外で高い評価を受ける。
 ドラマでは小学館ちゃおで大人気連載中『ドーリィ♪カノン』の実写ドラマ化、『BATTLE☆DISH//』(Tokyo MX)、『ソイカレ』(UULA)と次々話題作を手がけ、『ロボサン』(TX)ではVFXアニメーションと実写をコラボさせた新しい試みで話題を集め、第68回日本映画テレビ技術協会VFX部門映像技術賞を受賞。2016年4月クールに放送された「昼のセント酒」(TX)が話題を呼ぶ。
2016年秋には商業長編デビュー作として川端康成原作「古都」を現代版にアレンジし、松雪泰子(一人二役)を主演に迎え、橋本愛、成海璃子、伊原剛志、奥田瑛二など実力派俳優が出演し、原作の未来を描く映画『古都』の世界公開が控えている。

WORKS

 
【MOVIE】
「Matcha!!!」(2016年/葉山奨之)
「古都」(2016年/松雪泰子) Official site>>
「ゴッサム ジャンブル パフェ」(2015年/篠崎功希・加藤雅也) ショートショートフィルムフェスティバル2015観客賞
「しゃぶしゃぶスピリット」(2015/平田満、渡辺大) Official site>> ミラノ万博2015上映作品 Indie Fest Film Awards優秀賞
「あのときのFlavor...」(2014/芦名星、奥田瑛二、宮崎美子)
「胸にTATTOOなんかいれて」(2012/渡辺恵伶奈、鈴木砂羽)
ショートショートフィルムフェスティバル2013観客賞
「桐生人」(2012)
「Re:Play-Girls」(2010)
AI監督「Take Action」脚本・Associate Director(2009)
「カクレ鬼」(2008) ショートショートフィルムフェスティバル2009観客賞
「帽子屋さんのお客様」(2007)
「返り討ち」(2007)
「AMERICAN DEAL」(2005)

【DRAMA】
TX「昼のセント酒」(2016年/戸次重幸)Official site>>
UULA「ソイカレ」(2015)
TX「甲殻不動戦記ロボサン」(2014/私立恵比寿中学、甲本雅裕)
TokyoMX,BS11「BATTLE☆DISH//」(2014/DISH//)
DVD 小学館「ドーリィ♪カノン」(2013)

【CM】
ブルボン「ズルイよ、甘杉くん!」全8本
福屋不動産販売「東京ローカルプロモーション」 ブランデットムービー
NifMo by Nifty「轟満の先入観」 ブランデッドムービー
LIVEMAX「LIVEMAX」(2013)
バンダイ「スマトモ」(2013)
池袋サンシャイン水族館「ペンギンナビ」(2013)
どうぶつ救援本部「インスタントペットハウス」(2012)

【MUSIC VIDEO】
K「ハラボジの手紙」(2013)
Kanon「がんばれシンデレラ」(2013)
WAZZ UP「Be My Love」(2013)
香音「花粉デビルをやっつけろ!」(2013) Youtubeにて再生200万突破

【OTHER】
DISH// 2015.1.1 日本武道館ライブ 総合演出
DISH// 2014.5.11 日比谷野外音楽堂ライブ 総合演出

pagetop

page top