shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

森崎ウィン 映画「僕と彼女とラリーと」公開初日舞台挨拶!

森崎ウィン主演映画「僕と彼女とラリーと」が10/1(金)に公開初日を迎え、イオンシネマ板橋で行われた舞台挨拶に森崎が登壇した。

本作は、2021年11月の「FIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦フォーラムエイトラリージャパン2021」の開催地となる愛知県豊田市・岐阜県恵那市を舞台に、過去の確執と向き合い乗り越えようとする若者の“新たなチャレンジ”と、“故郷の仲間たち”との繋がりを移りゆく自然豊かな美しい四季折々オールロケで描き出す、心あたたまるヒューマンストーリーとなっている。

大学進学を機に上京し役者を目指す大河は、ある日突然、地元で暮らす幼馴染の美帆から父の急死を知らされる。父はラリーで数々の栄誉に輝いたメカニックで、今は豊田市の外れで「北村ワークス」を営んでいた。
しかし、大河は幼い頃死別した母を想い、家庭を顧みなかった父を今も許せておらず、釈然としない思いのまま久しぶりに故郷へ帰る…。
実家ではエリート銀行員の兄が、優秀なメカニックの父なしに経営存続は難しいと考え、「北村ワークス」を畳む決断をする。一方、大河は実家で兄と遺品整理する中で父の知らなかった過去に初めて触れる。さらにシングルマザーとして奮闘する美帆や、父が若き日にともにラリーをめざした親友・宮本武蔵、路頭に迷う従業員たちと向き合ううちに、父の残した本当の思いに気づき、自分自身と仲間たちの再起をかけてラリーにチャレンジしようと決意する。
しかし、素人の大河、頼りない仲間たちとの挑戦には、予想もしていなかった困難が待ち受けていた――。

森崎は、父親との確執により過去にとらわれ将来に迷う主人公の青年・北村大河を演じる。

上映前に行われた舞台挨拶にて森崎は、「本日はお足元の悪い中 劇場にお越しいただきまして、本当にありがとうございます。こうやって初日を迎えることができて、大変嬉しく思っております。短い時間ではございますが、最後まで楽しんでいただけたらなと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

初日を迎えた心境について、「昨日ちょうど緊急事態宣言も解かれまして、素敵なタイミングだなと思っていたら台風が来ました(笑)今ちらっと外を見たら雨は止んでいたのですが風が強いので、皆さん映画を観終わって帰る時は気を付けてお帰りいただけたら。この日を迎えられたことを本当に僕は嬉しく思っております。」と語った。

ヒロイン・上地美帆を演じた深川麻衣さんとは、本作が初共演。初対面からの印象の変化を聞かれると、深川さんから「(森崎は)集中すべき時のスイッチの切り替えがすごく、自分の時間を持つのが上手い。集中したいシーンの前はふらっといなくなって、端の方で自分の時間を作っていたり、ストイックな猫みたい。」というエピソードが明かされた。

オールロケで描かれた本作。撮影合間の過ごし方について森崎は、「実は僕、自分の車を豊田まで持って行っていて、毎日自分の車でマネージャーと一緒に向かっていたんです。ちょっと時間が空くと、車を使って周辺をドライブして景色を楽しんだりとか。帰りも一日中撮影をして疲れてるのに、あえて運転して帰ったりして、街とコミュニケーションを取りながら、肌感で街と仲良くなってという感じの過ごし方をしていました。」と明かした。

また、2人のデートシーンがあることが明かされ、そこで森崎が歌うシーンがあるという。台本では歌詞だけで、曲はついていなかったとのこと。森崎は、「北村大河としての役作りとして、『僕が曲を作ってみて、大丈夫だったら使ってくれますか?」と監督に相談して作らせていただきました。」と明かしたが、「デートで歌うって…。プライベートでは絶対やりませんね(笑)」と会場の笑いを誘った。

さらに、この地元でのデートシーンにちなみ、自分の地元でデートで行きたいところを聞かれると、「僕の故郷に行く場合は、デートじゃなくて旅行になりますね(笑)ミャンマー出身でございますので。ミャンマーに僕が好きな場所で、世界遺産にも選ばれた“バガン“という所があるんです。ミャンマーは80%以上が仏教の国なので、お寺のようなものがいっぱい建っているんですよ。行くと心が穏やかになるといいますか。遺跡巡りに一緒に行けたらと思います。日の入り・日の出がめちゃくちゃ綺麗なんです。天気によって霧がかっていたりして。」と話した。

「チャレンジすることの大切さ」がテーマの本作にちなみ、30代になってチャレンジしたいことを聞かれると、「たくさんあるんですけど、人生で一回だけバク転をやってみたい。(昔、練習をして)一瞬だけ出来たんですけど、一回失敗してからトラウマで怖くて出来なくなってしまって。頑張ります。」と今後の目標を伝える。

そして最後に、「皆さん、何回でも言わせてください。本日はお足元が悪い中、ご来場いただきまして本当にありがとうございます。今日からこの映画が出発するわけですけど、皆さまと一緒にこの場で出発の封切りを出来たというのが僕にとって本当に貴重な時間となりました。観終わりましたら感想を呟いていただいたりして、この映画を皆さんと一緒にこれからもっと盛り上げていけたらなと思っております。どうか最後まで映画を楽しんでください。本日はご来場、本当にありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「僕と彼女とラリーと」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

▼公式サイト
https://bokukano-rally.com/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top