shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

三木孝浩 監督作品・映画『きみの瞳(め)が問いかけている』現場メイキング写真解禁!

三木孝浩 監督作品・映画『きみの瞳(め)が問いかけている』の現場メイキング写真が解禁された。

同作は、不慮の事故で、視力と家族を失った女と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた男、光を失って生きてきた二人が織りなす運命のラブストーリーで、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』、『フォルトゥナの瞳』などを監督した三木孝浩による最新作。

目は不自由だが明るく愛くるしい明香里(吉高由里子)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜流星)。小さな勘違いから出会った2人は惹かれあい、ささやかながらも掛け替えのない幸せを手にした――かに見えた。
ある日、明香里は、誰にも言わずにいた秘密を塁に明かす。彼女は自らが運転していた車の事故で両親を亡くし、自身も視力を失っていたのだ。以来、ずっと自分を責めてきたと言う明香里。だが、彼女の告白を聞いた塁は、彼だけが知るあまりに残酷な運命の因果に気付いてしまっていた――。

この度解禁となったメイキング写真は、目が見えないという難役に挑む吉高と入念なやりとりをする三木を写した一枚や、物語の重要なシーンとも呼べる海岸のシーンで横浜へ演出する姿を捉えたものとなっている。
三木は、「今回はメイン二人の物語になりますので、特に重視したのは彼らの距離感です。最初に出会った時から、ラストへ向けてどう変化していくか。物語の流れに沿った順撮りではないので、シーンが変わる度に二人と確認し合いました。」と、解禁された写真からも分かるように、それぞれと入念にやりとりしていた様子がうかがえるコメントを寄せた。

同作のタイトルはシェイクスピアの不朽の名作「ロミオとジュリエット」の中の一節。「彼女の目が問いかけている。僕は答えなければ」から引用。
まさに瞳で「問いかけ、語り、叫ぶ」吉高と横浜の表情が観る者の胸を激しく揺さぶる、この秋、最高純度の純愛映画となっている。
今、観客から最も観たいと切望される二人が、人を想う大切さが問い直されるこの時代に贈る、あまりに切ない純愛ラブストーリーを是非劇場で見届けていただきたい。

映画『きみの瞳(め)が問いかけている』は、10/15(木)先行上映、10/23(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー!
ぜひご期待ください。

■公式サイト
https://gaga.ne.jp/kiminome/

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top