shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

夏帆 舞台「阿修羅のごとく」出演決定!

夏帆が、2022年9月9日(金)~10月2日(日)シアタートラムにて上演の舞台、モチロンプロデュース「阿修羅のごとく」に出演することが発表された。

『だいこんの花』(1970年)『時間ですよ』(1971年)『寺内貫太郎一家』(1974年)など、数々の話題作ドラマを生み出し、昭和を代表する脚本家である向田邦子氏。食べもの、旅行、ファッション、猫など、あらゆる物事に興味を持ち、好奇心旺盛なその生き方は、現代の多くのクリエイターに影響を与えている。
その向田氏の代表作『阿修羅のごとく』は、1979年のドラマオンエアの当時、和田勉氏の斬新な演出と、加藤治子さん、八千草薫さん、いしだあゆみさん、風吹ジュンさんの共演で視聴者に鮮烈な印象を残し、その後も繰り返される再放送の度に、作品のファンを増やしていった名作だ。
今までに、映画にリメイク(2003年森田芳光監督)され、商業演劇として舞台化(2004年、2013年)されてきた。今回は、向田氏のセリフをほぼそのままに、シーンと登場人物を大幅にカットし、“四姉妹(を演じる女優)のバトル”に焦点を当てる。

本作の演出を担当するのは、『クラウドナイン』『海越えの花たち』などを演出、女優としても活躍し、映画『愛しのアイリーン』でキネマ旬報助演女優賞を受賞。話題作に欠かせない演劇界の二刀流 木野花氏。
脚本を担当するのは、2004年に『ワンマン・ショー』で第48回岸田國士戯曲賞を受賞。近年では『鎌塚氏、放り投げる』をはじめとする“鎌塚氏シリーズ”、『お勢、断行』の演出や「LIFE~人生を捧げるコント~」(NHKBSプレミアム)、映画『十二人の死にたい子どもたち』『アイ・アムまきもと』の脚本など多数手がける劇作家・演出家の倉持裕氏だ。

自由にそして必死に生きる四女・咲子を演じる夏帆は、出演にあたって「数年ぶりの舞台で今からとてもそわそわしています。この作品のお話をいただいたときに、これは絶対にやりたい...!と胸が高鳴って、また舞台の世界に飛び込んでみようと、覚悟を決めました。 稽古に向けて、きりりとリズムカルな向田さんの言葉たちとどう向き合っていこうかと想像する日々はとても楽しいです。 初舞台のときにとてもお世話になった木野花さんの演出のもと、頼もしい先輩方の背中を追いながら、精一杯がんばります。」とコメントを寄せた。

モチロンプロデュース「阿修羅のごとく」は、2022年9月9日(金)~10月2日(日)シアタートラムにて上演。※兵庫公演予定あり
是非ご期待ください。


【あらすじ】
とある日、三女・滝子(安藤玉恵さん)の、話したいことがあるという連絡により、四姉妹が集まることに。数日前、70才を迎える父親が愛人らしき人物といるところを目撃した滝子は、興信所に父の身辺調査を依頼したのだ。四人は、母親に知られることなく父に浮気を解消してもらうための作戦を練る。そんな姉妹だが、実は自身の生活にもそれぞれ悩みを抱えていた。長女・綱子(小泉今日子さん)は仕事先の妻子ある男性と不倫関係、次女・巻子(小林聡美さん)は夫の浮気の予感にもやもやした日々を過ごし、三女・滝子はその堅い潔癖さで男との出会いもなく、四女・咲子(夏帆)はボクサーの彼との不安定な生活に疲弊していた。
ままならない現実をあたふたと、それぞれの業を抱えて正直に生きようとする四姉妹の闘いの日々は続く、阿修羅のごとく・・・
  • はてなブックマーク

pagetop

page top