shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

柳楽優弥 ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」ビジュアル解禁!

柳楽優弥主演、新土曜ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」(日本テレビ系)のビジュアルが解禁となった。

同作は、累計140万部以上の中学受験の実態をリアルに描いた同名人気マンガが原作で、最強で最悪なスーパー塾講師・黒木蔵人を主人公に、中学受験を舞台にした人生攻略ドラマ。

柳楽は、同作の主人公・黒木蔵人を演じる。
黒木は、業界最大手の名門中学受験塾から、 業績不振の中堅塾「桜花ゼミナール」に校長として迎えられたスーパー塾講師。
着任早々、彼は新6年生に「全員を第一志望に合格させる」と宣言。 受験塾はサービス業、子供の将来を売る場所だと言い切る黒木。
しかし、その超現実的で本音主義の黒木は、その鋭い洞察力と行動力で 個々の生徒の本質を見抜き、親の不安を解決に導いていく…。

昨年7月期放送予定も、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため放送延期を発表していた同作。クランクインを迎え柳楽は、「無事に撮影の日が迎えられて嬉しく思います。
気持ちとしては、一年がかりで準備して、ようやく撮影に挑めるなという感覚です。
今回、ようやく井上さん、加藤さんと3人で会えて、みなさんと一緒に良い作品を作り上げていきた いなと改めて思いました!
黒木蔵人は、佐倉先生や周りの先生や生徒に鋭い指摘をする強烈なキャラクターですが、そのキャラクターを楽しんでいただきたいです。ぜひご覧ください。」とコメントを寄せた。

ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」は日本テレビ系にて10/16(土)より毎週土曜22:00~放送。
ぜひご期待ください!

【あらすじ】
中学受験生のうち「約7割が第一志望に受からない」といわれる昨今。東京都は特に激戦区で、4人に1人が中学受験を経験、しかしいわゆる“都内トップ校”に合格するのは10人に1人程度。ドラマの舞台となる「桜花ゼミナール」は、難関校合格者を数名出してはいるものの、合格実績はあまりふるわない中堅中学受験塾。一方、都内トップ校合格者の6割を輩出しているという隣接する業界最大手の名門中学受験塾は、一部の優秀な生徒を中心に事業を展開し、下位者はバッサリ切る方針で好実績を叩き出している。桜花ゼミナールは、あくまで生徒一人一人に合った指導と進路指導を展開していた。しかし、今年は、御三家(開成、麻布、武蔵)合格者はゼロという惨敗の結果となっていた。そんな桜花ゼミナールのテコ入れの為に新たな塾長がやってくる。
それが、このドラマの主人公・黒木蔵人。
黒木は業界最大手の名門中学受験塾の元カリスマ講師だった。バケモノ級トップ塾のトップ講師がなぜこんな中堅塾の桜花ゼミナールに…?そんな皆の疑問をよそに、黒木は着任早々、とんでもないことを言い放つ。「塾は“子どもの将来”を売る場所。生徒は“金脈”、その親たちは“スポンサー”だ」と。しかし、黒木は生徒たちの前で堂々と「ここにいる全員を、絶対に第一志望校に合格させる」と宣言するのだった。
戸惑う塾講師たちに黒木は問う。子供を合格へ導くのに一番大切なことは何か?黒木は言い放つ、その答えは「父親の経済力」と「母親の狂気」だと。
果たして黒木は、どんな指導で生徒を導くのか。本当に子供たち全員を合格させることができるのか。そして、その先に何を見るのか。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top