shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

瀧本美織 ドラマ「ドクターホワイト」出演決定!

瀧本美織が、2022年1月期の月10新ドラマ「ドクターホワイト」(カンテレ・フジテレビ系)に出演することが発表された。

同作は、医師でもないのに豊富な医療知識がある正体不明の女性・雪村白夜(浜辺美波さん)が、「それ、誤診です!」と病名を覆して患者の命を救っていく、新感覚の医療ミステリードラマ。原作は、大ヒット漫画「金田一少年の事件簿」、「神の雫」などの原作を手掛けた樹林伸氏のオリジナル小説『ドクター・ホワイト千里眼のカルテ』『ドクター・ホワイト神の診断』(角川文庫)。

早朝の公園で、素肌にたった一枚、白衣だけを身に着け倒れていたナゾの女性。発見したのは、月刊医療ジャーナルの記者・狩岡将貴(柄本佑さん)。透き通るような白い肌と整った顔立ちを持つ彼女は、自身を「白夜(びゃくや)」と名乗るだけで、これまでの記憶を失っており、社会一般常識も持ち合わせていない。そんな無垢(むく)で、無感情の白夜には、なぜか驚異的な医学知識と天才的な診断能力が備わっていた。彼女はいったい何者なのか――。彼女の才覚を認めた高森総合病院の院長・高森巌(石坂浩二さん)は、傾きかけた病院経営再建のために新設した「総合診断協議チーム」(通称CDT)に白夜をスカウト。内科医、皮膚科医、脳神経外科医、精神科医など、各科を横断し、知識を集結させたCDTチームメンバー。その実態は…個性的で、クセ強めな“はみ出し者”たち。白夜は、そんな風変わりな医師たちと協議を行い、難しい症状でも病名を確定させて患者の命を救っていく。

瀧本が演じるのは、高森総合病院の内科医・高森麻里亜。院長・巌の娘であり、将貴とは幼なじみ。優秀な外科医である兄・高森勇気が、失踪したことで、突如跡継ぎとして期待されることに。ウンザリしつつも、責任感の強さから仕事はきっちりこなす。巌からCDTのリーダーに指名される。非常識な白夜にいら立つが、気になり放っておけない。

出演にあたって瀧本は、「高森麻里亜を演じます。院長の娘ということでお嬢様として扱われたりもしますが、感情を素直に表に出す、とても人間らしい人だと思います。病院を守ること、目の前の患者さんを救うことを胸に、自分自身の中で葛藤しながらも日々奮闘しています。自分の一声で患者さんへの診断が変わってしまう…改めてお医者さんの責任の重大さを感じました。個性強めなキャラクターの皆さんとのやり取りは、自分自身も楽しみながら取り組みたいと思います。大きなナゾを追いかけつつ、白夜が誤診を覆していく爽快感を楽しんでもらえたら嬉しいです。」とコメントを寄せた。

ドラマ「ドクターホワイト」は、2022年1月スタート!
(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜夜10時)
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top