shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

金井純一 監督作品・映画『マイ・ダディ』公開初日舞台挨拶!

金井純一監督作品映画『マイ・ダディ』が9/23(木・祝)公開初日を迎え、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた舞台挨拶に金井が登壇した。

同作は、CCCグループのカルチュア・エンタテインメント株式会社と、株式会社蔦屋書店が主催し、これまでに、「嘘を愛する女」、「ブルーアワーにぶっ飛ばす」等、多くの良質な作品を世に生み出してきた映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYACREATORS'PROGRAM(TCP)」の2016年準グランプリ受賞企画『ファインディング・ダディ』を、『マイ・ダディ』というタイトルで映画化した作品。

御堂一男(ムロツヨシさん)は、中学生の娘・ひかり(中田乃愛さん)と2人暮らし。最愛の妻・江津子(奈緒さん)は8年前に他界。一男は小さな教会の牧師をしながら、ガソリンスタンドでアルバイトに励みつつ、ひかりを男手ひとつで育てている。思春期に突入したひかりはちょっぴり反抗的な時もあるが、優しくて面白いお父さんのことが大好き。牧師として多くの人に慕われ、たまに娘と些細な喧嘩をしながらも、2人の穏やかで幸せな日々は続いていく……と思っていた、ある日、突然ひかりが倒れてしまう。病院で下された診断は“白血病”。混乱し事実が受け入れられない一男だったが、担当医師からある衝撃的な事実を告げられる。なんと、愛する娘は、自分の実の子ではなかった。ひかりに適合するドナーは「数百万人に一人」という残酷な現実が一男をうちのめすが、「血縁者は適合率が上がる」という事実に気付いた一男は、ある思い切った行動に出る……。

上映後に行われた舞台挨拶にて金井は、「今日こうしてキャストの皆さんと初日を迎えることができて幸せな気持ちです。最後まで楽しんで舞台挨拶をできればと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

自身のTwitterにて100日間“#●日後に公開する映画マイダディ“というハッシュタグとともに同作に関する投稿をしていたといい、「100日前から連続で昨日までこの映画のことをつぶやかせていただきました。実は昨日の投稿は、最後の5行の頭文字を上から縦に読んでいくと”ムロツヨシ“になるんです。最後の”シ“が主演の主という字に紛れていて、100日つぶやいたのでファンの方で誰かは気付くだろうなと思っていたのですが、誰一人気づいていませんでした(笑)。凝りすぎたラブレターを送ったら気づかれずに振られたみたいな感じになってしまいました。」と笑いを交えて語った。

続いて、SNSで”ムロツヨシさんに泣かされた”という感想が飛び交っているという話題に。ムロツヨシさんが同作での演技について、“監督のおかげで、いつものおちゃらけや汚い手を使ってでも人の笑い声を取る、というのとは違う感触を初めて味わった”と明かすと、「今までにないムロさんを撮りたいということは初めにお話しさせていただいたのですが、何年もかけてこの脚本を完成させたので、それをムロさんがやりたいと言ってくださった時点で“ああ、良かった”と思いましたし、この映画がうまくいくんじゃないかという手ごたえがありました。今回初めてムロさんとタッグを組みまして、この映画が伝わるよう真っ直ぐに純度が高くやっていけたので、僕としても財産になりましたし、仕上がりとしても良いものができたと思うので本当に良かったなと。胸がいっぱいです。」と話した。

そして最後に、「あっという間の舞台挨拶でしたが、とても楽しく過ごせたなと思います。今日からがスタートですので、この映画をぜひ全国に広めていただけたら嬉しいです。この後も、ムロさん、皆さんと一緒に走り続けたいと思います。ありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画『マイ・ダディ』は、絶賛公開中!
ぜひご覧ください。

■公式サイト
https://mydaddy-movie.jp/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top