shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

城桧吏 映画「都会のトム&ソーヤ」公開記念オンライントークイベント!

城桧吏主演映画「都会のトム&ソーヤ」公開記念オンライントークイベントが8/1(日)に行われ、城が登壇した。

本作はシリーズ累計200万部を超える大人気の推理小説シリーズ「都会(まち)のトム&ソーヤ」(講談社YA!ENTERTAINMENT刊)が原作。ごく普通の中学生だが、実は類稀なるサバイバル能力を持つ内藤内人と、一大財閥“竜王グループ”の御曹司で学校一の秀才である竜王創也の対照的な二人が、天才ゲーム・クリエイター集団「栗井栄太」が仕掛ける、街中を舞台にしたリアルRPGゲーム<エリアZ>に出現する数々の「謎」を解きゲームクリアを目指すため、都会の様々な場所を舞台に推理と冒険を繰り広げていく物語。映画版は原作では描かれていないオリジナルストーリーを展開する。

平凡な中学生・内藤内人(城)は下校途中に、クラスメイトで大企業の御曹司・竜王創也(酒井大地)が突然姿を消すのを目撃する。小さな路地の前には創也の秘密の場所へと繋がる鍵が落ちていた。鍵を拾った内人がたどり着いた先は創也がゲームを作っている秘密基地のような空間の「砦」。そこで正体不明のゲームクリエイター“栗井栄太”が新作ゲームのテストプレイヤーを募集しているという不思議な画面を見た内人。「不敵にほほ笑む創也に誘われ、翌日2人は地下道を進み、奥にある扉を開ける。そこには天才ゲームクリエイター“栗井栄太”の4人がいた。2人は“栗井栄太”に挑発され、新作ゲーム「エリアZ」に挑むことに。しかしその会場で恐ろしい姿をしたZが次々と参加者を襲い始める。「この街はエリアZとして封鎖されました!……街を救うことができなければ世界政府の手によって街ごと爆破されてしまうのです!」。内人と創也は「エリアZ」をクリアして、街を救うことができるのか…。

城は、主人公・内藤内人を演じる。勉強もスポーツも平均的。幼馴染でクラスメイトの堀越さんに淡い恋心を抱いている。自称「どこにでも居る平凡な中学2年生」。しかし、実は人並外れたサバイバル能力を持つ。

この日は、原作者のはやみねかおるさん、脚本を務めた脚本家・徳尾浩司さんのトークイベントに城と酒井大地がサプライズで登壇した。城は、「このような機会にはやみねさんとお会いできて嬉しいですし、徳尾さんとは初めてお会いできて嬉しいです。今日は短い間ですが、よろしくお願いします。」と挨拶。

初めて台本を読んだときの感想について、「本をめくるスピードが止まらなくて、あっという間に読み終わったぐらい面白かったです。ここどうやって撮影するんだろうと想像するのも楽しかったです。」と話した。

印象に残っているシーンについて、砦に滑り台で入っていくシーンを挙げ、「滑り台がすごく楽しかったです。思った以上に滑ったのでびっくりしました。」と振り返った。

今作で初主演を務めた城は、今後どんな俳優になりたいですか?という質問に、「いろいろな役ができる俳優になりたいです。怖い役もやってみたいですし、身体を動かすのが大好きなのでアクションにも挑戦してみたいです。」と明かした。

現在、東京五輪が開催されていることから、印象に残っている競技は?という質問には、「競泳とソフトボールです。競泳は大橋悠依選手が二冠を達成して見ていた僕も“金メダルだ!”と盛り上がりましたし、ソフトボールもチームで頑張っている姿に感動しました。」と話した。

最後に、「この作品は謎解き感覚で楽しめますし、内人と創也がお互いの足りない部分を補い合いながらいろんなことに挑戦していく姿も魅力的なので、ぜひご覧ください!」とメッセージを送った。

映画「都会のトム&ソーヤ」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top