shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

結木滉星 ドラマ「危険なビーナス」出演決定!

結木滉星が、2020年10月スタートのTBS日曜劇場「危険なビーナス」に出演することが発表された。

同作は、多くのベストセラーを生み出している東野圭吾による同名小説のドラマ化。とある失踪事件をきっかけに、主人公が巨額の遺産をめぐる謎に挑む壮大なミステリー作品となっている。

ある日、いつものように動物病院で診察をしていた伯朗(妻夫木聡)。そこに「弟の妻」を名乗る謎の美女・楓(吉高由里子)が突然現れ、弟・明人(染谷将太)が失踪したことを聞かされる。さらに楓は、明人の失踪には親族の誰かが関わっているのではないかという。
親族とは、伯朗の母が夫を亡くした後に嫁いだ「矢神家」の一族だ。伯朗は矢神の家では連れ子として肩身の狭い思いをしてきており、母の死後は一族と疎遠になっていた。一方、矢神の血を引く明人には総額30億円とも言われる遺産の相続権があり、現当主が危篤状態にある今、その遺産を狙う親族が明人をさらったかもしれないと楓は訴える。
もう矢神家とは関わらないと決めていたが、困っている女性を放っておけない伯朗は楓と共に矢神の屋敷へ向かう。そこには昔から伯朗を見下している矢神家の養子・勇磨(ディーン・フジオカ)をはじめとした一族の面々が顔をそろえていた。伯朗と楓が調べを進めていくと、一族の不穏な動きが次々に浮かび上がってくる。
そんな中、伯朗は楓と行動を共にするうちに、捉えどころのない不思議な魅力に惹かれていく。その様子を察した動物病院の助手・蔭山元美(中村アン)は、伯朗に忠告するが…。

結木は、矢神家の使用人兼執事・君津光を演じる。矢神家現当主の妹・矢神波恵の指示で、裏で楓の素性を探っている。常に無表情で本心を見せない青年という役どころ。

同作出演に結木は、「僕は昔から東野圭吾さんの作品が大好きなので、こうして携わることが出来て嬉しいです。僕が演じる役は原作にはないオリジナルのキャラということもあって原作ファンの方々を裏切らないようにそして原作を超える想いで取り組んでいます。この作品の一部として君津光という役を全うしたい思っています。僕の役どころはすごくミステリアスで謎の多い人物なので、この物語の中にどう関わっていくのか楽しみにして頂きたいです。ベテランの方々が多い現場なので1つでも多く吸収していきたいと思っています。日曜劇場「危険なビーナス」是非ご覧ください。よろしくお願いします!」とコメントを寄せた。

ドラマ「危険なビーナス」は、TBSにて10月より毎週日曜21:00~放送!
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top