shadow

prev

next

ニュースNEWS

CM

竹内結子 サッポロ一番「おうちで偏愛フェス」キャンペーン開始式!

竹内結子が、9/1(火)に行われた、サッポロ一番『おうちで偏愛フェス』キャンペーン開始式に出席した。

サンヨー食品株式会社は、9/1(火)より袋麺「サッポロ一番」のキャンペーン『お家で偏愛フェス』をスタートする。本キャンペーンは、発売から半世紀にわたり幅広いお客様にご愛飲いただいている「サッポロ一番」に対する“こだわり(=偏愛)”をTwitter・Instagram公式アカウントから投稿する消費者参加型プロモーション。「#偏愛サッポロ一番」をつけて偏愛を投稿することで豪華賞品が当たるプレゼント企画や、「サッポロ一番」への偏愛を満載したユニークな動画コンテンツなどをTwitterやInstagramで続々発信し、フェスを盛り上げていく。
また、9/2(水)からはCMキャラクターを務める劇団ひとりさん、寺田心さん、竹内の“仲良しファミリー”に加え、新たなCMキャラクターの藤ヶ谷太輔さん、玉森裕太さんの2人も出演する新TVCM「おうちで偏愛フェス 藤ヶ谷の偏愛篇/玉森の偏愛篇」を順次オンエア。それぞれが強いこだわりをもってアレンジした“偏愛レシピ”をおうちで過ごすことが多くなった仲良しファミリーに紹介、おいしく、楽しみながらおうちレシピをいただく様子が描かれる。

「サッポロ一番」のCMキャラクターを務めて6年目となる竹内は、「6年と聞くと長い期間が経った気がしますが、あっという間でした。私にとっての6年はいろいろな変化があって、感慨深いです。お湯を沸かすのもハラハラして見守っていたうちの子が自分でサッポロ一番を作るようになって。夫と一緒に夜食を囲んでひそひそ男の話をしてみたりとか、そういう景色の移り変わりと一緒にサッポロ一番があって、今後も長く一緒にいたいなと思います。」と心境を明かした。

新TVCMの撮影中のエピソードを聞かれると、「ひとりさんは、いつもお父さんのように話題を振ってくれて、和やかな空気で撮影が出来るように気配りをしてくださるんです。安心してほのぼのとした空気の中で時間を過ごしています。心くんは、撮影を重ねる度に、何年生になったとか、自転車に乗れるようになった、など笑顔でそういう話をしてくれるので、もう一つの幸せな家族として追体験をしている感じですね。」と話した。

また、CMキャラクターに加わる藤ヶ谷さん、玉森さんについて、「私はメインキャラクターを務めさせていただいていますが、このお二人が来るということは私の座がなくなってしまうんじゃないかと戦々恐々しています(笑)。それぐらい素敵な方々です。今までのCMは家族とサッポロ一番、新CMはその雰囲気からまたガラッと変わって、ますます広くいろんな人にサッポロ一番を好きになってもらえる、ファンがどんどん増えるだろうと勢いを感じました。」と笑顔を見せた。

イベントでは、偏愛レシピ対決と題し、新CMにも登場する、藤ヶ谷さんが紹介する「ニラもっりもり台湾風肉みそラーメン」と、玉森さんが紹介する「たまごふわっふわ塩カルボナーラ」を竹内が実食し、どちらが偏愛度が高いか判定することに。惜しくも判定は引き分けとなったものの、さらに玉森さんが「たまごふわっふわ酸辣湯麺」を紹介。酸辣湯麺が好きだという竹内は「持って帰りたいくらいなので、玉森さん優勝で!」と玉森さんを勝者に選んだ。

最後に、「皆さんもぜひご自身の偏愛レシピをどしどしご応募いただけたらと思います。私も楽しみにしていますので、、どうぞよろしくお願いします。」とメッセージを送った。

『おうちで偏愛フェス』は、9/1(火)~11/30(月)まで展開。また、新TVCMは、9/2(水)より全国順次オンエア。ぜひ商品とともにお楽しみください!

▼キャンペーンサイト
https://sapporo-1ban.com/henai/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top