shadow

prev

next

ニュースNEWS

WEB

瀬田なつき監督、三木孝浩プロデュース作品・映画『HOMESTAY(ホームステイ)』追加キャスト解禁!

瀬田なつきが監督を務め、三木孝浩がクリエイティブプロデューサーを担った、Amazon Original 映画『HOMESTAY(ホームステイ)』(2022年2月よりPrime Videoにて世界同時独占配信)の追加キャストが発表された。

同作は、森絵都さんの名作小説「カラフル」の実写映像化で、一度死んでしまった高校生・小林真の体に乗り移る(ホームステイする)ことになった魂・シロが、100日間という期限の中で真の“死の真相”を探ってゆく感動のミステリー。

主人公シロ(長尾謙杜さん)は、「管理人」を自称する謎の人物に、突然、死んだ魂として同じく死んでしまった高校生・小林真の体を借りてホームステイ生活を送ることを告げられる。同時に、管理人から小林真が死んだ原因を100日以内に見つけられなければ、または、真の家族や友人に中身がシロだとバレてしまったら、本当の死が訪れると宣告される。シロは状況が分からずに混乱しながらも、周囲の人たちに正体がバレないように小林真としての日常生活を送ることになる。真の家族はもとより、やさしい幼馴染の晶(山田杏奈さん)や、真が密かに憧れていた先輩・美月(八木莉可子さん)などと関わる中で、シロは徐々に真の死の真相に近づいていく。真の身体を通して様々な体験をするシロに、誰もが生きる勇気をもらえる感動作が誕生した。

この度、作中でシロが真の死の真相を探る中で重要なカギを握るキャラクターたちを演じたキャスト陣の追加情報が解禁となった。

今回解禁されたキャストは、これまで数多くのドラマや映画、そして舞台で主演を務め、日本アカデミー賞をはじめ数々の受賞歴を誇る佐々木蔵之介さん(真の父・小林治役)、連続ドラマ小説他、多くの時代を代表するヒットドラマ・映画で主演を務めて来た日本を代表する女優の石田ひかりさん(真の母・小林早苗役)、「ソロモンの偽証」(15)での怪演以降、「3年A組」(19)、大河ドラマ「麒麟がくる」(20)、そして現在は「消えた初恋」(21)など立て続けに話題作に出演し続けている注目の若手俳優望月歩さん(真の兄・小林満役)、常にドラマや映画の話題作に出演、確かな演技力に定評のある濱田岳(管理人を名乗る謎の人物役)、そしてシロの行く先々に都度、姿を変えて現れる管理人の姿を演じる眞島秀和さん、渋川清彦さん、阿川佐和子さん、篠井英介さん、渡辺大知さんの9名。

佐々木さん演じる治は、大手総合商社に勤める本部長。仕事で留守がちな治は、家族と向き合う時間がなかなかとれず、更に真面目で口数の少ない性格が災いして、真や家族との間に深い溝が出来ている。石田さんが演じる早苗は、カフェレストランでパートをしながら家族の面倒を見る献身的な母。死の淵を彷徨った真の体調を気にかけながらも、変わらず忙しい毎日を送る早苗は、非協力的な夫・治に不満を募らせている。望月さん演じる満は、法曹界を目指し勉強に勤しむ大学生。病院から退院してきたばかりの真に、何故かよそよそしく素っ気ない態度をとる。一見真を気に掛けているようにみえながら、何かを隠しているように思える小林家の面々。シロは真と家族との関係を通じて、死の真相の糸口を探っていくことになる。濱田演じる管理人は、魂となったシロが初めて出会う人物で、物語のきっかけを作る重要人物。他人の死の理由を100日以内に答えられなかったら消滅という究極のクイズを、あっけらかんと陽気に伝える管理人は、その後様々な姿で現れシロを導いてゆく。

Amazon 製作で贈る日本初のAmazon Original 映画『HOMESTAY(ホームステイ)』は、2022/2/11(金)よりPrime Videoにて世界独占配信スタート!
感受性豊かな高校生の心の旅路と再生をユニークな視点で描き、普段気付くことのできない人の想いや絆の大切さを綴った同作。真の身体にホームステイすることになったシロの不思議な運命が、日本中を爽やかな感動に包み込みます。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top