shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

岡田将生 映画「聖地X」韓国式・大ヒット祈願イベント !

岡田将生主演映画「聖地X」の韓国式・大ヒット祈願イベントが11/13(土)都内で行われ、共演の川口春奈さん、薬丸翔さんと共に岡田が登壇した。

同作は、前川知大が主宰するイキウメの人気舞台「聖地X」の映画化。「恐怖の村」シリーズ『犬鳴村』、『樹海村』で驚異の大ヒットを叩き出し『牛首村』の公開を控えるプロデュースチームと、『22年目の告白−私が殺人犯です−』『見えない目撃者』等を手掛けた制作プロダクションROBOTが手を組み、韓国映画『犯罪都市』『悪人伝』のB.A.エンタテインメントをむかえた日韓融合チームでオール韓国ロケを敢行した。

小説家志望の輝夫(岡田)は、父親が遺した別荘のある韓国に渡り、悠々自適の引きこもりライフを満喫中。そこへ結婚生活に愛想をつかした妹の要(川口春奈)が転がり込んでくる。
しかし、韓国の商店街で日本に残してきた夫の滋(薬丸翔)を見かける要。その後を追ってたどり着いたのは、巨大な木と不気味な井戸を擁する和食店。無人のはずの店内から姿を現したのは、パスポートはおろか着の身着のまま、記憶さえもあやふやな滋だった。
輝夫と要は別荘で滋を捉えるが、東京にいる上司の星野(真木よう子)に連絡すると、滋はいつも通り会社に出勤しているという。では輝夫と要が捕まえた滋のような男は一体誰なのか?
さらに妻の京子(山田真歩)が謎の記憶喪失に襲われた和食店の店長・忠(渋川清彦)は、「この店やっぱり呪われているかもしれません」と言い出す始末。日本人オーナー江口(緒形直人)いわく、店の建っている土地では、過去にも同じように奇妙な事件があったことがわかってくる。
負の連鎖を断ち切るため、強力なムーダン(祈祷師)がお祓いを試みるも、封印された“気”の前には太刀打ちできない。この地に宿るのは神か、それとも悪魔か?
彼らはここで繰り返されてきた数々の惨劇から逃れ、増幅し続ける呪いから解放されることはできるのか!?

この日は、本場韓国のシャーマンが登壇し、伝統的な衣装をまとい、笛とシンバルを用いた演奏の中、映画のヒットを祈願した祝詞を読み上げる縁起のイベントを実施。岡田は、「なかなか経験ができないことなので緊張しておりますが、19日から公開されるということで、今日は身が引き締まる思いで立っています。よろしくお願いします。」と話した。

その後、韓国の伝統儀式・告祀(コサ)と呼ばれる厄払いが行われた。岡田は、「始まった途端に空気が変わりました。実際に映画の中でもこういったシーンがあって、そのシーンの時のことを鮮明に思い出しました。ぜひこの映画が大ヒットしてくれたら嬉しいと思いました。」とコメント。

岡田の話にあったように劇中では巫堂(ムーダン)という告祀とは異なる儀式が登場する。撮影について、「目の前で見させていただいた時、空間を支配されるとはこういうことなんだと、圧倒されました。10分以上長回しで撮っていたので、体力を削られていくような撮影でした。映画の中で象徴的に扱われているので、ぜひスクリーンで観ていただけたら嬉しいです。」と振り返った。

同作の重要な役どころ滋を演じた薬丸さんについて、「僕が17歳の時に初めての連続ドラマに出演しまして、学園モノだったのですが、そこで薬丸君と一緒になりました。こうして時が経って、一緒に映画でお芝居できることが単純に嬉しかったです。いい意味で変わらず、いい関係性で一緒に映画を作れたことが本当に嬉しかったです。」と笑顔で話した。

また、自身がゲン担ぎで行っていることは?という質問があがり、「意味合いが少し変わってしまうのですが、クランクインした日からクランクアップするまで、待ち受けをその作品の台本にしています。携帯はいつも身に着けているものなので、作品を忘れずに集中できるようにという意味でやり始めました。」と答えた。

さらに、韓国での撮影を通して感じた、韓国の雰囲気や文化の違いなどを聞かれ、「日本の土地がもっている空気とは違っていて、日が暮れ始めると何かが起こりそうな空気感が漂うんです。それがこの映画でも出ていて、それをきちんと捉えている監督はすごいなと思いました。」と話すと共に、「タクシーに乗っていてもフランクに話してくださることが多かった気がします。なかには日本のアニメが好きで、“ずっとアニメのことを語られる1時間のタクシーの中”というのもありました。すごくフレンドリーで、韓国の土地に馴染むことができて良かったです。」と明かした。

そして最後に、「みんなで作った映画がようやく観ていただけるということで、緊張と嬉しさが混じっている感覚です。観た後に大いに裏切ってくれる作品になっていると思いますので、ぜひ映画「聖地X」をよろしくお願いします。」とメッセージを送った。

映画「聖地X」は、11/19(金)、劇場・配信にて同時公開。
ぜひご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top