shadow

prev

next

ニュースNEWS

WEB

中島良 監督作品・短編ドラマ企画『F列23番の男』配信決定!

中島良 監督作品・4cuプロデュース短編ドラマ企画『F列23番の男』が8月より配信されることが決定した。

同作は、《ミュージカル「ヘタリア」シリーズ》をはじめ、ミュージカルからコメディまで様々な舞台作品をプロデュースしてきた「4cu」制作による短編ドラマ企画。
ロケ地は、実際に公演中止となってしまい使用されることのなくなった劇場。その劇場のステージ上ではなく、「客席側」を舞台に、舞台演出家・米山和仁(劇団ホチキス)と映画監督・中島良という、異なるジャンルのクリエイターによる共同演出の手法によって、演劇演出&映像演出がミックスした、一風変わったこれまでにないドラマ作品が完成した。
撮影時の感染防止対策の徹底から、最少人数での撮影とし、一人芝居を中心に「劇場の椅子が語り部」という新感覚ストーリーとなっている。

ドラマの舞台は劇場。語り部は、「F列23番」の椅子。
これまで、その劇場で上演されてきた幾多の舞台公演、そしてそこに座る観客のすべてを観てきた椅子が語る、とある5人の観客たちの物語。
生きる時代も境遇もなにひとつ交わらない男たちの、椅子だけが知っている奇跡の繋がりとは…。

中島は、「コロナ禍の中で仕事が次々と中止となり、映画という表現の場も奪われ、「もしかしたら、これから先もなくなるんじゃないか」という不安から伏せっていたのですが、作品を作るという目的が生まれて徐々に回復していきました。携わることで救われたと思います。人が集まる場所には、その場所の記憶がある。今作では劇場の椅子が、面白おかしい思い出を語ります。僕は作品を完成させ1話から最後まで見終わった後、「今後コロナ禍が続けば、人が集まることが、どんどん減って、文化の中から場所の記憶も失っていくかもしれない」と切ない気持ちになりました。今作は舞台演出家の米山和仁さんとのコラボレーションによって、この時期にしか作れない唯一無二の輝きが生まれたと思います。コロナ禍の悪夢のような現実の前で、「どのような表現をすべきか」舞台や映画を含む芸術文化が持続可能な経済活動になるよう僕たちはこれからも発信を続けたいと思います。ぜひ、作品を見て話題にしてもらえると幸いです。」とコメントを寄せた。

4cuプロデュース短編ドラマ企画『F列23番の男』は、LINELIVE 4cu公式チャンネル、YouTube 4cu公式チャンネルにて8/14(金)より配信開始予定。
ぜひご期待ください!

■配信サイト
LINELIVE 4cu公式チャンネル
YouTube 4cu公式チャンネル

■配信スケジュール
第1話配信 2020/8/14(金)20:00~LINE LIVE / 22:00~YouTube
第2話配信 2020/8/17(月)20:00~LINE LIVE / 22:00~YouTube
第3話配信 2020/8/20(木)20:00~LINE LIVE / 22:00~YouTube
第4話配信 2020/8/23(日)20:00~LINE LIVE / 22:00~YouTube
第5話配信 2020/8/26(水)20:00~LINE LIVE / 22:00~YouTube
※各話配信日より【1週間】無料配信となり、以降は第1話を除き、LINELIVE 4cu公式チャンネルのプレミアム会員のみ視聴可能。

■公式サイト
http://4cu-ent.com/f-23/

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top