STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
シイナ キッペイ

椎名桔平

メディアMEDIA

MOVIE

「走れ!T校バスケット部」
2018年11月3日(土・祝)全国ロードショー
公式サイト:http://tkoubaske.jp/

「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」
2018年7月27日(金)公開
公式サイト:http://codeblue-movie.com/

米映画「THE OUTSIDER」
2017年3月9日(木)
世界同時配信
https://www.netflix.com/jp/

米映画「Darc(ダーク)」
Netflixにて配信中
https://www.netflix.com/jp/

TV

2018/06/10(日)スタート
毎週日曜
22:00~
『連続ドラマW 不発弾~ブラックマネーを操る男~』
WOWOWプライム
※全6話
※第1話無料放送

2018/07/16(月)スタート
毎週月曜
22:00〜
ドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」
テレビ東京
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/lastchance/

2018/07/10(火)
24:17~25:05
「チマタの噺」
テレビ東京

2018/06/18(月)
19:40~20:25
「驚異のストライカー ~対戦国の“英雄”たちを徹底解剖~」
※語り
NHK

STAGE

舞台「レインマン」
2018年7月20日〜8月4日
東京・新国立劇場にて上演。
※大阪、名古屋、福岡、宮城での公演も予定
公式サイト

ニュースNEWS

TV

椎名桔平 主演ドラマ「連続ドラマW 不発弾〜ブラックマネーを操る男〜」完成披露試写会

椎名桔平が6/4(月)都内で行われた主演ドラマ「連続ドラマW 不発弾〜ブラックマネーを操る男〜」の完成披露試写会にキャスト、星野和成監督と共に出席した。

同作は食肉偽造問題が題材の『震える牛』など、社会の闇をえぐり出す小説で注目を集める相場英雄の小説『不発弾』のドラマ化。

7年間で1500億円の「不適切会計」を発表した大手総合電機メーカー三田電機産業。その裏で暗躍するひとりの男と、彼を取り巻く人々の人間関係を描いた骨太の社会派ヒューマンサスペンス。椎名は貧しい炭鉱で育ち東京の証券会社に入り、ある出来事を機に欲深い人間たちへの復習を始め、証券会社ひいては経済界の影の立役者にのし上がっていく主人公・古賀遼を演じる。

完成披露試写会で椎名は「ダークな主人公を演じました椎名桔平です。この作品は相場先生の『不発弾』の原作を忠実に、しかもエンターテイメント性を加味した素晴らしい脚本でした。そこに星野監督の繊細な演出が加わり、現場はとても楽しく、宅麻(伸)さん、奧田(瑛二)さんの先輩の胸を借りながら、黒木(メイサ)さんと原田(知世)さんの美しさに魅了されながらこの現場を乗り切りました。自信を持ってお届けできる作品になりました。」と挨拶。

作品にちなみ自身なダークな部分について「さっき控え室で皆さんの前に立つので眉毛を整えようと思って濃く描いたんですけど、メイクさんに「ちょっと濃すぎかな?」と話していたら、宅麻先輩が鏡に映っていて「自分が濃く描きすぎたと思えなくなってしまった」と言うことを宅麻さんに申し上げたんですけど、普通は先輩にそんなことを申し上げるべきではないと思うんですが、言ってしまう自分がダークな部分だと思った」と話すと会場から笑いが起こった。

椎名は「完成披露試写会で楽しいトークを交わせたことが『不発弾』の作品を表しているんじゃないかと思います。撮影では普段使わない難しい専門用語が膨大な量ありましたし、金融界のシステムなどを考えながら、現代と過去を行ったり来たりしながらの撮影だったので、いつになく大変な現場と思いました。完成した作品を見たのですが、本当にいい作品になっていました。ここにいらっしゃらない役者さんも皆さんとても素晴らしいお芝居をされていて、自分が見ていないシーンがとても楽しくて。大変な毎日ながら、本当にスタッフの皆さんがすごく明るく朝から晩まで仕事をされていたので、僕らはとても力になりました。このチームでやれたことが本当に幸せです。ドラマを観ながら椎名がこんなこと言ってたなと思い出していただければ皆さんにその幸せがお届けできるんではないかなと思います。」と語った。

主人公と捜査二課との対峙、バブル期から現代に生きた強欲な権力者たちとの駆け引き、過去の因縁、そして裏切りー。過去と現代が交差するエンターテイメント作品にぜひご期待ください。


WOWOW
連続ドラマW「不発弾〜ブラックマネーを操る男〜」
毎週日曜日 
22:00〜
※全6話
※第1話無料放送
  • はてなブックマーク

STAGE

椎名桔平 W主演舞台「レインマン」囲み取材会見!

椎名桔平が出演する舞台「レインマン」囲み取材会見が4/4(水)都内で行われ、椎名、藤原竜也さん、中越典子さん、演出の松井周さんが出席した。

同作は1998年公開の米映画「レインマン」の舞台化。奔放に生きる弟・チャーリーと、重い自閉症を抱える兄・レイモンドの兄弟愛を描いた感動のロードムービー。

椎名は「レインマン」が日本で初めて舞台化された2006、2007年の公演では弟役を演じたが、本作は兄役を演じる。

会見では「以前やったことのある「レインマン」ですが、今回は役が変わりまして、兄役の方で挑戦させていただけることになりました。前作では兄役を演じた橋爪功さんのダスティン・ホフマンにも負けない名演を毎日見てきましたので、一度フラットに戻して考えて作っていきたいと思います。」と意気込みを語った。

初共演となる藤原さんについては「僕よりもトムクルーズよりも男前な藤原くん。まっすぐにずっと演劇の道を歩んできたという印象があるんですけど、そういう方と舞台という空間でご一緒できるというのは喜びでいっぱいです。若い頃からよく見ていたのでもう少し少年かなとイメージでいたけど、今日ポスター撮影で一緒にいて、大人で男性的で大きくなっているなという印象です。」と語った。

最後に「家族という普遍的なテーマを描いた名作だと思いますし、親子、兄弟の愛情の裏返しの愛憎がすごい強いところから始まります。そこから物語を経て本当の愛情に移り変わっていく様はどんな時代でも変わらないのではないかと思います。それだけ強いメッセージを届けられる作品だと思いますので、ぜひ見に来ていただきたいと思います」とメッセージを送った。

舞台「レインマン」は2018年7月20日〜8月4日まで東京・新国立劇場にて上演。大阪、名古屋、福岡、宮城での公演も予定している。
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

1993年

12月

「ヌードの夜」(ヘラルド・エース)
1994年

10月

「夜がまた来る」(アルゴ・ピクチャーズ)
1995年

08月

「新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争」(大映)

09月

「GONIN」
1996年

10月

「わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語」(東映)
1998年

06月

「ジューンブライド 6月19日の花嫁」(松竹)

06月

「不夜城」(東映/アスミック・エース)
1999年

04月

「なで肩の狐」(エクセレントフィルム)

09月

「金融腐食列島 呪縛」(東映)

10月

「発熱天使」(パオネットワーク)

12月

「海賊版~BOOTLEG FILM」(モンキータウンプロダクション)
2001年

02月

「溺れる魚」(東映)

11月

「冷静と情熱のあいだ」(東宝)
2002年

02月

「化粧師」(東映)

05月

「突入せよ!『あさま山荘』事件」(東映)

12月

「刑務所の中」(ザナドゥー)
2003年

06月

「スパイ・ゾルゲ」(東宝)

11月

「花」(ザナドゥー)

11月

「g@me.」(東宝)

12月

「精霊流し」(東北新社/日活)
2004年

02月

「嗤う伊右衛門」(東宝)

03月

「クイール」(松竹)

12月

「約三十の嘘」(アスミック・エース・エンタテインメント)
2005年

09月

「忍 SHINOBI」(松竹)
2006年

01月

「輪廻」(東宝)

05月

「雪に願うこと」(ビターズ・エンド)
2007年

02月

「さくらん」(アスミック・エース)

03月

「アンフェア the movie」(東宝)

06月

「サイドカーに犬」(ビターズ・エンド/CDC)

12月

「魍魎の匣」(松竹・東急)
2008年

05月

「隠し砦の三悪人」(東宝)
2009年

02月

「余命」(SDP)

04月

「レイン・フォール/雨の牙」(ソニー・ピクチャーズ・エンタテイメント)

09月

「火天の城」(東映)
2010年

06月

「アウトレイジ」(ワーナーブラザーズ映画/オフィス北野)

09月

「恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜」(ショーゲート)
2011年

12月

「ワイルド7」(ワーナー・ブラザース)

12月

「聯合艦隊司令長官 山本五十六」 (東映)
2012年

04月

「劇場版SPEC~天~」 (東宝)

06月

『スノーホワイト」(東宝東和)
2013年

08月

「謎解きはディナーのあとで」(東宝)

08月

「RETURN」(アークエンタテイメント)
2015年

02月

「悼む人」(東映)

03月

「暗殺教室」(東宝)
2016年

03月

「暗殺教室ー卒業編ー」(東宝)

05月

「64ーロクヨンー」(東宝)

08月

「秘密 THE TOP SECRET」(松竹)
2017年

01月

「新宿スワン II」
2018年

03月

米映画「THE OUTSIDER」

07月

「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」

TV

1995年

07月

「いつかまた逢える」(CX)

10月

「BLACK OUT」(EX)
1996年
「カンパニー」 (NHK-BS)

04月

「Age'35」(CX)

10月

「ドク」(CX)

08月

「蛍の宿」(TBS)

11月

「東京龍」(NHK-BS)
1998年

01月

「スイートシーズン」(TBS)

07月

「お熱いのがお好き?」(NTV)
1999年

01月

「Over Time」(CX)

07月

「彼女たちの時代」(CX)

10月

「恋愛詐欺師」(EX)
2000年

04月

「永遠の仔」(YTV)
2001年

10月

「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」(CX)
2002年

01月

「愛と青春の宝塚」(CX)

04月

「整形美人。」(CX)

10月

「遺言~桶川ストーカー殺人事件の深層」(NTV)

10月

「怪談百物語 雨月物語」(CX)
2003年

01月

「熱烈的中華飯店」(CX)

06月

「龍神町龍神十三番地」(TBS)

12月

「川、いつか海へ」(第3話)(NHK)

07月

「天切り松 闇がたり」(CX)

07月

「君が想い出になる前に」(KTV)
2005年

03月

土曜ワイド劇場 特別企画「交渉人」(EX)

10月

「世にも奇妙な物語〜ネカマな男〜」(CX) 

11月

月曜ミステリー劇場「深追い」(TBS)

11月

ドラマW「アルバイト探偵(アイ)」(WOWOW)

11月

「ふたつの祖国」(NTV)
2006年

08月

終戦記念特別ドラマ「最後のナイチンゲール」(NTV)
2007年

03月

「世にも奇妙な物語〜午前2時のチャイム〜」(CX)

04月

「生徒諸君!」(EX)

12月

土曜ワイド劇場30周年特別企画「半落ち」(EX)

12月

「敵は本能寺にあり」(EX)
2008年

04月

土曜ドラマ「トップセールス」(NHK)
2009年

02月

テレビ朝日開局50周年記念ドラマ「警官の血」(EX)

04月

「銭ゲバ」(NTV)
2010年

01月

「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-2nd season」(CX)

07月

日曜劇場「GM〜踊れドクター」(TBS)

10月

「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」(TBS)
2011年

01月

土曜ワイド劇場特別企画「殺人予告」(EX)

04月

「地球の最先端をスクープ!SCOOPER」(NTV)

10月

「謎解きはディナーのあとで」(CX)
 
「QP」(NTV)
2012年

03月

「謎解きはディナーのあとでSP」(CX)

04月

「SPEC~翔」(TBS)

05月

ドラマスペシャル「灰色の虹」(EX)

10月

「完全犯罪ミステリー〜科学捜査で暴け〜」(TX)
2013年

03月

「臥竜の天~伊達政宗 独眼竜と呼ばれた男~」(BS-TBS)

04月

「鴨、京都へ行く。-老舗旅館の女将日記-」(CX)

04月

「実録世界のミステリー」(TX)

08月

「謎解きはディナーのあとでスペシャル~風祭警部の事件簿~」(CX)

10月

「刑事のまなざし」(TBS)

11月

土曜ワイド劇場特別企画「冤罪死刑」(EX)
2014年

03月

2夜連続大型ドラマ「LEADERS リーダーズ」(TBS)

04月

「極悪がんぼ」(CX)

08月

「テレビ未来遺産“終戦69年”ドラマ特別企画 遠い約束~星になったこどもたち~」(TBS)

10月

「悠久への旅とっておきの京都」(BS朝日)

10月

「The MASTERS,My Life」(BS-TBS)

12月

テレビ朝日系スペシャルドラマ「松本清張 〜霧の旗」(テレビ朝日)
2015年

10月

土曜ドラマ「破裂」(NHK)
2016年

02月

連続ドラマW「メガバンク最終決戦」(WOWOW)

09月

湊かなえサスペンス『望郷』(テレビ東京)
※「海の星」
2017年

01月

木曜劇場「嫌われる勇気」(フジテレビ)

07月

「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(フジテレビ)
2018年

02月

フジテレビ「眠狂四郎 The Final」

06月

WOWOWプライム「連続ドラマW 不発弾~ブラックマネーを操る男~」

STAGE

1994年
「SWEET HOME」
渋谷・SPACE PART3 
1994年
「月光のつつしみ」
本多劇場
2000年
「オーファンズ」
サンシャイン劇場
2004年
「ベント」
東京・渋谷パルコ劇場
2005年
KARA COMPREX「調教師」
東京:Bunkamuraシアターコクーン
関西:兵庫県立芸術文化センター 中ホール
2006年
「レインマン」
東京:グローブ座 ほか
2007年
「レインマン」(再演)
東京:パルコ劇場
2009年
「異人たちとの夏」
東京:シアタークリエ ほか
2013年
「教授」~流行歌の時代を、独自の価値観で生きた歌好きの免疫学教授、そして、観念的な恋愛に己を捧げた助手~」
東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーン ほか

pagetop

page top