shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 映画「恋する寄生虫」完成披露試写会 舞台挨拶!

小松菜奈W主演映画「恋する寄生虫」の完成披露試写会 舞台挨拶が、9/29(水)新宿バルト9にて行われ、林遣都、柿本ケンサク監督と共に小松が登壇した。

同作は、新鋭作家・三秋縋の「恋する寄生虫」を原案に、孤独な 2 人が「虫」によって「恋」の病に落ちていく、臆病者たちの切なくも美しい“恋×虫”ラブストーリー。
運命か、偶然か、それとも虫の仕業か―――今までに味わったことのないような異色のラブストーリーが幕を開ける。

極度の潔癖症で人と関わることができずに生きてきた青年・高坂賢吾(林遣都)。ある日、見知らぬ男から視線恐怖症で不登校の高校生・佐薙ひじり(小松)と友だちになって面倒をみてほしい、という奇妙な依頼を受ける。露悪的な態度をとる佐薙に辟易していた高坂だったが、それが自分の弱さを隠すためだと気づき共感を抱くようになる。世界の終わりを願っていたはずの孤独な2人はやがて惹かれ合い、恋に落ちていくが———。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した小松は、「撮影は約2年ぐらい前でしたが、やっとお客様に披露できる事に喜びを感じています。これから観ていただくと思いますが、最後まで楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

完成した同作を観た感想を問われると、「脚本ではCGなどが分からなかったので、どんな風になっているかすごく楽しみでした。(林遣都演じる)高坂賢吾は極度の潔癖症で、私の演じる佐薙は視線恐怖症という、他人からは見えないものの苦しみを抱えているけど、この映画では柿本さんの手によって、その見えない部分が体感できるというか、CGでその人の状況が感じられるのが新しいなと思いました。それがポップに描かれている部分もあり、1人1人の登場人物が抱えている気持ちだったり、お互いがぶつかり合う部分の繊細な美しさだったり、冒頭の遣都さんとCGの感じが本当に美しくて、目の保養というか、見入っちゃいました。」と話した。

林との初共演については、「現場で自分が迷った時や戸惑った時に、この台詞をどう言えばいいかというのも全部話せる人だったので、それを伝えると遣都さんが家に持ち帰ってくださって、『僕はこう思うんだよね』と考えてきてくださったり、本当に優しいなと思いました。救われましたし、いろいろ助けていただきました。」とコメント。

佐薙を演じるにあたっては、「視線恐怖症の表現がやはり難しかったです。冒頭に『同じニオイを感じた』という台詞があって、もちろん最初は目を見ることができないけど、この人なら大丈夫かもという部分をヒントとしながらやっていました。他人に対してはどうしても縮こまってしまう部分とのバランスや、佐薙の身に着けているヘッドフォンも佐薙の鎧となるものだと思ったので、それの捌き方など、色々考えて(林や監督と)相談しながら自分でこう見せたいということもやりながらで、難しい役でした。」と明かした。

舞台挨拶中には、タイトルにちなんで『恋する○○』を発表する一幕も。『恋する塗り絵』と発表した小松は、「大人の塗り絵というのがあって、世界の名画の塗り絵なのですが、ゴッホやモネの作品を自分の想像で塗り絵していくというのにハマっています。無心で2時間でも3時間でもやれますし、良い時間だなと思ってハマっています。」と笑顔で語った。

最後に、「今日は本当にありがとうございました。撮影を終えたのが約2年前で、その時はまだマスクもしなくても良い時代だったので、最初に台本を読んだ時は、マスク越しのキスとか違和感があったりもしたのですが、それが今となっては有り得ないことじゃなくて、本当にそういう風になってきたなというか、この時代にそういった作品を1つ残すことができて良かったなと思いました。異色のラブストーリーということで、新しいもの見たという気持ちで観てもらえると思いますし、惹かれ合う2人の姿が切なくも愛おしくも描かれているので、是非そこも観ていただけたら嬉しいです。」とメッセージを送った。

映画「恋する寄生虫」は、11/12(金)全国ロードショー!
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top