shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

吉田美月喜 映画「鬼ガール!!」公開1ヶ月前記念リモート会見!

吉田美月喜 出演映画「鬼ガール!!」公開1ヶ月前記念リモート会見が9月7日(月)行われ、同作のキャスト6名が登場した。

本作は、大阪の河内長野市にある奥河内地域を舞台に、自治体や観光協会などが全面協力のもと制作。物語は、今も鬼伝説が残る大阪の秘境・奥河内を舞台に、主人公・鬼瓦ももか(おにがわらももか)が、自身が鬼族の血をひく“鬼”であることにコンプレックスを持ちながらも、憧れの高校生活に奮闘し、仲間たちと“映画作り”にかける日々を、恋と友情、笑いと涙、青春のすべてを鬼盛りで描いた青春映画。
吉田は、主人公・ももかが信頼を寄せる親友・宇佐美雪(うさみゆき)役を演じている。

リモート会見には、主人公・ももかを演じた井頭愛海、ももかとともに映画作りに青春をかける個性豊かな仲間たちを演じた、板垣瑞生、上村海成、桜田ひより、吉田美月喜、曽野舜太の6名の俳優陣が集結し、教室を会場に劇中の制服姿で会見に応じた。

吉田は、撮影で大変だったことについて聞かれると、「今回初めて関西弁をやったというのもあるんですけど、和太鼓で普段使う筋肉とは違う筋肉を使ったりとか、マメができちゃったりとかで、和太鼓の練習が大変でした。」と振り返った。

会見中には『鬼キュン告白チャレンジ』という企画も行われ、誰もいない放課後の教室というシチュエーションで男性キャスト3名が“鬼キュン告白”に挑戦。女性キャストは“鬼キュン”の札を持ち、男性キャストの告白にキュンとしたかを判定した。

憧れの告白シチュエーションについて聞かれると、「今こういう時期で会えないじゃないですか。直接話すというのができないので、そうすると電話とかじゃないですかね。でも顔は見たいので、ビデオ通話とかで普段の会話の中でさらっと言われたいです。」と理想を語った。

また、宇佐美雪を演じる上での役作りについて、「親友役なので(撮影に)入る時から親友としてやろうと思ってきたんですけど、初日から一緒にやらせてもらって、私が関西弁があるということで台本を読んでいた時にしっかり教えてくれて、そういうところで信頼もできたし頼れるなと思って、本当に友達になっていたらいいなと思いながら演じさせていただきました。」と話すと、井頭さんから「なってるよ!」と言われ笑顔を見せた。

会見後には、“青春鬼盛り”な見どころを紹介するYouTube生配信トークライブも行われ、公開を楽しみに待つ視聴者・ファンへ向けてのぶっちゃけ放課後トークも繰り広げた。

YouTube生配信トークライブの最後は、「映画「鬼ガール!!」は私自身、奥河内の方々に本当にたくさん助けられて、キャストのみんなにも監督にもスタッフのみなさんにも助けられて、すごく現場が温かくて、そういう様子がこの映画にもでているのではないかなと思います。今はこういうご時世でなかなか元気がでなかったりとか、世界中があんまり元気がなくて。そういう中でこの映画をみて少しでも明るくなっていただけたらなと思います。是非ご覧ください。」とメッセージを送った。

大阪から日本を元気に!恋×映画×鬼!?笑って泣いてアツくなる、2020年をまっ先に駆け抜ける青春鬼ロックムービー!映画「鬼ガール!!」は、2020年10月9日(金)大阪先行公開、10月16日(金)渋谷HUMAX シネマほか全国順次公開!是非ご期待ください。

▼映画「鬼ガール!!」公式サイト
https://onigirl.jp
▼公式SNS(Twitter・Instagram)
@onigirl_jp
  • はてなブックマーク

pagetop

page top