shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

三木孝浩 監督作品・映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』初日舞台挨拶!

三木孝浩監督映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』が6/25(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ六本木で行われた舞台挨拶に三木が登壇した。

同作は、1956年にアメリカで発表されて以来、色褪せぬ名作として世界中で愛される小説「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)を初実写映画化。舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語として描かれる。

将来を期待される科学者の高倉宗一郎は、亡き養父である松下の会社で研究に没頭していた。ずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子と愛猫ピートを、家族のように大切に思っていた。しかし、研究の完成を目前に控えながら、宗一郎は罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京――。宗一郎は、研究もピートも、すべてを失い、璃子が謎の死を遂げていたことを知る。愕然とする宗一郎だったが、人間そっくりなロボットの力を借り、未来を変えるために動き出す。璃子を絶対救うという、信念とともに。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した三木は、「今日という公開の日を無事に迎えることができて嬉しく思っています。撮影中は、まさかこんな未来があるとは思っていなかったので、先を見通すということは難しいなと思いつつ、この映画は素敵な未来が待っていると思うので、今日は楽しんでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。」と挨拶。

同作に共感した部分、影響を与えられた部分を問われると、「人って行動を起こす時に自分のためだけに動いたら、挫折したり、前に進めないというところがあると思うんです。今作の宗一郎も自分のためじゃなく璃子のためだからこそ、自分の思っている以上の力が発揮できたりだとか、何か未来を変える力が出せたりというのがあると思うんですよ。僕も仕事をする上で、自分のためというよりかは誰か、それこそ一緒に作っているみんなのためだったり、お客さんのためというのが自分を動かす推進力になったら良いなと思っています。」と語った。

同作の副題「―キミのいる未来へ―」にちなんで、見たい未来を聞かれると、「2時間後、目の前のお客さんが笑顔になっている未来が見たいです。あとは、みんなで打ち上げができる未来が見たいですね。今はなかなかみんなで完成を喜び合うことができない状況ですので。」と話した。

イベントでは、劇中に登場する相棒猫のピートが登壇する一幕も。ピートについて、「すごい優秀なんです。映画で動物を撮影するってコントロールが利かないですし、特に猫って人の思うように動いてくれないのが魅力だったりもするじゃないですか。だから現場入るまでドキドキしていたんですけど、本当に優秀でした。」と振り返った。

そして最後に、「舞台上にいるキャストほか素敵なキャストの皆さんに囲まれて、スタッフ一同本当に気持ちを込めて作った作品です。どうかその愛を受け止めて楽しんでいただけたら嬉しいです。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、締めくくった。

映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」は、大ヒット公開中!
ぜひご覧ください!

■公式サイト
https://natsu-eno-tobira.com/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top