shadow
ユウキ サイトウ

Yuki Saito

ニュースNEWS

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」開催決定!

スターダストプロモーションのグループ会社に所属する映画監督7名の映画上映イベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」が、9/23(土)~24(日)の2日間に渡り、ユーロライブ(渋谷)にて開催することが決定した。

今回、上映イベントに登場するのは、映画『僕等がいた』、『ホットロード』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などを手掛け、最新作『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10/28より公開)の公開をひかえている青春恋愛映画の名手・三木孝浩。

今年は映画『君と100回目の恋』、『君の膵臓をたべたい』(7/28より公開)の話題作を立て続けに送り出している月川翔。

今年4月より公開された最新作『PARKS パークス』が日本全国各地やタイ・台湾でいまもなお順次劇場公開中の瀬田なつき。

ロサンゼルスを拠点に世界各国の映画祭を賑わせ、最新作ベトナム映画『サイゴンボディガード』が現地での興行成績で同時期に公開中だった『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』を超えて1位を記録し話題となった落合賢。

どうぶつ救護本部「インスタントペット」やサンシャイン水族館「ペンギンナビ」でカンヌ国際広告祭3年連続受賞を達成するなどCM監督としても国内外で高い評価を受けるYuki Saito。

ドキュメンタリー作品を得意とし、長編映画デビュー作品『ゆるせない、逢いたい』では、2013年釜山国際映画祭NewCurrents、香港アジア映画祭、モロッコマラケシュ映画祭、フランスウズール国際映画祭でコンペティション部門にノミネートされ、ウズール国際映画祭では観客賞を受賞した金井純一。

国内外のファッションブランドを中心とした広告、MV、ドキュメンタリー映像の演出で活動する傍ら、雑誌コラムや映画レビューなども執筆し、現在2018年に制作予定の長編映画『Remain in Light』準備中で今後の活躍に期待が高まる猪俣ユキ。

イベントでは、各監督の長編・短編作品を上映。長編作品上映後には監督×ゲストによるティーチインを行い、来場者の皆様とのコミュニケーションをとりつつ、これまでの映画作品を振り返りながら当時の秘話を語る。さらに会場ロビーでは監督らの代表作品のパッケージを販売。会場にてパッケージをご購入された方は、終演後の「サイン会」に参加できるという、めったにない監督とファンの皆様との交流が楽しめる企画も用意されている。

映画上映イベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」。7名の監督が集まるなんてめったにない、新たな映画イベントにご注目ください!

【三木孝浩 コメント】
映画は「出会い」です。
凹んでる時にたまたま観たB級コメディ映画に心救われたり
時間が空いてたから入った映画館で思いがけず人生最高の一本と出会えたり
映画と観客の関係において、タイミングも大事な要素の一つだったりします。
さて、ひょんなことから同じ事務所に集まった7人の映画監督。
好きな映画も作る映画のジャンルも違う僕たちが出会ってしまったことはきっとこれも何かの思し召し。
音楽フェスに好きなアーティスト目当てに行ったら思わぬメッケモノと出会えるように
映画もそんな風にヤミ鍋感覚で楽しむフェスがあってもいいんじゃないかと思います。
あなたにとっての掘り出し物の一本と出会えますように!

【イベント概要】
■イベントタイトル:STARDUST DIRECTORS film fes. 2017
■開催日時:2017年9月23日(土)~24日(日) 各日開場10:15/開演10:30
■場所:ユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階)
■上映作品:
★day1:映画『陽だまりの彼女』、『太秦ライムライト』、『古都』、『ユモレスク~逆さまの蝶~』/短編『The time walker』、『5windows mountain mouth』、『転校生』、FUNKY MONKEY BABYS「明日へ」MV
★day2:映画『君と100回目の恋』、『PARKS パークス』、『ちょき』/短編『空色物語 ニケとかたつむり』、『井の中の蛙』、『しゃぶしゃぶスピリット』、『Melody』
※長編作品上映後、各監督×ゲストによるティーチイン、サイン会有り(会場にてパッケージをご購入の方へサイン会参加券を配布)。
※タイムスケジュールはオフィシャルサイトにて公開。
■チケット料金:
★day1チケット:4,000円(税込)※day1に上映する作品全てをご覧頂けます。
★day2チケット:3,000円(税込)※day2に上映する作品全てをご覧頂けます。
★三木孝浩チケット/月川翔チケット/瀬田なつきチケット/落合賢チケット/Yuki Saitoチケット/金井純一チケット/猪俣ユキチケット:各1,000円(税込)
■チケット申込受付:7月27日(木)18:00~8月3日(木)23:59
■詳しくは「STARDUST DIRECTORS film fes. 2017」オフィシャルサイトへ
http://www.stardust-directors.jp/sdff2017
  • はてなブックマーク

MOVIE

Yuki Saito 映画「古都」初日舞台挨拶!

Yuki Saito脚本・監督作品、映画「古都」の初日舞台挨拶が12/3(土)に新宿ピカデリーで行われ、松雪泰子はじめキャスト、主題歌を歌う新山詩織さんと共に登壇した。

同作は、“日本の美と精神”を表現することに生涯をかけ、日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した川端康成の傑作『古都』の現代版として、原作では描かれなかった大人になった主人公たちの物語を映像化。

舞台挨拶で、「新しい「古都」を撮りましたYuki Saitoです。過去に中村登監督、市川崑監督という偉大な大先輩が撮った映画ではあるのですが、『温故知新』の気持ちで自分なりに新しい視点で新しい「古都」を撮ったつもりです。今日、初日のみなさんに見ていただけることを光栄に思います。ありがとうございます。」と挨拶。

あえて現代版としてこだわった点について、「なぜ現代版かというと、先ほど言った『温故知新』というものありますが、川端先生が失われていく景色・京都を残しておこうという思いで書かれてから55年が経って、その間に受け継いできた人、守ってきた人にもきっと物語があるなと思ったのと、今の時代はクリック1つで世界中と繋がれるので、日本人も個々の時代になってきたと思っています。同時に家族の形が変わってきて、近所や地域の方との繋がりも希薄になってきているというところで、「古都」という小説の中には失うべきでない日本人の心というものが凝縮して詰まっている。世界の情勢も逆行して荒々しくなってきている中、お茶や、禅を通して自分自身を見つめ直すことが世界中が注目している日本が誇れる文化なのかなと思います。そういう伝統文化や精神がギュっと詰まったものを一度日本の外に出てきた自分がアウトサイダーとして現代版にすることで、次の世代にバトンタッチできる映画になったらと思い、そういうイメージで作りました。」と語った。

そして最後に、「制作するにあたり、昔の良い映画をたくさん観ました。今の映画は情報がたくさんあって、笑うところは笑うし、泣くところは泣くし、わりと受け身になる映画が多いかなと思うのですが、昔の映画は心情や情景、バックショットであったりというところで考えさせられるし、見て考えたものは一生消えないんだなと思って、そういう映画の形も復活させたいなと思いながら撮りました。こういう映画は口コミでジワジワ広がっていくかと思いますので、観たみなさんが良い、悪いどちらでもいいので、感じたものを伝えていただきたいです。楽しんで観てください。」とメッセージを送った。

映画「古都」は大ヒット公開中!
現代版「古都」をぜひ劇場でお楽しみください。
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
高校卒業後に渡米し、本場ハリウッドで8年間映画を学ぶ。2006年に帰国後は、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ『バベル』など名匠のもとでハリウッドと日本の架け橋となる。2015年、短編映画『ゴッサム ジャンブル パフェ』でショートショートフィルムフェスティバル&アジア史上初となる4度目の「観客賞」を受賞後、世界各国20以上の映画祭で上映。また、農林水産省とコラボし日本食文化をテーマに制作された短編映画『しゃぶしゃぶスピリット』は、世界各国40以上の映画祭で上映され、アメリカのThe Indie FEST Film Awardsにて優秀賞を受賞するなど、活躍を世界に広げている。
 2012年には、被災地のペット達の救援活動をドキュメントした『インスタントペットハウス』がカンヌ国際広告祭「Direct部門」でシルバーとブロンズ、「Design部門」でもブロンズを受賞し、2013年、サンシャイン水族館『ペンギンナビ』がカンヌ国際広告祭「Mobile部門」でシルバーとブロンズを受賞。翌2014年にも同作が「Design部門」でゴールドを受賞し、3年連続のカンヌ受賞を達成するなど、CM監督としても国内外で高い評価を受ける。
 ドラマでは小学館ちゃおで大人気連載中『ドーリィ♪カノン』の実写ドラマ化、『BATTLE☆DISH//』(Tokyo MX)、『ソイカレ』(UULA)と次々話題作を手がけ、『ロボサン』(TX)ではVFXアニメーションと実写をコラボさせた新しい試みで話題を集め、第68回日本映画テレビ技術協会VFX部門映像技術賞を受賞。2016年4月クールに放送された「昼のセント酒」(TX)が話題を呼ぶ。
2016年秋には商業長編デビュー作として川端康成原作「古都」を現代版にアレンジし、松雪泰子(一人二役)を主演に迎え、橋本愛、成海璃子、伊原剛志、奥田瑛二など実力派俳優が出演し、原作の未来を描く映画『古都』の世界公開が控えている。

WORKS

 
【MOVIE】
「Matcha!!!」(2016年/葉山奨之)
「古都」(2016年/松雪泰子) Official site>>
「ゴッサム ジャンブル パフェ」(2015年/篠崎功希・加藤雅也) ショートショートフィルムフェスティバル2015観客賞
「しゃぶしゃぶスピリット」(2015/平田満、渡辺大) Official site>> ミラノ万博2015上映作品 Indie Fest Film Awards優秀賞
「あのときのFlavor...」(2014/芦名星、奥田瑛二、宮崎美子)
「胸にTATTOOなんかいれて」(2012/渡辺恵伶奈、鈴木砂羽)
ショートショートフィルムフェスティバル2013観客賞
「桐生人」(2012)
「Re:Play-Girls」(2010)
AI監督「Take Action」脚本・Associate Director(2009)
「カクレ鬼」(2008) ショートショートフィルムフェスティバル2009観客賞
「帽子屋さんのお客様」(2007)
「返り討ち」(2007)
「AMERICAN DEAL」(2005)

【DRAMA】
TX「昼のセント酒」(2016年/戸次重幸)Official site>>
UULA「ソイカレ」(2015)
TX「甲殻不動戦記ロボサン」(2014/私立恵比寿中学、甲本雅裕)
TokyoMX,BS11「BATTLE☆DISH//」(2014/DISH//)
DVD 小学館「ドーリィ♪カノン」(2013)

【CM】
ブルボン「ズルイよ、甘杉くん!」全8本
福屋不動産販売「東京ローカルプロモーション」 ブランデットムービー
NifMo by Nifty「轟満の先入観」 ブランデッドムービー
LIVEMAX「LIVEMAX」(2013)
バンダイ「スマトモ」(2013)
池袋サンシャイン水族館「ペンギンナビ」(2013)
どうぶつ救援本部「インスタントペットハウス」(2012)

【MUSIC VIDEO】
K「桐箪笥のうた」
K「ハラボジの手紙」(2013)
Kanon「がんばれシンデレラ」(2013)
WAZZ UP「Be My Love」(2013)
香音「花粉デビルをやっつけろ!」(2013) Youtubeにて再生200万突破

【OTHER】
DISH// 2015.1.1 日本武道館ライブ 総合演出
DISH// 2014.5.11 日比谷野外音楽堂ライブ 総合演出

pagetop

page top