shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

柳楽優弥 映画「HOKUSAI」オンライントークイベント!

柳楽優弥主演映画「HOKUSAI」が5/28(金)公開初日を迎え、同日オンライントークイベントが行われた。

代表作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が2020年2月に新たに刷新された新パスポートや2024年度から使用される千円札のデザインに採用されるなど、今なお愛され続ける世界的アーティスト・葛飾北斎。19世紀にヨーロッパでジャポニズムブームを巻き起こし、マネ、モネ、ゴッホ、ゴーギャンなど数々のアーティストに影響を与え、西洋近代絵画の源流となった世界で最も有名な日本人で、米LIFE誌“この1000年で偉大な功績を残した100人”にも唯一の日本人として選ばれている北斎の知られざる生涯を初めて描く同作がいよいよ公開される。

柳楽は、青年期の葛飾北斎を演じている。

このイベントは、“今だからこそ映画『HOKUSAI』をニッポンに届けたいスペシャル!!”と題し、同作に出演する瀧本美織、玉木宏さん、メガホンをとった橋本一監督、そして柳楽が出演。MCの赤ペン瀧川さんによるスライドを使用した「3分でわかる『HOKUSAI』プレゼン」からスタートし、「謎多き絵師・葛飾北斎」「レジェンド絵師大集合」「歩み続けた男の一生」などのワードから映画の魅力に迫った赤ペン瀧川のプレゼンに柳楽は、「最高でした。聞きやすくて改めて映画の魅力を感じました。」と話した。

また「超厳選!! 私の好きな『HOKUSAI』イチ推シーン!!」のコーナーでは、キャスト陣それぞれがお気に入りの場面を紹介。田中泯さん演じる老年期の北斎が、青い絵具を手に雨中で舞う北斎ブルーが生まれたシーンを挙げた柳楽は、「北斎がようやくこの色に出会えたという喜びがダンスを交えて表現されているのはさすがです。感動しました。」と一発本番で捉えられた田中さんの表現力を絶賛した。

玉木さんは、柳楽演じる青年期の北斎が、絵を描く意味を見出せずにもがき苦しみ、海に飛び入り生死の淵までたどり着いた後に、自分らしさを見出して波打ち際で砂に絵を描くシーンをピックアップ。このシーンの撮影を振り返り柳楽は、「活き活きと絵を描くというイメージより、少し絶望した状態で「波」と出会ったのではないかと思い、監督と話し合いました。最初に監督が率先して海に入ってくださって、その背中をキャストとスタッフがぽつんと見ていた。その瞬間に現場が団結した気がします。」と話した。

その後、自身が演じた北斎について、「僕にとって北斎は憧れのアーティスト。圧倒的であり、アーティストの鏡のような人物。大尊敬。僕に勝てるところは何もない!」とリスペクトした。

そして最後に、「今の時代にあって、共感できる部分が沢山あります。好きなことを突き詰めようとする北斎の人生を見て『HOKUSAI』バイブレーションをブルブルに感じてほしいです!」と大ヒットに期待を込めた。

映画「HOKUSAI」は、現在公開中。
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top