shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」公開記念イベント!

山﨑賢人主演映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」公開記念イベントが6/6(日)に行われ、監督・キャストと共に山﨑が登壇した。

同作は、1956年にアメリカで発表されて以来、色褪せぬ名作として世界中で愛される伝説的なSF小説「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)を初実写映画化。舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語として描かれる。

将来を期待される科学者の高倉宗一郎は、亡き養父である松下の会社で研究に没頭していた。ずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子と愛猫ピートを、家族のように大切に思っていた。しかし、研究の完成を目前に控えながら、宗一郎は罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京――。宗一郎は、研究もピートも、すべてを失い、璃子が謎の死を遂げていたことを知る。愕然とする宗一郎だったが、人間そっくりなロボットの力を借り、未来を変えるために動き出す。璃子を絶対救うという、信念とともに。

山﨑は、孤独な科学者・高倉宗一郎を演じる。騙され奪われた研究の結晶ともいえるロボットや会社、大切な人を30年の年月を超えて取り戻しにいく。

イベントに登壇した山﨑は、「(当初予定されていた公開日が)延期になってしまいましたが、『夏への扉』というタイトルなので6月に公開できるというのは逆に良かったのではないかと思います。やっと公開できるのだなとすごくワクワクしています。」とコメント。

お気に入りのシーンについて、「時を超えるからこそ普段の何気ないセリフがかっこよくなっていまして、それは(璃子役の)清原果耶さんとのシーンだったのですが、すごく好きなところです。」と語った。

同作の主題歌であるLiSAさんの『サプライズ』にちなんで、“最近サプライズな出来事はあったか?”と聞かれ、「姪がいま2歳くらいで、ずっと会うたびに泣かれていたのですが、この間会ったときに、“けんちゃん”と呼んでくれるようになったのでサプライズでした(笑)。可愛くて嬉しかったです。」と笑顔を見せた。

イベント終盤では、劇中で宗一郎が、かけがえのない存在である璃子を、時を超えて救おうとするラブストーリーであることにちなみ、山﨑が点灯スイッチを押して、東京タワーが“恋の色”をイメージしたピンク色にライトアップされた。

そして最後に、「この映画は本当にレトロでチャーミングで、いろいろな愛の形が詰まった心温まる作品です。また、最後にものすごく幸せなサプライズが待っていまして、いろいろな世代の方に楽しんでいただける映画になっていると思います。ぜひ観ていただきたいです。本日はありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」は、6/25(金)全国ロードショー。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top