shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

林遣都 主演映画「犬部!」場面写真一挙10点解禁&上海国際映画祭出品決定!

林遣都主演映画「犬部!」(7/22公開)の場面写真一挙10点解禁&上海国際映画祭出品決定が発表された。

同作は、片野ゆか著「北里大学獣医学部 犬部!」(ポプラ社刊)が原案。2004年頃に青森県十和田市にある北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物保護サークル“犬部”。設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公の、仲間たちと共に動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代という二つの時代構成で、かつての“犬部”の仲間たちを再び巻き込んで、信念を曲げずに突き進む奮闘を描く。

林は、超が付くほどの動物好きで、一匹でも多くの命を救うため、どんな状況でも諦めない熱血主人公・花井颯太を演じる。

今回解禁となった場面写真では、犬部メンバーの学生時代に加え、卒業から16年後、獣医師として、研究者として、動物愛護センター職員として、それぞれの想いを抱えながら、動物たちのために走り続ける成長した彼らの姿が切り取られている。

林遣都演じる花井颯太は、「殺処分ゼロを目指す!」という目的のため、どんな状況でも諦めずに奮闘する熱血主人公。学生時代は、中川大志演じる相棒の柴崎涼介と共に、”犬部“として保護活動に邁進する。解禁となった場面写真の中には、二人が初めて出会い、それぞれが保護施設から引き取った子犬を抱いた2ショットが到着しているほか、卒業後、獣医師として保護活動にも力を入れながら、学生時代からのパートナーである犬の花子と病院で眠りこけてしまう印象的な姿が切り取られている。

あわせて、「殺処分を止めるために動物愛護センターの所長になる」という切なる思いを抱えて、あえて、動物愛護センター職員という道を選んだ柴崎が、辛い現実と向き合いながらも柔らかな笑顔を見せている1枚や、「犬部」の猫担当で研究者の道へ進んだ大原櫻子演じる佐備川よしみが、白衣を纏い、子猫を見つめる様子、さらには颯太同様、父の動物病院で獣医師として働く浅香航大演じる秋田智彦の写真が到着した。

また、田辺桃子が演じる颯太を頼って病院を訪れる学生川瀬美香、安藤玉恵演じる看護師深沢さと子、坂東龍汰演じるよしみの後輩の研究者田原優作、田中麗奈演じる動物愛護センターでの柴崎の同僚門脇光子の写真も解禁された。

さらに、2021年6月11日から開催予定の第24回上海国際映画祭【パノラマ部門NIPPON EXPRESS】への出品も決定した本作。本映画祭は客層が若く、特に日本の新作映画は毎年チケットが完売になるほど話題を呼ぶアジア最大規模の映画祭となっており、現地の若者が本作をどう捉えるのか、反響に期待が寄せられている。

映画「犬部!」は、7月22日(木・祝)全国ロードショー!
いまも続く動物保護というテーマと真摯に向き合い、命の大切さ、動物たちの未来を守ろうとする人々の気高さを美しく描ききった映画『犬部!』。ぜひ、今後の続報にご期待ください!

【ストーリー】
青森県十和田市に、一人の変わり者がいた。花井颯太(林遣都)22歳、獣医学部の大学生。子どもの頃から大の犬好きで、一人暮らしのアパートには保護動物がぎっしり。周りからは変人扱いされても、目の前の命を救いたいという一途な想いで保護活動を続けていた。ある日颯太は、心を閉ざした一匹の実験犬を救ったことから、ひとつでも多くの命を救うため、動物保護活動をサークルにすることを思いつき「犬部」を設立。颯太と同じく犬好きの同級生・柴崎涼介(中川大志)らが仲間となり動物まみれの青春を駆け抜け、それぞれの夢に向かって羽ばたいていった。颯太はひとつでも多くの命を救うため動物病院へ、そして柴崎は動物の不幸な処分を減らすため動物愛護センターへーー。
「犬部」から16年後。獣医師となっても一途に保護活動を続けていた颯太が逮捕されたという報道をうけて、開業医として、研究者として、動物愛護センター所長として、それぞれの想いで16年間動物と向き合ってきたメンバーたちが再集結するが、そこに柴崎だけがいなかった……。


(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top