STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
トキワ タカコ

常盤貴子

ニュースNEWS

TV

常盤貴子 ドラマ「グッドワイフ」主演決定!

常盤貴子が2019年1月よりスタートするTBS日曜劇場「グッドワイフ」で主演を務めることが発表された。

同作は、夫の裏切りと逮捕という最悪な出来事で人生が一変してしまった主人公・蓮見杏子(常盤)が、弁護士という仕事を通して自らの困難に果敢に立ち向かっていく姿を、時に鋭く、時にユーモラスに描いていくリーガルヒューマンエンターテインメント。原作は、リドリー・スコット氏が製作総指揮を務め、2009年から7年間アメリカで放送された「The Good Wife」。テレビ版のアカデミー賞と呼ばれるエミー賞やゴールデングローブ賞を多数受賞し、法廷ドラマを中心にしながら、政治と家庭の両面を鋭く描き、そのリアリティーと劇的な展開から全米で大人気を博した。また、韓国でもリメイクされ、ロシアでも2019年のリメイクが決定しているなど、全世界で注目を集めている作品だ。

蓮見杏子は出産を機に弁護士の仕事を辞め、専業主婦としてエリート検事である夫を支え、子どもを育て、家庭を守ってきた。ところがある日突然、東京地検特捜部長である夫が汚職の容疑で逮捕される。さらに女性スキャンダルまで明らかになり、“よき妻”として家族に尽くしてきた杏子の人生は一変することに。
夫のスキャンダルの真相も明らかにならない中、子どもたちを守るために杏子は復職を決意。司法修習生時代の同期の助けで法律事務所に仮採用され、16年ぶりに弁護士として復帰する。しかしスキャンダルの渦中の妻として世間から向けられる好奇の目、さらに、弁護士としての16年のブランクははかり知れず、悪戦苦闘する日々。それでも杏子は強い信念を持ち、“自分をあきらめずに”、自分の弱みも逆手にとって強く生き抜いていく中で、弁護士として、人として成長していく―。

19年ぶりに日曜劇場に出演する常盤は、「自分では19年も経った気がしないのですが、元々私はTBSに育てていただいたようなものなので、「ただいま」と帰ってきた感じがあります。でも久しぶりだからこそ変わったと感じる部分も沢山あると思うので、これからが楽しみでもあり、また新人女優として頑張ります! という清々しい気持ちでもあります。」とコメント。

自身が演じる杏子の役柄について、「普通の主婦だった女性が弁護士に復帰する事になるのですが、(私が演じる杏子は)本当に普通の主婦だと思うんです。でもだからこそ、子どもたちを守るという母親としての想いや、夫を支えるという想い、そういうものも普通に兼ね備えているし、特別変わった事をするような弁護士ではないと思っています。」と語った。

そして最後に、「杏子同様、私も久しぶりにこの日曜劇場に主演で帰って来て、やる気に燃えています。しかも個性豊かな素敵な俳優さんたちとの共演は、楽しみで仕方ありません。全ての出演者が主役のようなドラマで、色んなストーリーに溢れています。その中にはきっと見ている方々の生活に関係してくるような裁判やストーリーが出てくるので、「これは使える!」とか、「まさに今自分に起こった状況だ!」と思えることもあると思います(安心してください。解決していきます!)。このドラマを見て、前向きな気持ちになっていただけたらと思います。」とメッセージを送った。

日曜劇場「グッドワイフ」は、TBSにて2019年1月より毎週日曜21:00~O.A。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

TV

常盤貴子 ドラマ「遥かなる山の呼び声」試写会&会見!

常盤貴子出演、NHK スーパープレミアム スペシャルドラマ「遙かなる山の呼び声」のマスコミ向け試写会&会見が10/31(水)NHKで行われ、常盤が出席した。

「遙かなる山の呼び声」は、1980年、高倉健さんと倍賞千恵子さんが出演、山田洋次監督が手掛けた日本映画史に輝く名作のドラマ化。
同作では夫を失いながらも酪農に夢と生涯をかける女性と、悲運な宿命を負った男の人間ドラマを、北海道の大自然を舞台にダイナミックかつ感動的に描いており、名作映画のテーマを踏襲しながらも、原作には無いキャラクターの登場や要素を加え、4Kの美しい映像で収録。大作感たっぷりのテレビドラマ版「遥かなる山の呼び声」が誕生した。

北海道の中標津という小さな町で、風見民子(常盤)は息子・武志(佐藤優太郎)を育てながら、義父の吉雄(中原丈雄)と共に完全放牧の酪農を続けていた。
夫の精二が数年前に交通事故で亡くなってから牧場の規模を縮小し、家族3人何とか生計を立てている。
2018年春。
その日は夕方から厳しい嵐に見舞われた。親族の葬儀に出かけていた吉雄がずぶ濡れになって帰って来た。路上でバイクが故障し難儀してた見ず知らずの男を車に乗せて来たらしい。
今夜だけ納屋にでも泊めてやってくれと言う。いぶかしがる民子。
果たして、玄関に現れたのはびしょ濡れの大男(阿部寛)であった。
嵐がウソのように晴れた翌朝。忙しい家事を終えて牛舎に向った民子が見たのは、慣れた手つきで牛の世話をする男の姿であった。

常盤は、風見民子を演じる。民子は厳しいほか移動の地で義父と共に完全放牧を続ける一方、グラスフェッドミルクで新商品の開発を企画考案中。ひとり息子である武志を厳しくも愛情豊かに育てる、という役どころ。

会見にて常盤は、「私のやらせていただいた役は(原作映画で)倍賞さんが演じられた役。皆さん倍賞さんの“民子三部作”が印象に残っていらっしゃると思いますし、プレッシャーが大きかったのですが、映画「遙かなる山の呼び声」を知らない世代の人たちに作品の良さを知っていただくということも私たちの役目なのではないかと思いまして決心しました。やはり大変でいろいろな葛藤があったのですが、朝原雄三監督から助言をいただいたり相談しながらやらせていただくことによって、私なりの民子像ができたかなと思います。映画「遙かなる山の呼び声」をご覧になって酪農を始められた方がたくさんいらっしゃると伺ったので、ドラマを観て酪農をやってみたいと思う方が出たら嬉しいです。」とコメント。

北海道での撮影を振り返り、「ジンギスカンが美味しくて、やはりお肉は美味しかったです。」と笑顔を見せると共に、「とにかく牛が大好きになって、携帯の待ち受けも牛にしたくらい(笑)。自分の中で牛がブームです。」と話した。

同作をドラマ版で演じるあたり、「倍賞さんがドキュメンタリーっぽいお芝居をされていたので、そのエッセンスをいただいて、なるべく日常の動作をしながら演じられたらと思っていました。あとは独特のリズム、時間の流れがあると思ったので、山田監督の書かれたセリフを自分が間違って覚えない限り正確に一語一句言えたらと。でも意外と朝原監督が変えてしまって、“そんなに簡単に変えちゃうんですか?”と思い、私はさらにそこを戻したりして(笑)、なるべく忠実に演じました。」と思いを語った。

9月の北海道胆振東部地震の影響で、北海道の酪農に大きな影響を及ぼしていることを受け、「私たちに貸していただいた牧場の方がとても熱意のある方で、本当に酪農が大好きで、酪農をやるためにご夫婦でそこに移り住んで古い牛舎を買い取ってやられているんです。撮影の時に熱い思いを聞き、ご苦労も楽しさも自分の中に蓄積していたのでニュースを見た時はとても胸が痛かったです。ドラマがそんな皆さんの支えや力になればなればと思っています。」と思いを馳せた。

中標津町での撮影では300人近くの町民の方がエキストラ参加してくださるなど、地元の協力や交流が多かったそうで、「ホテルの近くに衣料品店があって、映画の撮影時に倍賞さんとかも行かれていたそうなんです。私が入った時に皆さん騒ぐこともなく普通に接してくだっさって、“この町、撮影に慣れてる”と思いました(笑)。良い距離感で温かく見つめてくださって、優しいなと思いました。ある日、小麦を探していると言ったら、小麦がドンと届いたことがあって。“たくさん作っているから大丈夫よ!”と気前よく言ってくださって、とてもありがたかったです。」と笑顔で振り返った。

NHK スーパープレミアム スペシャルドラマ「遙かなる山の呼び声」は、NHK BSプレミアムで11/24(土)21:00~放送。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

インタビューINTERVIEW

プロフィールPROFILE

MOVIE

1999年

05月

香港映画「もういちど逢いたくて ~星月童話~」※主演
2001年

05月

香港映画「A Fighter's Blues」※主演

12月

「千年の恋 ひかる源氏物語」(東映)
2003年

08月

「ゲロッパ!」(シネカノン)
2004年

02月

「赤い月」(東宝)※主演
2005年

07月

「星になった少年」(東宝)
2006年

05月

「間宮兄弟」(アスミック・エース・エンターテインメント)

07月

「ブレイブ ストーリ-」(声優)

10月

「地下鉄(メトロ)に乗って」(松竹・東急)
2007年

01月

「筆子・その愛-天使のピアノ-」※主演

01月

「魂(たま)萌え!」(シネカノン)
2008年

05月

「アフタースクール(クロックワークス)

08月

「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」(東宝)

10月

「釣りバカ日誌19」(松竹)
2009年

01月

「20世紀少年-第2章-最後の希望」(東宝)

08月

「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」(東宝)

10月

「引き出しの中のラブレター」(松竹)※主演
2011年

12月

「CUT」(ビターズ・エンド)
2012年

07月

「汚れた心」(アルバトロス・フィルム、インターフィルム)
2014年

05月

「野のなななのか」(PSC/TME) ※主演
2015年

01月

「望郷の鐘満蒙―開拓団の落日―」(現代ぷろだくしょん)

08月

「向日葵の丘-1983年夏」(IPSエンターテイメント) ※主演
2016年

09月

「だれかの木琴」(キノフィルムズ) ※主演
2017年

12月

「花筐/HANAGATAMI」(新日本映画社)

TV

1993年

07月

「悪魔のKISS」(CX)※主演
(~09月)
1994年

01月

「ザ・ワイドショー」(NTV)
(~03月)

07月

「カミング・ホーム」(TBS)
(~09月)

10月

「私の運命」(TBS)
(~1995年03月)
1995年

04月

「禁じられた遊び」(NTV)
(~06月)

07月

「愛していると言ってくれ」(TBS)※主演
(~09月)

10月

「まだ恋は始まらない」(CX)
(~12月)
1996年

04月

「みにくいアヒルの子」(CX)
(~06月)

07月

「真昼の月」(TBS)※主演
(~09月)

10月

「ひとり暮らし」(TBS)※主演
(~12月)
1997年

01月

「理想の結婚」(TBS)※主演
(~03月)

07月

「最後の恋」(TBS)※主演
(~09月)
1998年

04月

「めぐり逢い」(TBS)※主演
(~06月)

10月

「タブロイド」(CX)※主演
(~12月)
1999年

10月

「美しい人」(TBS)※主演
(~12月)
2000年

01月

「Beautiful Life」(TBS)※主演
(~03月)
2001年

01月

「カバチタレ!」(CX)※主演
(~03月)
2002年

01月

「ロング・ラブレター~漂流教室」(CX)※主演
(~03月)

08月

「恋愛偏差値~第2章 Party~」(CX)※主演
2003年

11月

「流転の王紀・最後の皇弟」 (ANB)※主演
2006年

05月

「ザ・ヒットパレード」(CX)
2007年

06月

「玉蘭」(ANB)※主演
2008年

02月

「ロス:タイム:ライフ」(CX)※主演

03月

「笑顔をくれた君へ~女医と道化師の挑戦~」(CX)※主演

04月

「眉山」(CX)※主演
2009年

01月

大河ドラマ「天地人」(NHK)
(~2009年11月22日)
2010年

09月

ドラマスペシャル「お母さんの最後の一日」(ANB)※主演
2011年

02月

「TAROの塔」(NHK)

06月

東野圭吾特別企画「回廊亭殺人事件」(CX)※主演

10月

土曜ドラマスペシャル「神様の女房」(NHK)※主演
2012年

01月

「忠臣蔵~その義その愛~」(TX)

11月

金曜プレステージ松本清張没後20年特別企画第3弾「疑惑」(CX)※主演

12月

「再会」(CX)
2013年

01月

日曜劇場「とんび」(TBS)
(~03月)

01月

メ~テレ50周年特別ドラマ「ゆりちかへ ママからの伝言」(ANB)※主演

10月

「月に祈るピエロ」(TBS) ※主演
2014年

10月

「東京にオリンピックを呼んだ男」(CX)
2015年

01月

「京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ 秋」(NHK BSプレミアム)※主演

03月

連続テレビ小説「まれ」(NHK)

08月

「京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ 夏」(NHK BSプレミアム)※主演

12月

「ビューティフル・スロー・ライフ」(NHK)※主演
2016年

03月

「京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ 冬」(NHK BSプレミアム)※主演
 
「鶴瓶の家族に乾杯」(NHK)※『家族に一杯』ナレーション レギュラー
(03月~)
2016年

10月

「旅するフランス語」(NHK Eテレ)
(10月~)

11月

「京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ 月夜の告白」(NHK BSプレミアム)※主演

12月

ドキュメンタリー「大ちゃんと為さん」※ナレーション
2017年

04月

「やすらぎの郷」(ANB)
(04月~)

STAGE

2005年

05月

KERA・MAP#003「砂の上の植物群」
(シアターアプル/05月01日~05月14日)
2006年

09月

TEPCO・1万人コンサート 16th 真説・山椒太夫 世界劇『黄金の刻(とき)』
―愛と永遠の絆―
(日本武道館/09月30日)

11月

「タンゴ・冬の終わりに」
(Bunkamuraシアターコクーン/11月04日~11月29日)
2007年

11月

「恐れを知らぬ川上音二郎~The Fearless og Otojiro's Company~」
(シアタークリエ/11月07日~12月30日)
2012年

09月

CBGK PREMIUM STAGE リーディングドラマ「Re:」~Session 2~
(CBGKシブゲキ!!/09月29日~09月30日)
2013年

04月

寺山修司没後30年パルコ劇場開場40周年記念公演
「レミング~世界の涯まで連れてって~」
(パルコ劇場/04月21日~05月16日)
(中日劇場/05月25日)
(イオン化粧品 シアターBRAVA!/06月01日~06月02日)

12月

「マクベス Macbeth」
(Bunkamura シアターコクーン/12月08日~12月29日)
2016年

05月

「8月の家族たち August:Osage County」
(Bunkamuraシアターコクーン/05月07日~05月29日)
(森ノ宮ピロティホール/06月02日~06月05日)
2017年

04月

「王将」
(下北沢・小劇場 楽園/04月27日~05月14日)

pagetop

page top