STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
イチハラ ハヤト

市原隼人

ニュースNEWS

MOVIE

市原隼人 映画「THE REBOUND」特別上映会!

市原隼人が8/6(月)ユナイテッド・シネマ豊洲で行われた、車いすバスケットボールドキュメンタリー映画「THE REBOUND」の特別上映会にスペシャルゲストとして出席した。

同作は、2016年にアメリカで公開、車いすバスケットボール全米選手権に臨む選手たちを追ったドキュメンタリー映画。
車いすのラッパーのジェレミー・フェノム・トーマスと、ニュージャージーでギャングに撃たれ車いすとなったマリオ・モーラン、車いすバスケットボールで大学入学を目指すオーランド・カリーリョを中心に、車いすバスケットボールを通じて第二の人生でチャンスを“REBOUND”する物語で、競技のみならず、私生活にも迫ったリアルを映し出した作品となっている。

この日は、同作の主演を務められたマリオ・モーラン選手が来日。さらにお笑い芸人・田村裕さん(麒麟)、そして市原が上映後の舞台挨拶に登壇し、映画の魅力や障がい者スポーツの可能性についてトークが行われた。

同作を観た感想を聞かれ市原は、「こんなにも鳥肌が立って、興奮して、涙が溢れる作品は人生で初めて。ドキュメンタリーの深さを感じさせていただきました。映画の中で『車いすバスケを通して人生を取り戻したいんだ』というセリフがあります。車いすバスケに懸けている方たちには、コートに入るまでにいろいろなドラマがあって、車いすバスケがあることで救われたり、生きがいになったり、目標ができたり…それはすごく大切なことなんです。その場所を少しでも大事にしていただける方が増えることを心から願いながら観ていました。本当にカッコ良かったです。」と絶賛。

マリオさんから車いすバスケを経験した感想を聞かれ、「すごくハードで毎日筋肉痛でした。」と振り返ると共に、「チームワークがより大切な競技だと思いました。番組で用意していただいた練習のほかにも自分でコートを探して、そこで仲良くなった方と練習に混ぜていただいたりしたことも。体育館の中でタイヤの焦げる匂いが良いんです(笑)。しっかりとぶつかっていくので、すごい迫力。日本でもたくさんやっているので、皆さんに感じていただきたいです。」と熱い思いを語った。

最後に、人生において困難に感じている方へのメッセージを求められマリオさんが、“健常者の人も障がい者の人にも共通して言えることですが、とにかく家にこもらないでほしい。どんな状況でも生きていることを感じてほしいし、人生を楽しむことが大切。自分に嫌悪感を感じている時間はない。自分の人生を最初に考えて生きてほしい”と語ると市原も、「僕の父親は車いすの生活をしています。自分で車いすを動かすことも、トイレに行くこと、ご飯を食べることもできない。一緒にご飯を食べていたときに父が“隼人、ごめんな。こんな姿で本当に申し訳ない”って言うんです。全然悪いことをしていないし、カッコ悪くもない、堂々と社会に出て欲しい。社会の人間がそういう人を白い目で見るのであれば、それは社会が間違っている。まだまだメディアも社会も我々も皆さん個人個人も、障がいに対してどう関わって良いのか分からないところもあると思う。でもみんな待っているんです。マリオさんもそうだし、車いすバスケをしている方も、ソフトボールをやっている方も、その道すら分かっていない人たちも…。もっとそこの垣根を越えられるような、線が薄くなるような社会になれば。映画の中で『どんな方でもスポーツを楽しむ権利がある。楽しむ機会が必要だ』と言っていました。それが全て。僕も父のことを100%は理解できないと思っています。だからこそ1%からコツコツ積み上げる、始めることが大事。今回はマリオさんにお会いできてすごく嬉しかったです。この映画がいろいろな方々の希望になることを心から願っています。ありがとうございました。」と話し、マリオさんと熱い握手を交わした。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

STAGE

市原隼人 ミュージカル「生きる」製作発表会見!

市原隼人出演ミュージカル「生きる」の製作発表会見が都内で行われ、市原が出席した。

同作は、スティーヴン・スピルバーグやジョージ・ルーカスなどをはじめ、世界じゅうの映画監督に影響を与えた「世界のクロサワ」こと黒澤明監督(1998年没)が1952年に発表した代表作「生きる」を、グラミー賞受賞の作曲家、ジェイソン・ホーランドと、日本を代表する演出家、宮本亜門がタッグを組みミュージカル化。まもなく60歳で定年を迎えようとしている市民課長の渡辺勘治が、当時、不治の病とされていた胃がんになり、死んだように生きていたこれまでの人生を悔い、自分の残りの人生をかけて、市民のために小さな公園を作るというヒューマンドラマで、黒澤作品がミュージカルになるのは世界初のこととなり、大きな注目を集めている。

役所の市民課に30年勤め続ける渡辺課長は、毎日変わりのない日常を過ごし、黙々と仕事をするばかり。そんな時、身体の不調を感じ病院に行き、自分が胃がんであることを知る。あまり時間が残されていないことを知った渡辺は、これまでの人生を考えて苦悩する。
初めて欠勤し、貯金から5万円をおろして夜の街を歩く。知り合った小説家と遊び周るも空しい気持ちが残る。
そんな折、偶然街で出会った同僚の女性 小田切とよと何度か食事を一緒にする中で、その若さ、生命力に魅かれていく。渡辺は、とよに胃がんであること、生き方への悩みを告げる。そこで、とよから「何か作ってみたら?」と提案され、渡辺の新たな人生が始まる。

市原は、主人公・渡辺勘治(市村正親/鹿賀丈史(ダブルキャスト))の一人息子・渡辺光男を演じる。

会見にて、「僕には合わないのかなと思い、ミュージカルはずっとご縁を避けてきました。でも30歳を超えて、いろいろな世界を見たいと思ったんです。そのきっかけは僕の父親で、しばらく体調が優れず、今は車椅子も自分で動かせない状態です。そんな父を見ていて、何で親父にもっといろいろなことをしなかったんだろうという思いと、、、親父から若いうちにもっといろいろな世界を見たほうがいい、動けるうちにいろいろなことをしたほうがいいと教わりました。そんな思いも含めて新たな世界に足を踏み入れたいと思い、敬意をもってミュージカルに参戦させていただきます。よろしくお願いします。」と心境を語った市原。

会見前日まで行われていたワークショップで、初めてミュージカルの現場に参加した市原だが、「お客様の感情をより動かすことができるのがメロディや音楽、間合いなんだと改めて感じました。(市村さん、鹿賀さんが出演されている)『ラ・ カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち』を観劇させていただいて、そのすぐ後に楽屋へ挨拶に伺ったのですが、その時に市村さんが(『生きる』のラストソング)「ゴンドラの唄」を歌ってくださったんです。興奮というか感動というか、言い表せない感情が出てきて、舞台の上でも感じたのですが、セリフだけど歌、歌だけどセリフのようでした。観ているお客様によって観点も違うし、何度観ても楽しいのがミュージカルなんだと感じました。そして、昨日のワークショップは市村さんとだったのですが、声を聞いて、父と子の絆や声のパワー、胸の奥に突きるような優しさを感じ、涙をこらえるのが必死でした。この感動を皆さんに観ていただきながら持ち帰っていただいて、いろいろな方に伝えていただけたらと思います。」と話した。

その後、マスコミ向けに囲み取材が行われ、「公演まで半年あるので、やるべきことをしっかりやって臨みたいです。また、親子の話でもあるので、優しさと大胆さをお伝えできるように努力したいと思います。」と話すと共に、歌の猛特訓を行っているとのことで、「ワークショップで朝からずっと練習して、声がガラガラです(笑)。メロディももちろんですが、役者なので感情を伝えることを第一に歌っていきたいです。」と意気込んだ。

また、市村さん、鹿賀さんについて、「舞台を支えてくださっている大先輩。言葉数は少なくても背中で見せてくださる鹿賀さん、包容力があって優しい言葉をかけてくださる市村さんがダブルキャストになることによって、全く違う舞台になると思います。大好きなおふたりです。」と笑顔をみせた。

最後にタイトルにちなみ“生きる目標は?”という質問があがり、「本気で泣けて、笑えて、悔しがって、物事の根源を大切にし続けること。役者はどうやって始まったのか、エンターテイメントってどうして始まったのか、お芝居って誰の何のためにあってどこに向かうべきなのか。ずっと考え続けることが生きる糧です。」と力強く語った。

ミュージカル「生きる」は、10/8(月・祝)~10/28(日)東京・TBS赤坂ACTシアターで上演。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

2001年

01月

「リリイ・シュシュのすべて」(ロックウェル・アイズ) ※主演
※岩井俊二監督作品
2003年

01月

「T.R.Y.」(東映)

01月

「黄泉がえり」(東宝)

09月

「偶然にも最悪な少年」(東映) ※主演
※2004日本アカデミー賞新人賞受賞
2004年

10月

「陰陽師2」(東宝)
2006年

04月

「チェケラッチョ!!」(東宝) ※主演

10月

「天使の卵」(松竹) ※主演

10月

岩井俊二主宰企画開発プロジェクト “play works”第1弾映画
「虹の女神 RainbowSong」(東宝) ※主演
2008年

01月

「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」(日活) ※主演

04月

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」(GAGA) ※主演

06月

「神様のパズル」(東映) ※主演
2009年

04月

「BATON」(開国博Y150) ※主演アニメ

05月

「ROOKIES-卒業-」(東宝)
2010年

02月

「猿ロック THE MOVIE」(S・D・P/ショウゲート) ※主演

05月

「ボックス!」(東宝) ※主演

10月

「ガフールの伝説」(ワーナーブラザース) ※日本語吹替版:主演アニメ
2011年

10月

「DOG×POLICE 純白の絆」(東宝) ※主演
2012年

06月

「闇金ウシジマくん」(S・D・P)
2015年

06月

「極道大戦争」(日活) ※主演
2016年

02月

「ホテルコパン」(アドウェイズ・ピクチャーズ) ※主演

03月

「星ガ丘ワンダーランド」(ファントム・フィルム)

12月

「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」(松竹)
2017年

04月

「ブルーハーツが聴こえる 人にやさしく」(ティ・ジョイ) ※主演

04月

「無限の住人」(ワーナー・ブラザース)
 
「サムライせんせい」 ※主演
(2017年冬 高知先行公開、2018年全国公開予定)
2018年

10月

「あいあい傘」(S・D・P)

TV

2002年

02月

「ビタミンF~はずれくじ篇~」(NHK)
2003年

01月

月曜ドラマシリーズ「緋色の記憶」(NHK)

01月

「僕の生きる道」(CX)
(~03月)

05月

「きまずっ!」(CX)

07月

「ひと夏のパパへ」(TBS)
(~09月)

10月

「ヤンキー母校に帰る」(TBS)
(~12月)
2004年

04月

「仔犬のワルツ」(NTV)
(~06月)

07月

「ウォーターボーイズ2」(CX) ※主演
(~09月)
2005年

04月

「あいくるしい」(TBS) ※主演
(~06月)
2008年

03月

「ワイルドライフ 国境なき獣医師団R.E.D」(NHKBShi) ※主演

04月

「ROOKIES-ルーキーズ-」(TBS)
(~07月)

08月

「ワイルドライフ 国境なき獣医師団R.E.D」(NHK総合) ※主演

10月

「ROOKIESスペシャル」(TBS)

12月

金曜特別ロードショー「252 生存者あり エピソードゼロ」(NTV) ※主演
2009年

03月

「世にも奇妙な物語 2009年春の特別編」(CX)

07月

「猿ロック」(NTV) ※主演
(~10月)
2011年

10月

「ランナウェイ~愛する君のために」(TBS) ※主演
(~12月)
2012年

04月

「陽だまりの樹」(NHK BSプレミアム) ※主演
(~06月)

10月

「幸せを創る手の物語」(TX) ※ナレーター
(~2013年03月)
2013年

01月

「カラマーゾフの兄弟」(CX) ※主演
(~03月)

10月

「抱きしめたい!Forever」(CX)
2014年

02月

『「黄金のバンタム」を破った男~ファイティング原田物語~』(CX) ※主演
2016年

03月

「桜坂近辺物語 第2夜『近辺2』」(CX)
 
「双葉荘の友人」(WOWOWプライム) ※主演

04月

「不機嫌な果実」(EX)

09月

「往復書簡~十五年後の補習」(TBS)
2017年

01月

大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)
(01月~)

04月

「リバース」(TBS)
(~06月)

09月

「沈黙法廷」(WOWOWプライム)
(~10月)
2018年

01月

「明日の君がもっと好き」(ANB) ※主演
(~03月)

STAGE

2010年

11月

「カーディガン」
2015年

03月

「最後のサムライ」 ※主演
(2015.03.04~03.15/天王洲銀河劇場)
2018年

10月

ミュージカル「生きる」

DVD

2002年

06月

映画「リリイ・シュシュのすべて」
(2002.06.28)
2003年

06月

ドラマ「僕の生きる道」
(2003.06.27)

07月

映画「T.R.Y」
(2003.07.16)

08月

映画「黄泉がえり」
(2003.08.21)
2004年

02月

ドラマ「ヤンキー母校に帰る」
(2004.02.25)

03月

映画「偶然にも最悪な少年」
(2004.03.21)

04月

映画「陰陽師2」
(2004.04.28)

09月

ドラマ「仔犬のワルツ」
(2004.09.22)
2005年

01月

ドラマ「ウォーターボーイズ2」
(2005.01.19)

10月

ドラマ「あいくるしい」
(2005.10.07)
2006年

10月

映画「チェケラッチョ!!」
(2006.10.04)
2007年

03月

映画「天使の卵」
(2007.03.28)

04月

映画「虹の女神 Rainbow Song」
(2007.04.27)
2008年

06月

映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」
(2008.06.13)

07月

ドラマ「ROOKIES」表(おもて)BOX
(2008.07.18)

08月

映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」
(2008.08.22)

08月

ドラマ「ワイルドライフ 国境なき獣医師団R.E.D」
(2008.08.22)

10月

ドラマ「ROOKIES」裏(うら)BOX
(2008.10.08)

10月

「ドキュメント of ROOKIES~11人が戦った141日間のキセキ~ 完全版」
(2008.10.29)

11月

映画「神様のパズル」
(2008.11.21)

12月

ドラマ「252 生存者あり Episode.ZERO」
(2008.12.24)
2009年

04月

「ドキュメント of ROOKIES-卒業-」
(2009.04.22)

05月

「252生存者あり」映画+ドラマ合体版DVD
(2009.05.22)

10月

ドラマ「世にも奇妙な物語 2009年春の特別編」
(2009.10.21)

12月

「情熱大陸×市原隼人」
(2009.12.04)

12月

映画「ROOKIES-卒業-」
(2009.12.04)

12月

ドラマ「ROOKIES」
(2009.12.04)
2010年

01月

ドラマ「猿ロック」
(2010.01.20)

04月

ドラマ「40女と90日間で結婚する方法」
(2010.04.23)

08月

映画「猿ロック THE MOVIE」
(2010.08.04)

11月

映画「ボックス!」
(2010.11.26)
2012年

03月

ドラマ「ランナウェイ~愛する君のために」
(2012.03.16 )

03月

映画「DOG×POLICE 純白の絆」
(2012.03.28)

10月

ドラマ「陽だまりの樹」
(2012.10.26 )
2013年

02月

映画「闇金ウシジマくん」
(2013.02.08)

08月

ドラマ「カラマーゾフの兄弟」
(2013.08.02)
2015年

06月

「Butterfly」
(2015.06.20)

11月

映画「極道大戦争」
(2015.11.03)
2016年

06月

ドラマ「双葉荘の友人」
(2016.06.22)

10月

ドラマ「不機嫌な果実」
(2016.10.19)

BOOK

2006年

12月

Personal Photo Book「ぴーす」
(2006.12.11)
2009年

05月

Photo&Word Book「HigH LifE」
(2009.05.14)

10月

写真集「HAYATO×JUNON LIFE」
(2009.10.23)
2011年

09月

3rdフォトブック「VOLTAGE」
(2011.09.29)
2015年

06月

写真集「G 市原隼人」
(2015.06.20)

WEB

2014年

09月

dビデオオリジナルドラマ「ハング」 ※主演

pagetop

page top