shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山田孝之 映画「MIRRORLIAR FILMS Season2」完成披露試写会舞台挨拶!

山田孝之、阿部進之介、伊藤主税さんが発起人となりスタートしたサービス「MIRRORLIAR」の新プロジェクト「MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)」の第2弾「MIRRORLIAR FILMS Season2」が、2/18(金)より全国順次公開。公開に先駆けて、1/12(水)渋谷ユーロライブにて完成披露試写会舞台挨拶が行われ、山田が登壇した。

「だれでも映画を撮れる時代」に、自由で新しい映画製作の実現を目指して、年齢や性別、職業、若手とベテラン、メジャー とインディーズの垣根を越え、切磋琢磨しながら映画を作り上げる短編映画制作プロジェクト「MIRRORLIAR FILMS」。“変化”をテーマに、俳優、映画監督、漫画家、ミュージシャンなど総勢36名が監督した短編映画をオムニバス形式で4シーズンに分けて公開。

Season2には、阿部進之介、紀里谷和明さん、志尊淳さん、柴咲コウさん、三島有紀子さん、山田佳奈さん、そして419作品の応募の中から選ばれたクリエイター、 Azumi Hasegawaさん、柴田有麿さん、駒谷揚さんの3名が参加。山田は、紀里谷監督作『The Little Star』に主演する。

上映前の舞台挨拶に登壇した山田は、「観に来てくれているということで、このプロジェクト自体を応援してくれてありがとうございます。初監督の方や、選定監督の方がいますが、映画として楽しむことに加えて、もう1歩踏み込んで、なぜこのプロジェクトに参加したのか、なぜこれを作ったのかという参加した意味みたいなものを思って観てくれたら、良さがより伝わるかなと思います。その人が今までどういう風な俳優で芝居をやってきて、どういう思いがあってこういう作品を作ったのかということや、これからこの人はどういう生き方をしてどういう作品を作っていくのだろう、どういう作品に出るのだろうと注目してもらえたら。僕ら表現者は受け手側がいて皆さんに育ててもらう立場で、(表現者と受け手側は)2つで1つだと思っているので、みんなの事を応援し続けて、アドバイスでも自分の意見でも、どんどん言ってもらえたらなと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

Season2を迎えて、「阿部進之介、柴咲コウ、志尊淳、水川あさみという初監督もそうですが、撮影を終えた人達が『本当にやって良かった。誘ってくれてありがとう。これはやらなきゃいけないことだった。むしろ何でやってこなかったんだろう』と言っていて、Season1の安藤政信さんもそうですけど、『次もまたやりたい。表現したいことがある。長編もやりたい』となってくれていますし、僕らからするといつもカメラの前にいますけど、後ろに立つということの重要さ、スタッフたちの気持ちを理解するということもそうですが、そういうものが本当に伝わっていると感じます。協力していただいた企業さんも『素晴らしい取り組みだ』と言ってくださっているので、あとは観た人たちに、どう1歩視点を変えるところまで突き刺すことができるんだろうということを課題というか模索しているところです。」と手応えを感じた様子。

プロデューサーとして大変だったことを聞かれると、「(全Seasonで)36本は多いんじゃないかと言っていたんですけど、やっぱり多かったですね。12作品は選定クリエイターという枠で選ばせていただきましたが、24作品は新たに作らなきゃいけないわけで。僕は全部の現場に行っているわけではなく、制作会社のみんなで協力し合ってやっていますが、Season5以降は本数を減らすかってなっています(笑)。作品は5分以上15分未満というルールを作っていましたが、初監督の方ってやっぱりぶんぶんに(腕を)回してくるので、まず15分じゃ足りないってなるんですよ。ストーリーが違うから9本観られるんですけど、6本とかの方がお客さんも見やすいんじゃないかなと。初めての事なのでこれは失敗ではなく、色々な人の意見を聞きながらアップデートしていって、良いプロジェクトにしようと思っています。」と明かした。

紀里谷監督作『The Little Star』のオファーを受けた際の率直な感想を問われると、「紀里谷組に入れるって単純に嬉しかったです。なかなか紀里谷組に入れる枠って少ないですから。」と語り、続けて「元々仲良くはさせてもらっていましたが、一緒に仕事はできないのかなと思っていた中で、こういうプロジェクトができて、僕が紀里谷さんにお声掛けをさせてもらいました。『やるよ!俺アクションやるから。電車で』と言われて、予算も少ないのでちょっと頭おかしいなと思ったんですけど(笑)、それには明確な理由があって、短編のオムニバスとなると比率として抽象的な作品が増えて間延びしてくるから、スピード感があるものはあった方が良いからやるということで、確かにそうですねと。でもそれを僕にオファーしてくるとは思いませんでしたけど。嫌でしたよ。怪我するからアクションが本当に嫌なんですよ。でも俺が紀里谷さんに声掛けているし、紀里谷組に参加できるのは嬉しいし、まぁ良いかと(笑)。撮影は全体で3日半ぐらいでしたけど、最初2日間は電車の中でパンダの着ぐるみを着てアクションで、着ぐるみは滑るから絶対に怪我すると思ったので前日まで嫌だなと思っていましたが、腹を括ってやるぞと。指は折れても良いけど歯だけは気を付けよう。歯は戻らない。そういった意気込みで臨んで、2日間で3本突き指しました。これは人生初でした。」と話し、笑いを誘った。

舞台挨拶中盤には、『The Little Star』で共演した松本まりかさんも登壇。
松本さんとは21年ぶりの共演という話題が挙がると、「ここ数年どんどん活躍して、バラエティーもそうですが、色々と出るようになってきて、お芝居というより今注目の人みたいになっている中で、『The Little Star』を俺とまりかで出来るんだろうかとは思いましたが、凄かったです。観てもらえれば分かります。」とコメント。

また、同作について「15分の尺にはなっているのですが、紀里谷さんが最初にあげてきてくれたのはもっと長くて、『これ以上はもう切れない』『いや、切ってください。』と何十回もやり取りがあって(笑)、結果的にディレクターズカットとして紀里谷さんが編集した長いものはどこかで上映とか配信で流していくつもりです。(紀里谷さんの)伝えたいことは明確で、パッと見はアクション映画ですが、子供が誘拐されるという世界中で起きていることに問題意識を持って考えた方がいいんじゃないかというところです。」と語った。

映画「MIRRORLIAR FILMS Season2」は、2/18(金)より全国順次公開。
是非ご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top