shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

城桧吏 映画「都会のトム&ソーヤ」完成披露舞台挨拶!

城桧吏主演映画「都会のトム&ソーヤ」完成披露舞台挨拶が、6/29(火)に行われ、監督・共演者とともに城が登壇した。

本作はシリーズ累計200万部を超える大人気の推理小説シリーズ「都会(まち)のトム&ソーヤ」(講談社YA!ENTERTAINMENT刊)が原作。ごく普通の中学生だが、実は類稀なるサバイバル能力を持つ内藤内人と、一大財閥“竜王グループ”の御曹司で学校一の秀才である竜王創也の対照的な二人が、天才ゲーム・クリエイター集団「栗井栄太」が仕掛ける、街中を舞台にしたリアルRPGゲーム<エリアZ>に出現する数々の「謎」を解きゲームクリアを目指すため、都会の様々な場所を舞台に推理と冒険を繰り広げていく物語。映画版は原作では描かれていないオリジナルストーリーを展開する。

平凡な中学生・内藤内人(城)は下校途中に、クラスメイトで大企業の御曹司・竜王創也(酒井大地)が突然姿を消すのを目撃する。小さな路地の前には創也の秘密の場所へと繋がる鍵が落ちていた。鍵を拾った内人がたどり着いた先は創也がゲームを作っている秘密基地のような空間の「砦」。そこで正体不明のゲームクリエイター“栗井栄太”が新作ゲームのテストプレイヤーを募集しているという不思議な画面を見た内人。「不敵にほほ笑む創也に誘われ、翌日2人は地下道を進み、奥にある扉を開ける。そこには天才ゲームクリエイター“栗井栄太”の4人がいた。2人は“栗井栄太”に挑発され、新作ゲーム「エリアZ」に挑むことに。しかしその会場で恐ろしい姿をしたZが次々と参加者を襲い始める。「この街はエリアZとして封鎖されました!……街を救うことができなければ世界政府の手によって街ごと爆破されてしまうのです!」。内人と創也は「エリアZ」をクリアして、街を救うことができるのか…。

城は、主人公・内藤内人を演じる。勉強もスポーツも平均的。幼馴染でクラスメイトの堀越さんに淡い恋心を抱いている。自称「どこにでも居る平凡な中学2年生」。しかし、実は人並外れたサバイバル能力を持つ。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した城は、「皆さん、今日はお越しいただきありがとうございます。この作品は小学生のときに読んでいたので、出演が決まって嬉しい気持ちと不安な気持ちがありました。コロナのこともあって、一度撮影が延期になってしまったのですが、無事に撮影も終わり、皆さんの協力もあって、ついに今日を迎えられて、嬉しい気持ちでいっぱいです。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

公開を控えた現在の心境について、「まずはこの場に立ててとても嬉しく思っています。無事に撮影が終わって、皆さんに観てもらえることが嬉しいです。内人という役と僕の性格は、元気なところ、明るいところが一番似ているなと思います。」と話した。

同作で初主演を飾る城は、現場で主演として意識したことを聞かれると、「出来る限り明るい現場にしようと2人(酒井、城)でギャグを言って皆のことを盛り上げたり、いろいろやりました。」と明かした。

イベント内では、撮影の裏側に迫ったメイキング映像が上映され、「今思い出しても涙が出てきそうです…。クランクアップでは、皆と撮影を頑張ってきて、その分たくさんの思い出があったので、撮影が終わっちゃうんだなと思って悲しかったです。」と振り返った。

市原隼人や本田翼をはじめ、先輩方との共演については、「最初はすごく緊張しました。でも撮影の合間はすごく優しくて、良い思い出がたくさん出来ました。僕が椅子に座って寝てしまったとき、市原さんと本田さんが僕にいたずらをして、その写真を撮って皆で見て笑っていて、楽しい現場でした。」と笑顔を見せた。

また物語にちなみ、この夏挑戦したいことは?という質問に、「バンジージャンプに挑戦してみたいです。高いところは大好きで、小さい頃から高いところからジャンプするようなやんちゃな子どもでした。怖いだろうけど、人生に一回は体験をしてみたいです。」と話した。

最後に、「この映画は謎解き要素も含まれているので、観ながら謎解きも考えてもらって、さらに内人と創也の凸凹コンビがお互いの足りない部分を支え合いながらいろんな謎に挑戦していくところも見どころなので、ぜひ楽しんでください。今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「都会のトム&ソーヤ」は、7/30(金)全国公開!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top