shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2022」開催決定&コンペ作品募集!

スターダストに所属する映画監督らによるイベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2022」を、9月17日(土)、18日(日)に渋谷ユーロライブで開催することが決定した。

2017年からスタートしたこのイベント、今年はなんと二日間!所属監督の作品上映はもちろん、若手監督発掘のために一般から短編作品を募集するショートフィルムコンペティションも継続して行うことが決定している。

■参加監督
今年7月29日(金)には『今夜、世界からこの恋が消えても』が公開、8月には『TANG タング』、『アキラとあきら』の公開を控える・三木孝浩。まだ記憶に新しい大ヒット映画『君の膵臓をたべたい』を監督し、昨年岡田惠和がオリジナル脚本を手掛けたヒューマンラブストーリー「連続ドラマW そして、生きる」(WOWOW)を監督し、号泣の嵐を巻き起こした・月川翔。Amazon製作初の邦画で世界配信中の『HOMESTAY(ホームステイ)』を監督した瀬田なつき。2018年社会現象にもなったドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日)の演出に参加し、公開するやいなや感想があがりSNSで大きな反響を呼んだ映画「君が落とした青空」を監督した新鋭・YukiSaito。ベトナムで制作した映画『サイゴン・ボディガード』が『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を抑えて初週1位を獲得した後、映画『パパとムスメの7日間』をベトナムで実写化しまたしても爆発的大ヒットを叩き出した落合賢。ムロツヨシ初主演の映画『マイ・ダディ』を監督し、今後の作品も目が離せない金井純一。次々に活躍の場を増やす中島良、吉野主らが所属している。
さらに、昨年公開された映画『明け方の若者たち』を監督し、三木孝浩監督作品『今夜、世界からこの恋が消えても』の脚本にも参加し大注目を集めている松本花奈。
川崎僚、竹内里紗、八重樫風雅、山元環、堀江貴大、高橋朋広、三川音璃ら若手監督の勢いも止まらない!
次に出てくるのは誰なのか!三木孝浩、月川翔はもちろん、スタダ監督から目が離せない!
所属監督16名の作品も上映予定!懐かしいあの作品も、スクリーンでみたかったあの作品の上映もあるかも!上映作品の解禁までしばしお待ちください。

■ショートフィルムコンペティション部門を開催
30分以内の短編作品を募集し、審査員の厳正なる審査により上位3作品を決定。上位3作品は<STARDUST DIRECTORS film fes. 2022賞>としてイベント内でスクリーンにて上映されることが決定している。
さらにその中から、当日の審査員・ご来場のお客様の評点でグランプリ作品を決定し、グランプリに選ばれた若手監督には<STARDUST賞>として、スターダストグループ全面バックアップのもと<ショートフィルム>と<ミュージックビデオ>の2作品を監督するチャンスが与えられる。

<三木孝浩 コメント>
コロナ禍で延期になったり、オンラインでの開催もありましたが、やっと有観客で再び開催できることを本当に嬉しく思います!
このフィルムフェスティバルは、観客の皆さんとの交流の場であることはもちろん、監督同士が志を高め合う場でもあります。
今回は2日間にわたっての開催となり、第一線で活躍するプロデューサー&脚本家が審査員として参加するショートフィルムコンペも行われます。
新たな才能との出会いを一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです!

【イベント概要】
開催日時:2022年9月17日(土)、18日(日)
場所:ユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階)
ショートフィルムコンペティション応募受付期間:2022年4月2日(土)12:00〜2022年5月31日(火)23:59
詳しくは「STARDUST DIRECTORS film fes. 2022」オフィシャルサイトへ
http://www.stardust-directors.jp/sdff2022
  • はてなブックマーク

pagetop

page top