shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

内野聖陽 映画「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成」製作報告イベント!

内野聖陽出演映画「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成」製作報告イベントが4/21(木)に行われ、監督・キャストとともに内野が出席した。

2001 年に月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載が開始するや、魅力的なキャラクター、緻密に練られたストーリー、圧倒的で唯一無二な世界観で、超人気漫画となった「鋼の錬金術師」。2021年に連載開始20周年を迎え、新プロジェクトとして、5年ぶりとなる実写映画が発表されたばかり。2017年12月に1本目の実写映画『鋼の錬金術師』が公開され、興行収入約12億円の大ヒットを記録。続編となる今回の実写映画では、二部作で原作の感動の最終話までを描き切る堂々の完結編となっている。

国家錬金術師ばかりを狙った連続殺人事件が起きる中央(セントラル)を訪れたエドとアル。犯人は正体不明ながら、額に十字傷を持つことから”傷の男(スカー)”と呼ばれていた。兄弟も命を狙われ応戦するものの、圧倒的な強さの前に機械鎧(オートメイル)を破壊され、絶体絶命となる。果たして二人はこの危機を乗り越え、元の身体を取り戻すことができるのだろうか。隠されたこの国の秘密と”約束の日”、そしてエドとアルの父親の過去。幾重にも重なる謎と真実が解き明かされ、物語は圧巻のフィナーレへ。最後に兄弟が出した答えとは…?原作の最終話まで描き切った”完結編”―伝説は二部作で完結する。

内野は、本作から参加となる新キャストで、エドとアルの父親であるヴァン・ホーエンハイムと、ホムンクルスたちの生みの親であるお父様の二役を演じる。

イベントに登壇した内野は「この作品では、エド(山田涼介さん)とアル(水石亜飛夢さん)のお父さん・ヴァン・ホーエンハイム役と、人造人間ホムンクルスのお父様を演じています。(ヴァン・ホーエンハイムは)地獄の大魔王みたいなキャラクターで、悪の権化のような人なんですけど、(お父様は)対極的な抜けている感じのキャラクターです。あとは声でフラスコの中の小人さんや、お父様が変身して黒い変な生命体になるんですけど、その声もやらせていただいて、いろいろなお父さんをやらせていただきました。この作品は曽利監督の夢と情熱が本当に詰まっている作品だと思い、曽利監督についていって、このファンタジーの世界で遊びたいなと思ってやりました。とても新鮮な体験ばかりさせていただいて、今日はゆっくりその辺りのお話も出来たらなと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

二役を演じたことについて「一人は野心の振り幅が宇宙規模というか、それぐらいすべてを牛耳っているお父様です。もう一人は、何百年も生きている化け物ではありますが、とても人間的で家族思いで、そのために立ち上がっていく。すごく対極的なキャラクターだったので演じやすかったです。最終的にはそのホーエンハイムとお父様が同じ画面上で対峙する場面があって、自分が演じた演技に対して演技をするということは非常に面白い体験でした。毎日ブルーバックに立って、曽利監督が求めるイメージの世界でお芝居をしていたので、面白かったです。演技をすることがお仕事ですが、普段何気なく思っているロケ風景や美術さんが作り出した風景に依存してお芝居をしている部分もあったんだなと思って、実際に完成した作品を観て、こんなところにいたんだ!と一観客としてワクワクさせていただきました。」と明かした。

『鋼の錬金術師 完結編』「復讐者スカー」は5/20(金)、「最後の錬成」は6/24(金)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top