shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

新木優子 映画「100日間生きたワニ」初日舞台挨拶!

新木優子 声優出演映画「100日間生きたワニ」の初日舞台挨拶が、7/9(金)TOHOシネマズ六本木にて行われ、監督・共演者らと共に新木が登壇した。

4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」(著:きくちゆうき)が、タイトルを改め「100日間生きたワニ」としてアニメーション映画化。100日間のワニの日常と、そこから100日後の大切なものを失った仲間たちの姿を描く。
新木は、センパイ役を演じる。主人公・ワニのアルバイト先の先輩という役どころだ。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した新木は、「本日は足元が悪い中お越しいただき、ありがとうございます。少しの時間になりますが、楽しい時間になればいいなと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

続けて、「(コロナ禍で)お客さんが入れるようになってから舞台挨拶をやらせていただくのが初めてで、またこうやって劇場に来てくださった皆さんに完成しましたとお伝えできるのが嬉しいです。」と笑顔で語った。

神木隆之介さん演じるワニとセンパイのアドリブシーンについて話題が挙がると、「緊張しました。でも2人のアドリブしたシーンが、わりと緊張感のあるシーンだったので、その緊張感が良く出ていたかなと思います。」と振り返った。

また、他キャストたちとのアフレコを振り返り、「すごく楽しかったですし、男の友情って素敵だなと改めて実感しました。」とコメント。

好きなシーンには、ワニがネズミのお見舞いに行くシーンを挙げて、「2人のやり取りが良いなと思って。何でもない日常なんだけど、すごくほっこりするやり取りで。そのやり取りの流れが後半のキーになっていたりして、すごく素敵でした。」と話した。

劇中のどのキャラクターに自分が似ているかという問いには、「似ているというか憧れる存在としてイヌです。場を盛り上げるというか、その場にいる事によってみんなが元気になれる存在って素敵だなと思って。」と答えた。

映画「100日間生きたワニ」は、全国公開中!
ぜひご覧ください。

【あらすじ】
桜が満開の3月、みんなで約束したお花見の場に、ワニの姿はない。
親友のネズミが心配してバイクで迎えに行く途中、満開の桜を撮影した写真を仲間たちに送るが、それを受け取ったワニのスマホは、画面が割れた状態で道に転がっていた。

100日前―――
入院中のネズミを見舞い、大好きな一発ギャグで笑わせるワニ。毎年みかんを送ってくれる母親との電話。バイト先のセンパイとの淡い恋。仲間と行くラーメン屋。大好きなゲーム、バスケ、映画…
ワニの毎日は平凡でありふれたものだった。

お花見から100日後――
桜の木には緑が茂り、あの時舞い落ちていた花びらは雨に変わっていた。
仲間たちはそれぞれワニとの思い出と向き合えず、お互いに連絡を取ることも減っていた。
そんな中、みんなの暮らす街に新たな出会いが訪れる。
引っ越ししてきたばかりで積極的なカエルに、ネズミたちは戸惑いを隠せず…

変わってしまった日常、続いていく毎日。
これは、誰にでも起こりうる物語。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top