shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 映画「恋する寄生虫」公開記念舞台挨拶!

小松菜奈W主演映画「恋する寄生虫」の公開記念舞台挨拶が、11/13(土)新宿バルト9にて行われ、林遣都、井浦新さん、石橋凌さん、柿本ケンサク監督と共に小松が出席した。

同作は、新鋭作家・三秋縋さんの「恋する寄生虫」を原案に、孤独な2人が「虫」によって「恋」の病に落ちていく、臆病者たちの切なくも美しい“恋×虫”ラブストーリー。
運命か、偶然か、それとも虫の仕業か―――今までに味わったことのないような異色のラブストーリーが幕を開ける。

極度の潔癖症で人と関わることができずに生きてきた青年・高坂賢吾(林遣都)。ある日、見知らぬ男から視線恐怖症で不登校の高校生・佐薙ひじり(小松菜奈)と友だちになって面倒をみてほしい、という奇妙な依頼を受ける。露悪的な態度をとる佐薙に辟易していた高坂だったが、それが自分の弱さを隠すためだと気づき共感を抱くようになる。世界の終わりを願っていたはずの孤独な2人はやがて惹かれ合い、恋に落ちていくが———。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した小松は、「今日は舞台挨拶にお越しいただき、ありがとうございます。この映画は異色のラブストーリーで、設定も特殊な設定ではありますが、唯一無二の映画になったのではないかと思います。現場で起こる何かを試してみたり信じてみたいなと思い、挑ませていただきました。今日は短い時間ですが、よろしくお願いします。」と挨拶。

同作では異色のラブストーリーが描かれることにちなんで、林遣都の意外な一面を問われると、「今回プロモーションでずっとご一緒だったので、その中で意外なところを見つけました。本を読みそうで読まないんですよ。私は読んでいる人なんだろうなと思っていたのですが、取材の中で『好きな一冊はありますか?』という質問の時に、私は読まないので絞り出す方なのですが、遣都さんもそういうタイプだったので、すごく安心しました。でも、(遣都さんの挙げた)お気に入りの一冊がすごく分厚かったので、『それ読んだんですね。すごいですね。』とお話したら、『でも途中でやっぱり眠くなっちゃうんだよね。』と言っていて、意外な一面でした。」と暴露。林から、“それ結構マイナスイメージじゃない?(笑)”と突っ込まれ、会場からは笑いが起きていた。

同作の“虫の仕業で運命の恋に落ちる”という内容にちなみ、“運命の出会い”についてエピソードトークを披露する場面では、「すごく個人的な事になってしまうのですが、私の周りにユウスケさんとマイさんという名前の方が多いです。仲の良い夫婦が2組いるのですが、両方ともユウスケさんとマイさんという方で、これは運命なんじゃないかなと思うんです。だからきっとこの会場にも同じ名前の方がいるんじゃないかなと思っています。」と語り、実際にMCが会場に呼びかけると、数名が手を挙げ、「引き合わせるという事があるのかなと思いました。」と話した。

そして最後に、「この作品の中で、閉園してしまったとしまえんだったり、閉館になるとお聞きしたビーナスフォートでのシーンがあるのですが、私たちにとっても、この作品にとってもお世話になった地なので、この作品でその最後を残すことができて良かったなと思います。あと、私は今年25歳なのですが、制服姿というのは正直きつかったです(笑)。(撮影全編で)現役高校生というのはちょっときついなと思ったのですが、今回が見納めというか、この作品が最後になるのかなと思っています。なので、としまえんもビーナスフォートも、色々な意味で最後のものをこの映画でお楽しみ下さい。今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「恋する寄生虫」は、全国公開中!
ぜひ劇場にてご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top