shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山田孝之 主演映画「はるヲうるひと」公開記念舞台挨拶!

山田孝之主演映画「はるヲうるひと」の公開記念舞台挨拶が、6/5(土)テアトル新宿にて行われ、監督・共演者らと共に山田が出席した。

同作は、鬼才俳優・佐藤二朗が原作・脚本・監督を手掛け、自らも出演。自らが主宰する演劇ユニット【ちからわざ】で2009年に初演、2014年に再演され演劇界からも絶賛された舞台を約5年掛けて完成させた”入魂”の作品。山田は、主人公・真柴得太を演じる。

上映後舞台挨拶に登壇した山田は、「今日は観てくれてありがとうございます。そして、得太をはじめとする寂しい孤独な人たちに少しでも寄り添ってくれてありがとうございました。あとは・・・るろうに剣心を観に行ってください。映画は全て仲間ですから。」と挨拶し、笑いを誘った。

公開を迎えての感想を問われると、「二朗さんが“はるヲうるひと”というストーリーと得太を十数年前に生み出してから、二朗さんが得太を演じて、そこから誰にも触れられずにフワフワと宙を舞っていたような状態の得太に僕は一瞬寄り添うことができましたが、そこからまた得太が可哀想だなと思っていましたので、こうやって大勢の方々に観ていただいて得太の事を知ってくれて、ちょっとぐらい彼の気持ちが楽になっているんじゃないかなと思って、やっと重荷が取れたというか、すっと抜けた嬉しい気持ちです。」とコメント。

得太を通して感じてもらいたいことは?という質問では、「皆さん境遇も違うので、何を思うのかそれぞれだと思いますが、只々これだけ多くの方々に知ってもらえたのが僕は嬉しいです。皆さんの気持ちに少し傷が付いてしまったかもしれませんが、その覚悟を持って観に来てくれたと思っているので、僕も得太も本当に救われた気持ちです。」と語った。

最後に、「面白いから観なよという感じで薦めるような映画ではないと、観ていただいた皆さんは感じているとは思いますが、ここに出てくる人たちはとても孤独で、1人では持てないようなものを持っている人たちです。そこを救うことはできないけれど、皆さんが観て、ちょっとでも感じてあげることで、少しでも救われるんじゃないかなと思うので、そういった意味で薦めていただいて、ここに出てくる人たちを救う手助けをしてくれたらなと思います。よろしくお願いします。」とメッセージを送った。

映画「はるヲうるひと」は、テアトル新宿ほか全国にて公開中!
是非ご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top